生活110番辞典 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

瓦にも種類がある?モニエル瓦の特徴と修理について解説します!

2018-08-01

瓦にも種類がある?モニエル瓦の特徴と修理について解説します!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

屋根工事の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

屋根材で利用されている瓦には、セメント瓦やコンクリート瓦などのさまざまな種類の瓦があります。瓦は耐久性がありメンテナンスもしやすいため、よく日本の建物で使用されているのを見かける方も多いのではないでしょうか。

さまざまな瓦の中でも、特に人気なのがモニエル瓦です。この瓦は他の瓦と比べて特殊な処理をしているため、耐水性や断熱性が高いためです。そんなモニエル瓦でも、当然耐用年数があります。定期的にメンテナンスをおこなわなければ劣化してしまうため、修理が必要になるのです。

そこで今回はモニエル瓦のメリットやデメリット、修理が必要な劣化症状についてご紹介いたします。このコラムが、瓦の修理を検討するきっかけになれば幸いです。

屋根工事のおすすめサービス

モニエル瓦について知ろう

モニエル瓦とはコンクリートを着色用のセメントで色付けをおこなったコンクリートの瓦です。セメント、砂を混ぜ合わせる「乾式コンクリート瓦」といわれることもあります。ちなみに、モニエル瓦はセメント瓦と見た目がよく似ており、見分けるのが難しいそうなので注意しましょう。

モニエル瓦はヨーロッパから発祥したといわれています。瓦の表面に着色用の「着色スラリー」と、アクリル樹脂系の「クリアー塗料」を利用し、他の瓦よりも特殊な処理をしているので雨や風に耐えることができるのです。また、断熱性も高く、色が豊富なため、とても人気のある瓦です。

コンクリートでできているモニエル瓦は、瓦の小口といわれる部分の切り口がギザギザになっているのが特徴です。逆にセメント瓦は、小口の切り口部分がツルツルとした切り口になっています。見分け方に困ったら、瓦の小口を見てみてください。

モニエル瓦について知ろう

モニエル瓦のメリット・デメリット

屋根材として人気のあるモニエル瓦のメリットとデメリットをご紹介します。

モニエル瓦のメリット

防水性と断熱性が高い
コンクリートでできているモニエル瓦は、強い雨や風にも耐える強度をもっており、他の瓦よりも防水性が高く断熱性もあります。

色が豊富にある
着色スラリー利用しているため、他の瓦よりも豊富な色があります。着色スラリーとは、瓦に色をつけるために使われる、セメントでできた着色剤のことです。

モニエル瓦のデメリット

重さがあるため、耐震性が低い
コンクリートを利用しているため、重さがあります。軽量の屋根材と比べると、耐震性が低くなってしまうのがデメリットです。

塗装のメンテナンスに注意が必要
モニエル瓦は着色スラリーを利用しているため、他の瓦と違ってスラリー層と呼ばれる層ができています。瓦が劣化して再度塗装する際は、このスラリー層を丁寧に取り除かなければならないため、高度な技術が必要です。

モニエル瓦のメリット・デメリット

モニエル瓦の主な劣化症状

屋根材として使用されているモニエル瓦の耐用年数は約10年~15年です。定期的にメンテナンスをおこなわなければ、どんどん劣化していってしまいます。モニエル瓦は劣化の症状によって、メンテナンス方法が異なるそうです。症状ごとにまとめてみましたので、これを参考にご自宅の屋根の状況を確認してみてください。

モニエル瓦の主な劣化症状

チョーキング

チョーキングとは、塗装の表面が太陽の熱、雨、風によって劣化が起きてしまい、チョークのように粉末状になってしまう現象です。このチョーキングをそのまま放置してしまうと、雨を吸い込みやすくなり瓦自体の劣化、瓦が割れてしまう原因となります。
このチョーキングを発見した際は、再度塗装するか屋根の葺き替えをすることが必要です。

瓦がずれている

台風や地震などの自然災害によって、瓦がずれてしまうことがあります。瓦がずれていると雨漏りの原因となったり、屋根部分が傷みやすくなってしまうのです。
瓦が割れていなければ、はめ直しすることができます。瓦が割れてしまっていたり、瓦全体がずれてしまっていると、屋根の葺き替えが必要になる場合がありますので注意しましょう。

ひび割れ

瓦がひび割れてしまっている場合は、専用のパテによる補修作業や、新しい瓦と交換することができます。しかし、瓦自体がすべて割れてしまっているときは補修作業することができず、一部を新しく葺き替えることが必要になる場合があります。自分で判断できない場合は、業者に依頼をして確認してもらいましょう。

モニエル瓦の塗装は難しい?

モニエル瓦は着色用の着色スラリーを利用しているため、再度塗装する際は注意が必要です。

モニエル瓦にはスラリー層と呼ばれる部分があるため、塗装をする際はスラリー層を取り除かなくてはなりません。このスラリー層を取り除かないと、新しく塗装した部分が古いスラリー層と一緒にはがれ落ちてしまうことがあるからです。そのため高圧洗浄機を利用して、完全に古い塗装部分を取り除くことが大切です。

また、モニエル瓦には専用の塗料があるため、他の瓦塗装を使用することができません。モニエル瓦専用ではない塗料を塗った場合、早めに劣化してしまう可能性があります。モニエル瓦を塗装するためには高い技術が必要ですので、施工できる業者に依頼することをおすすめします。

ニエル瓦の塗装は難しい?(

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

瓦にもさまざまな種類があり、モニエル瓦は耐水性や断熱性にも優れている人気の瓦です。他の瓦と比べて色の種類が豊富なため、自分好みの瓦を見つけることができるでしょう。

人気のモニエル瓦でも経年劣化によって、チョーキング現象が起きてしまったり、自然災害によって瓦が割れてしまう可能性があります。劣化した部分を放置してしまうと、瓦の劣化がひどくなってしまい、屋根の葺き替えが必要になることがあります。定期的に確認をして、劣化症状に合ったメンテナンスをおこなうことが大切です。

また、モニエル瓦は再度塗装する際に、瓦のスラリー層をすべて取り除かなくてはならないため、高い技術が必要になります。もしモニエル瓦の劣化を確認したら、一度業者に相談することをおすすめします。

屋根工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

屋根工事の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-08-01 13:28:42
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_roof/97012/
外壁・屋根

シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

おすすめ記事

屋根工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986