生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

雪止め金具は後付けできる?費用はどのくらい?雪止めの必要性とは

投稿日:2018-07-24 更新日:2018-09-27

雪止め金具は後付けできる?費用はどのくらい?雪止めの必要性とは

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

冬にたくさん雪が降ったときに「屋根から大きな雪の塊が落ちてきたらどうしよう」と思っている方も多いのではないでしょうか。雪の塊が人に当たってしまうと大きな事故につながってしまう危険性があります。そんな方に紹介したいのが「雪止め金具」です。雪止め金具は屋根から雪が落下することを防いでくれることが期待できます。

本コラムでは「雪止め金具について」と「業者に依頼する際の費用相場」について紹介します。雪止め金具は後付けすることができますよ。

屋根に雪が溜まって困っているという方の参考になることができれば幸いです。

屋根工事のおすすめサービス

雪止め金具ってなに?

雪止め金具とはいったいなんでしょうか。雪止め金具とは雪が屋根から落ちることを防ぐためにつける金具のことです。雪が屋根から落ちることを防ぐことによって、人や物に雪が当たることを防ぐことが期待できます。

雪止め金具の大きさは比較的小さく細長いため、数か所設置する必要があります。

雪止め金具にはどんなメリットデメリットがあるのか、紹介します。

【メリット】

・人身事故を防ぐ
大きな雪の塊が落ちてしまい、人や物に当たると事故の危険性があります。雪止め金具を設置することで大きな雪の塊が落ちにくくなります。

・後付けすることができる
雪止め金具は後付けすることができます。屋根に取り付けるだけなので、すぐに雪止め金具を設置することができます。

【デメリット】

・屋根の負担になる
屋根に溜まった雪の重さによって屋根の負担が大きくなります。また屋根に溜まった雪が解けて水になり、その水が屋根のスキマから中に入る可能性もあります。

・結露が発生しやすい
屋根の上の雪は冷たく、室内は暖かいため結露が発生しやすくなります。結露は外と仲の温度差によって発生しやすくなるので注意しましょう。

・サビやすくなる
雪止め金具がサビてしまうと、屋根にサビがうつることがあります。金具の種類によっては、サビにくいものもあるようです。

・完全に雪の落下を防ぐことはできない
雪止め金具を設置しても完全に雪の落下を防ぐことはできないようです。雪の降る量にもよりますが、雪がたくさん降る地域では効果が薄いかもしれません。

雪止め金具ってなに?

雪止めにはさまざまな種類があります

雪止めの種類は、金具だけではありません。金具以外の雪止めをご紹介します。

・ネット
屋根と積雪の間に取り付けることで雪が落ちることを防ぎます。どんな種類の屋根にでも設置することができ、ネットの色を選ぶことができるので、目立ちにくいです。

・雪止め瓦
普通の瓦とは違って輪や駒の形をした雪止めがある瓦があります。取り付けも普通の瓦を取り外して替えるだけなので、簡単にできます。

・雪止め金具
雪止め金具は後付けできるものが多く、たくさんの種類があります。富士型といわれる和瓦用 、扇形といわれる平板瓦用、S型といわれるスパニッシュ瓦があります。瓦の種類によって適切な金具があります。

雪止めにはさまざまな種類があります

こんな住宅では雪止め金具をつけるのがオススメ!

雪止め金具は後付けできるので、すぐに取り付けることができますが、以下の条件に当てはまる地域にお住まいのかたは設置を検討してもよいかもしれません。

・雪がたくさん降る地域
北海道や東北地方など冬の時期に雪がたくさん降る地域は雪止め金具を取り付けるのがよいでしょう。

・人口が密集している地域
東京など人口が密集している地域でも雪止め金具をつけたほうが安心でしょう。大雪が降る可能性は低い地域ですが、大きな雪の塊に人が当たってしまう危険性がないとは言い切れません。屋根になにも対策をしていないときに大雪が降れば、事故になる危険性があります。事故を防ぐためにも、雪止め金具を設置したほうがよいでしょう。

雪止め金具を後付けするときの費用相場

雪止め金具を後付けする際は業者に依頼するのが賢明です。根に雪止め金具を取り付けるには高い場所で作業をしなければなりません。もし落ちてしまった場合はけがをすることは避けられないです。

経験豊富な業者に依頼することで素早く丁寧に雪止め金具を設置してくれます。たしかに自分で雪止め金具を設置することもできますが、手間と時間を考えれば、業者に依頼するほうが賢明かもしれません。

業者に依頼するとなると、気になるのは費用ではないでしょうか。相場費用は30㎡あたり約15万円 のようです。

この費用はあくまでも相場です。雪止め金具の種類、足場代、出張費といった費用もかかります。業者に依頼する際は見積りをしっかりととってもらい、あとから追加で費用を請求されることがないようにすることが大切です。

雪止め金具を後付けするときの費用相場

火災保険によって工事費用を抑えることも!

雪止め金具を後付けする際は火災保険が適応されることもあります。保険が適応されるに条件があります。自己所有している物件で雪が落ちてしまって事故になってしまい、その対策として雪止め金具を後付けするときに保険が適応される可能性があります。

もご自身が火災保険に加入されているのであれば、確認してもよいでしょう。

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

今回は雪止め金具について紹介しました。雪止め金具は後付けすることができて、雪の塊の落下を防ぐことが期待できますが、雪の重さによって屋根に負担がかかり、結露が発生しやすくなります。雪の降る量にもよりますが、完全に雪の落下を防ぐことはできません。

雪止め金具を設置する際は業者に依頼するのが賢明でしょう。経験豊富な業者に依頼することで素早く丁寧に雪止め金具を設置してくれます。雪止め金具の設置は火災保険が適応される可能性もあるので、確認してみてください。

屋根修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根修理」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 12:21:25
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_roof/98354/
外壁・屋根
冬にたくさん雪が降ったときに「屋根から大きな雪の塊が落ちてきたらどうしよう」と思っている方も多いのではないでしょうか。雪の塊が人に当たってしまうと大きな事故につながってしまう危険性があります。そんな方に紹介したいのが「雪止め金具」です。雪止め金具は屋根から雪が落下することを防いでくれることが期待できます。本コラムでは「雪止め金具について」と「業者に依頼する際の費用相場」について紹介します。雪止め金...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

屋根工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!