生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

劣化した屋根を放置すると大変なことに?!屋根の寿命を延ばす方法

投稿日:2018-07-23 更新日:2018-09-27

劣化した屋根を放置すると大変なことに?!屋根の寿命を延ばす方法

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家を日光や雨から守るために必要な屋根。そんな屋根にも寿命があることをご存知でしょうか?

屋根の寿命として耐用年数が決まっていますが、自然災害などによって寿命が早まってしまうこともあります。さらに屋根の寿命が来ているのに放置しておくと、さまざまな悪影響を及ぼしてしまうのだとか。

この記事では、屋根の寿命や劣化症状、対策法についてまとめています。屋根の劣化を感じている方や、屋根の寿命について知らない方はぜひ参考にしてみてください。

屋根工事のおすすめサービス

屋根の寿命はどのくらい?

家を雨や日光から守っている屋根ですが、種類によってそれぞれ寿命が決まっています。この屋根の寿命のことを耐用年数といい、屋根がどのくらいの間健康な状態を保てるのかを表しています。

また、耐用年数とは別にオススメのメンテナンス時期もあります。耐用年数やメンテナンス時期を知っておくことで、屋根を長持ちさせることにつながります。まずは、それぞれの年数をみていきましょう。

屋根の耐用年数表

 

屋根の種類 耐用年数 メンテナンス時期
ストレート屋根 15~25年 7~8年
トタン屋根 10~20年 10~15年
セメント瓦 30~40年 10~15年
ガルバリウム鋼板 30~50年 20~30年
日本瓦 50~100年 20~30年

短いものだと10年で耐用年数を迎えるのに対し、長いものだと耐用年数が100年にもなります。そのため、家の屋根がどの種類なのかを把握しておくことが大切です。

屋根の寿命はどのくらい?

屋根の寿命を見極める!劣化症状

屋根の寿命(耐用年数)についてご紹介しましたが、屋根をいつ変えたか正確に覚えていないという人も少なくないでしょう。また、耐用年数を迎えていなくても、自然災害などが原因となって屋根の寿命が早まってしまうこともあります。

そんな屋根の寿命ですが、年数だけでなく症状でも判別することができます。ここでは屋根の寿命を見極めるための「劣化症状」について見ていきましょう。

・色あせ
紫外線や雨が原因となって、屋根が色あせてしまうことがあります。
主にスレート屋根やトタン屋根、セメント瓦、ガルバリウム鋼板で発生しやすい症状です。

・カビや藻
カビや藻は、水分がたまってしまうことが原因で発生する症状です
屋根の種類としては日本瓦に発生しやすく、とくに北側の屋根は湿気がこもりやすいため発生しやすくなっています。

・サビ
経年劣化によって金属系の屋根に錆ができる症状です。
金属系のトタン屋根やガルバリウム鋼板はもちろんですが、スレート屋根でも発生することがあります。

・浮き
屋根の一部が変形するなどの原因で、屋根が少し浮くことがあります。
主にトタン屋根、ガルバリウム鋼板、日本瓦で発生しやすい症状です。

・ひび割れ
屋根のひび割れは、自然災害や経年劣化によって発生します。
とくにスレート屋根、セメント瓦、日本瓦で発生やすい症状です。

屋根の寿命を見極める!劣化症状

劣化した屋根を放置したらどうなるの?

屋根の寿命やその劣化症状について分かったと思います。ただ、屋根の寿命が来ても家を覆えているから大丈夫じゃないの?と疑問に思う方は少なくないでしょう。しかし、劣化した屋根を放っておくと大変なことになります。
劣化した屋根を放置するとどうなるのか、見ていきましょう。

雨漏り

屋根の劣化によって、雨水が家の中に入ってくるようになってしまいます。雨漏りは実際に水が床に落ちてくるまで、気づきにくいのが厄介なところです。

雨漏り被害で一番深刻なのが、木材の腐食です。腐食が進んでしまうと、建物自体がもろくなっていきます。早めに気づくことはもちろんですが、屋根の劣化症状がある場合は、早めにメンテナンスをするのがいいでしょう。

シロアリ被害

前述した雨漏りがシロアリ発生の原因となってしまうことがあります。シロアリは水分や湿気の多い場所を好む傾向があり、雨漏りによってシロアリの好む環境ができてしまうからです。

繁殖したシロアリに建築材を食べられてしまうと、建物がもろくなってしまいます。もしこの状態で地震の被害に遭うと、最悪の場合家が倒壊するおそれがあるそうです。シロアリの発生を抑えるためにも、屋根のメンテナンスは大切なのです。

劣化した屋根を放置したらどうなるの?

屋根の寿命を延ばす対処方法とは

屋根の寿命や劣化症状を放置しておくと、さまざまな被害を引き起こしてしまいます。それでは、寿命の迎えた屋根や劣化症状の発生している屋根には、どのような対策をすればいいのでしょうか?
ここでは、屋根の寿命を延ばす対策方法についてご紹介します。

塗装

意外に思う方もいるかもしれませんが、屋根を塗り替えることによって屋根の耐久度があがります。屋根の塗装が剥げることでその下の屋根材に負担がかかるのですが、塗装によってこの被害を防ぐことができるためです。

屋根のメンテナンスの中では費用が安く済むだけでなく、色の変化を楽しむことができます。そのため、屋根の劣化がそこまでひどくない場合や、定期的なメンテナンスとしておこなう場合にオススメです。

防水シート

それぞれの屋根材の下に「防水シート」を敷く方法です。屋根材の劣化によって雨が侵入してしまいますが、この防水シートによって雨水を止めることができます。

二重で雨水を防いでくれるのでとても便利ですが、この防水シートも劣化することがあります。そのため、屋根が雨漏りしたときの緊急用と認識し、早めに屋根を修理することが大切です。

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

屋根の寿命は種類によってさまざまです。短いもので10年、長いもので100年まで維持できるとされているため、まずは住宅の屋根がどの種類なのかを知るのがいいでしょう。

また、屋根の寿命はあくまでも目安です。自然災害などによって屋根の劣化が進むこともあるので、屋根に劣化症状が表れていないか確認することをオススメします。

屋根の劣化を放置しておくと、雨漏りやシロアリ被害を引き起こしてしまいます。屋根に劣化が発生しているなど、屋根の寿命が来ている場合は、屋根工事の業者に相談してみてはいかがでしょうか。

屋根工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 12:28:32
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_roof/98199/
外壁・屋根
家を日光や雨から守るために必要な屋根。そんな屋根にも寿命があることをご存知でしょうか?屋根の寿命として耐用年数が決まっていますが、自然災害などによって寿命が早まってしまうこともあります。さらに屋根の寿命が来ているのに放置しておくと、さまざまな悪影響を及ぼしてしまうのだとか。この記事では、屋根の寿命や劣化症状、対策法についてまとめています。屋根の劣化を感じている方や、屋根の寿命について知らない方はぜ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

屋根工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!