自動ドア修理(6ページ目)

検索結果
151社のうち151 - 151件を表示

生活110番おすすめサービス

自動ドア修理:
15,000円(税抜)~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
アピールポイント
  • 自動ドアが開かない!閉じない!困ったトラブルはプロにおまかせください!
  • 自動ドアの修理価格は15,000円(税抜)から!まずは無料でご相談・お見積りをお受けします!
  • 修理だけでなくメンテナンスなどのご相談もおまかせください。細かな部品までしっかり対応します!
  • 緊急を要する修理にも迅速に対応。自動ドア修理のプロが作業します!
長く使うためには年一回のメンテナンスが重要です

自動ドアの修理や、年一回のメンテナンス(点検・設備)も承ります。決して安くない自動ドア、長く使えるようにメンテナンス致します。

自動ドア修理業者比較 目安料金について 自動ドアについているセンサーの修理をご依頼いただいた時の目安料金となります。

生活110番おすすめサービス

自動ドア修理:
15,000円(税抜)~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
アピールポイント
  • 自動ドアが開かない!閉じない!困ったトラブルはプロにおまかせください!
  • 自動ドアの修理価格は15,000円(税抜)から!まずは無料でご相談・お見積りをお受けします!
  • 修理だけでなくメンテナンスなどのご相談もおまかせください。細かな部品までしっかり対応します!
  • 緊急を要する修理にも迅速に対応。自動ドア修理のプロが作業します!
長く使うためには年一回のメンテナンスが重要です

自動ドアの修理や、年一回のメンテナンス(点検・設備)も承ります。決して安くない自動ドア、長く使えるようにメンテナンス致します。

掲載業者の平均評価

4.5

口コミ件数246件
※一部業者情報は公開されている情報から当社独自に収集したもののため、正確性を担保するものではございません。
自動ドア修理相場

平均費用0万円

相談件数(件)

費用(円)

※2019年11月更新。過去3年のご利用料金に基づいて算出しています。ご利用の際の料金を保証するものではありませんのでご注意ください。

自動ドア修理業者をエリアから探す

生活110番ニュース

自動ドア修理について

  • 自動ドア故障のよくある症状とその原因

    私たちの生活に、自動ドアはすっかり身近なものになりました。オフィスビルなどはもちろん、小さな店舗から一般の住宅内にも、その活躍の場が広がっています。一度設置すれば小さなお子様でも何の苦も無く利用できますし、誰もがその恩恵にあずかることができます。しかし一見シンプルな構造の自動ドアですが、その内部では細かな部品たちが組み合わされ、その連携でドアの開閉がスムーズに行われます。逆に言えば、それらのパーツのどれか一つでも不具合が生じれば、自動ドアの駆動全体に大きな影響が出るということでもあるのです。自動ドアは機械であるため、そのまま放置しても症状が悪化することはあれど、改善されることはありません。何らかの不具合が生じましたら、その自動ドアの修理を速やかに行うようにしましょう。それでは具体的に、どのような症状、そして原因があるのでしょうか。自動ドアの故障の原因として頻繁に挙げられるのが、ドアのガイドレール内の異物です。知らず知らずのうちにゴミが詰まり、それが元で自動ドアの開閉が妨げられてしまうのです。場合によっては、自動ドアが自然に開閉を繰り返すことにもなります。単純な原因ではありますが、この原因一つだけで「ドアが自動で開閉する」という自動ドアの最大の機能が発揮されなくなってしまうのです。取っ手などが付いていない自動ドアを手動で開閉するのは非常に労力が必要ですし、気を付けなければ指や体を挟んでしまうかもしれません。たかがゴミの詰まりと言えど、注意しなければなりません。ゴミの詰まりのように簡単に対処できる物もあれば、そうでない故障の原因もあります。それが「ドアオペレータ」の故障です。ドアオペレータとは、ドアの開閉を実際に行う駆動装置と、制御装置のことを言います。そのため、ドアオペレータの故障は自動ドアの駆動全体に大きな影響を与えます。ドアの開閉がスムーズに行われないのはもちろん、駆動時に異音・異臭が発生することもあります。特にドアオペレータの内部は諸々の部品が複雑に絡み合っているため、こちらの修理は素人が行えるものではありません。精密機器である自動ドアの修理・点検には資格が必要になります。ゴミを取り除く、センサー廻りを掃除するなどしても改善が見られない問題は、自動ドア修理の業者に頼むことになるのです。自動ドアの故障による症状は種類が限られていますが、何がその原因となっているのかはきちんと調べて見なければわからないことが多いです。自動ドアの設置には多くのメリットがあり、中には手動のドアを自動ドアに替える方も現れるようになりました。しかし故障してしまえばそのメリットが得られ無くなるどころか、手動のドア以上の不便を強いられることもあります。そのようなことを防ぐために、定期的な点検、そしていざという時の自動ドアの修理を信頼できる業者に任さられるよう準備しておくと良いでしょう。

  • 自動ドアを正常な状態に保っておくメリット

    自動ドアが日本に普及していったのは、昭和30年代からと言われています。初めのうちはビルのフロントに使用されていましたが、その後は一般の店舗や工場、マンションや住宅など幅広く普及していきました。その普及率は世界一ともいわれています。これほどまでに普及したということは、それだけ自動ドアを使用することにメリットがあるということに他なりません。それでは、自動ドアにはどのようなメリットが存在するのでしょうか。一つ目は「利便性」です。両手がふさがっていても自動で開閉してくれる自動ドアは、誰にとっても扱いやすい存在です。自動ドアが開発された最初の目的も、この利便性を得るためだったのです。特に初期のころは、利便性だけでなく「自動ドアを設置している」という事実が、その建物の評価を上げることにもつながっていたようです。二つ目は「バリアフリー」です。高齢になるほど手の力が弱くなってしまうため、扉の開閉に苦労する方も少なくありません。また車いすの方の場合、開けるのはもちろん閉める際には車いすの向きを変えなければなりません。そのような労力を、自動ドアは解消してくれるのです。三つめは「省エネルギー」です。自動ドアには「閉め忘れ」というものがありませんので、ドアが開け放されるような状態にはなりません。それによって、冷暖房によって温度調節された空気が外に流出してしまうのを防ぎ、その空調効率を上げる助けになってくれます。逆に外部からの風雨であったり、塵や埃といったゴミの流入を防いでくれます。四つ目は「衛生管理」です。直にドアに触れる必要がないため、菌が手に付着するのを予防することができます。病院や食品工場などで重宝します。最後に「セキュリティ管理」が挙げられます。マンションのエントランスなどで、オートロックが施されているのを見たことがないでしょうか。認証装置と組み合わせることによって、許可された人のみその開閉が許されるのです。近年はこの防犯設備の有無が、そのマンションの評価を上下させるようにもなっています。この50年程で自動ドアは広く普及し、現在日本国内では200万台以上の自動ドアが稼働していると言われています。それだけに、全国的に自動ドアの修理の需要が高まってきています。多くのメリットを持つ自動ドアですが、それは正常な状態に保っているからこそです。なんらかの不具合を抱えていれば、逆に自動ドアは人に危険を及ぼす存在にもなりかねません。そのため自動ドアの修理には、そのためのノウハウを持った業者の方に任せるべきです。迅速かつ丁寧な対応で、自動ドアの故障によるデメリットを最小限に抑えてくれることでしょう。

  • 自動ドアのよくある事故と、その対策方法

    自動ドアに「ドアに注意」と書かれたラベルが貼ってあるのを見たことはないでしょうか。自動ドアは正しく使えば非常に便利なものですが、そうでなければ危険を及ぼしかねません。自動ドアの危険でよく目にする光景の一つが、電車への駆け込み乗車ではないでしょうか。自動ドアは私たちのように遠くを見る目が無いため、誰かが駆け込んできても開閉に影響はありません。中には挟まれてしまう方もいるでしょう。それ以外では、子供たちの自動ドアの事故が多発しています。駆け込みはもちろん、センサーの死角付近で遊んでいたり、開閉中のドアに触って戸袋に巻き込まれる、開くドアにぶつかるなど、大人がしっかり見ていないと思わぬ事故を起こしてしまう恐れがあるのです。これらの事故を未然に防ぐため、事故による被害を軽微にするため、自動ドアのメーカーも工夫を凝らすようになっています。その一環として、「自動ドア安全ガイドライン」が策定されていることをご存知でしょうか。このガイドラインによって自動ドアの設置に細かい条件が設定されており、それらを順守しなければなりません。例えば、センサーの検出範囲、ドアの開口時の隙間の範囲などが細かく決められています。ただし、その設置条件によっても定められる条件は異なります。例えば開閉時の速度の違いが挙げられます。オフィスビルでの「開き速度」は500mm/秒以下、「閉じ速度」は350mm/秒以下と定められています。一方で病院や公共施設などでは、「開き速度」は400mm/秒以下、「閉じ速度」は250mm/秒以下と、オフィスビルよりゆっくり開閉するように定められています。それ以外では、ものを挟まないよう補助センサーを設置したり、挟んでも即座にドアが反転するセーフティーリターン機能などを設けるなど、安全対策に万全を尽くしているのです。前述のように、自動ドアの施工にはその場所の環境を考慮しなければ、満足のいく安全性能は発揮できません。万が一事故が起きるようなことがあれば、施主側に法的な責任が問われることもあります。そのため、施主の方は施行者とよく相談し、自動ドアの仕様を責任をもって考えなければなりません。そして施工してもらうだけでなく、その保全にも努めていかなければなりません。なぜなら、故障した自動ドアはトラブルの素となってしまうのですから。日々の点検はもちろん、定期的に自動ドア修理の業者の方をお呼びください。自動ドアの修理はもちろん、部品交換、メンテナンスなど多岐にわたって力になってくれます。自動ドアは当たり前のように普及し、それが正常に稼働することも当たり前のことと私たちは考えています。それだけに、ちょっとした不具合が大きな事故を引き起こす原因にもなりかねません。そのようなことを防ぐためにも、自動ドアの修理は小さなことでも速やかに行いましょう。

  • 自動ドアをメンテナンスする法的な義務について

    現在、日本に200万台以上設置されているという自動ドア。今後もその需要は増えていくと推測され、それと同時に自動ドアの修理の需要も増加しています。自動ドアも「モノ」である以上、使用すればするだけ摩耗していきます。それを避けることはできませんが、定期的なメンテナンスを行うことによって、機能の維持と、寿命の延びが期待できるのです。特に機能の維持の面は重要で、これが維持されていないと自動ドアによって危険を招くことがあり得るのです。例えば、開くと思っていた自動ドアが開かなかったらどうでしょうか。取っ手も付いていない自動ドアは手動での開閉が難しいですし、場合によっては激突してしまう恐れがあります。日々の使用はもちろん、万が一の災害時の使用ではどうでしょうか。例えば自動ドアには「パニックオープン」「パニッククローズ」という機能があり、緊急時の脱出では避難経路を確保し、火災時には閉鎖することで延焼を防止します。もしもこれらの機能が働かなくなっていたらと考えると、背筋が凍ることでしょう。そのようなことを避けるため、自動ドアのメンテナンスには規定が定められています。建築基準法では「建築物の所有者、管理者又は占有者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない」と定めています。それでは、具体的にどのように保全を行うように定められているのでしょうか。まず「建築保全業務共通仕様書(平成25年度版)」の場合、外部用自動ドアと内部用自動ドアは3か月に1回(年4回)、防火戸・防火シャッターは6か月に1回(年2回)点検するよう定められています。「国家機関の建築物等の保全に関する基準音実施に係る要領第6項」では、支障がない状態の確認を3か月に1回(年4回)点検するように定められています。これらの規定を無視し、その安全性の配慮を行った場合、所有者等に損害賠償の責任が発生することがあります。その配慮の判定は業者の方が行い、きちんと安全対策を行っていたか、危険行為への警告など行われていたかなどを総合的に判断します。自動ドアのメンテナンスは、その利用者のためにも、所有者のためにも必須の作業なのです。危険な事故を防ぐことはもちろんですが、定期的な点検は自動ドアの寿命を延ばし、突発的な故障を防ぐことにつながるのでトータルコストの軽減にも貢献します。決して損になることはありませんので、自動ドアの修理は迅速に行うようにしてください。重大な事故が起きてからでは、遅いのですから。