生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

軒天の劣化は放置してはいけない!軒天に塗装をして劣化を防ごう

投稿日:2018-07-08 更新日:2018-09-27

軒天の劣化は放置してはいけない!軒天に塗装をして劣化を防ごう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

軒天(のきてん)は日ごろから気にして見ることのない方がほとんどだと思いますが、建物を守ってくれる大切な役割をもっています。劣化してしまうと軒天の塗装がはがれてしまい、屋根の裏側が見えて景観が悪くなったり、雨漏りの原因にもなります。

劣化しているときは、早めに修復することが必要です。そのまま放置してしまうと、修復費用が高額になってしまうこともあります。外壁や屋根などと同様に、定期的に確認をするようにしましょう。

今回はその軒天の役割、劣化症状、軒天に利用する塗料などについてご紹介いたします。

屋根工事のおすすめサービス

軒天ってどこのこと?役割とは

軒天(のきてん)は、屋根が建物の外壁よりでているときに、その裏側で屋根と外壁を支えている部分のことです。また、軒天は外観をきれいに見せるために必要な役割を持っています。軒天がない場合、下から覗いてしまうと屋根の木材などが見えてしまい、景観を悪くしてしまうからです。

軒天の役割はそれだけでなく、建物の延焼を防ぐ役割もあります。また、換気口から換気をおこない、天井裏の結露やカビの発生を予防することができます。軒天は建物にとって重要な役割をしているため、劣化した場合はすぐに軒天の塗装や修復をおこないましょう。

軒天ってどこのこと?役割とは

軒天の放置は危険!主な劣化症状

建物の中で重要な役割をしている軒天は、普段気にして目にすることがないため、気が付かないうちに劣化が進んでしまうことがあります。軒天の劣化を放置していると役割を果たすことができなくなってしまうので、定期的に下記のような軒天の劣化状況を確認することが大切です。

軒天の主な劣化症状

変色(色あせ)
経年劣化によって、屋根や外壁と同様に変色することがあります。

シミ
軒天部分にシミができていることがあります。軒天のシミは、屋根から雨水をうまく排出することができず、軒天に流れ込んでしまいできること多いです。

上記のような症状であれば、軒天の塗装をすることで解消することもできます。しかし、以下のような症状が発生した場合は、軒天の一部もしくは全体の交換が必要になってくることもます。

はがれ
軒天部分の木材がはがれてしまうことがあります。そのまま放置してしまうと、落下の危険性があります。解消するには、軒天の下地板の交換が必要です。

カビ
うまく換気ができず、結露などによってカビが発生してしまうことがあります。そのまま放置しておくと雨漏りの原因となります。

穴が空いている
軒天が劣化すると、穴が空いてしまうことがあります。そうすると、この穴から害虫や害獣などが屋根裏に入り込んでしまう可能性があります。穴が空いているのを確認したら、早めに業者に依頼をして修理をしてもらいましょう。

軒天は定期的にチェックをし、症状が軽いうちに塗装をするようにしましょう。

軒天の放置は危険!主な劣化症状

軒天に使われる塗料と選び方

軒天の塗装に使用される塗料は不燃材系の種類が多く、さまざまな種類があります。

EP(エマルションペイント)/AEP(アクリルエマルションペイント)

塗料ではこのエマルションペイントを使用したものが多く、きれいな外観に仕上げることができます。エマルションペイントは水で薄めることのできる水溶性の塗料で、塗りやすいため人気です。

アクリルエマルションペイントは、色付けが簡単にできる特徴があります。色のついた外壁にしたいときはアクリルエマルションペイントがおすすめです。

NAD(アクリル樹脂系非水分散形塗料)

エマルションペイントと違い、樹脂が粒子化されて液体の中にはいっている塗料です。結露などに対する耐水性が高く、改修作業などでよく使用されている塗料になります。

塗料の選び方

色のついた塗料を使用したいときは、アクリルエマルションペイントがおすすめです。軒天に使用するときは、クリーム色や薄いグレーにすると明るい印象の建物になり、暗い色を使用すると重厚感のある印象になるのです。また、屋根の色と合わせると統一感のある景観になります。

軒天の塗装はプロに任せた方がいい理由

軒天の塗装は簡単そうに見えますが、自分で塗るには高度な技術が必要になります。また高所での作業となるので、DIYで作業することはおすすめできません。ローラーでは細かい部分が塗れないことがあるので、ハケを利用して塗装します。

天井に塗る作業なので、液が垂れやすくなってしまい、少しずつ塗らなければなりません。誤って外壁や屋根などに軒天用の塗料がついてしまうこともあります。また、足場をきちんと固定していない場所で、見上げながら作業することはとても危険です。業者に依頼をすることで安全に軒天の塗装をすることができます。

軒天の塗装はプロに任せた方がいい理由

屋根や外壁塗装と一緒におこなえばお得

軒天の塗装は、屋根や外壁塗装と一緒にすることをおすすめします。塗装費用が抑えられるからです。軒天を塗装する場合は、高所での作業となるので必ず足場を組みます。そこで屋根や外壁塗装と一緒に作業をすると、足場の費用を1回で済ませることができるので、その分費用を抑えることができます。

塗装費用は塗装の広さや、建物の高さによってもかわってきます。複数の業者に見積もりを依頼してどのくらいの費用がかかるのか確認し、塗装依頼をしましょう。

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

軒天は建物を守ってくれる大切な役割をもっています。普段軒天を見上げることが少ないため、劣化していることに気づかないこと多いかもしれません。劣化が進んでしまうと軒天は役割を果たすことができず、雨漏りの原因になったりします。軒天の劣化を確認したら、早めに業者に依頼をして塗装や修復をしてもらうようにましょう。

軒天を塗装する際は、屋根や外壁の塗装と一緒に作業したほうが費用を抑えられることがあります。また、業者に依頼をする際は、複数の業者にどのくらいの費用がかかるのか確認するといいでしょう。

屋根工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 12:43:37
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_roof/96065/
外壁・屋根
軒天(のきてん)は日ごろから気にして見ることのない方がほとんどだと思いますが、建物を守ってくれる大切な役割をもっています。劣化してしまうと軒天の塗装がはがれてしまい、屋根の裏側が見えて景観が悪くなったり、雨漏りの原因にもなります。劣化しているときは、早めに修復することが必要です。そのまま放置してしまうと、修復費用が高額になってしまうこともあります。外壁や屋根などと同様に、定期的に確認をするようにし...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

屋根工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!