生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

雨樋の詰まりって業者じゃなくても掃除できる?お得な掃除方法を紹介

投稿日:2018-06-12 更新日:2018-09-27

雨樋の詰まりって業者じゃなくても掃除できる?お得な掃除方法を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

雨樋が詰まって困ったことはありませんか?雨樋が詰まると、建物の劣化などの原因になってしまいます。

そうならないためにも、早く雨戸の詰まりは解消したいところですが、自分で掃除できるものでしょうか。それともこういった雨樋の詰まりは業者に頼んだ方が良いのでしょうか?今回は、この雨樋の詰まりの対策についてご紹介していきたいと思います。

屋根工事のおすすめサービス

雨樋の詰まりは何が原因?

雨樋とは、屋根のふちにあります。屋根に降ってきた雨をいったん一か所に集めて、スムーズに地面に流せるようにしたものが雨樋です。
この雨樋が詰まると、雨水が外壁に伝わり、腐食するおそれがあります。雨樋は根からの建物への雨水の浸水を防ぎ、外壁を守っているのです。

また、雨樋は屋根から雨水が地面に直接落ちることを防ぎ、建物の基礎まわりの保護も果たしています。雨樋がないと屋根から地面に直接雨水が落ちてしまい、地面がえぐれたり、地盤の悪化して安全に建物に住めなくなってしまうかもしれません。

雨樋の詰まりをなくすにはさまざまな原因を知ることが大切です。

・落ち葉や土、ゴミなど
雨樋は細長い形をしていて、水が集まるところである集水器も小さい形をしています。そのため、この集水器にゴミなどが詰まると、屋根の排水がうまくいかなくなってしまいます。

・雨樋が水平になっている
雨樋は、雨水が下に流れるようにあらかじめ、軽く傾斜がつけられています。この傾斜が、台風などの影響で水平になると雨水が流れにくくなり、雨水を流すはずの雨樋そのものに溜まってしまいます。

・築年数が経ち雨樋が劣化
建物自体が古く建ててから何十年も経ってしまうと、雨風の影響で雨樋に穴などが空き、破損してしまうことがあります。

・自然災害による破損
台風や大雨、地震などによる被害で雨樋が外れてしまうこともあります。実は火事だけではなく、台風や大雨などによる被害も火災保険の対象になるのです。火災保険に加入していれば雨樋の破損は、保険の適用となる可能性があります。もし、雨樋の詰まりを業者に依頼した際は、一度確認してみることをおすすめします。

雨樋の詰まりは何が原因?

雨樋掃除で詰まりを解消

家の劣化を防ぐには、早めに雨樋の詰まりをなくす必要があります。では実際にはどのように詰まりを治していけばよいのでしょうか。

まず、雨樋や集水器に詰まっているゴミを取り除きます。ジョウロやホースを使って水を流してみて、水が下に流れていくか確認します。
その際に詰まりが見られるようなら、屋根から地面に向かう雨樋をたたいたり、中をホースや棒などで突いて流れを解消させます。

2階建ての住居にお住まいの方は、脚立やはしごを使えばご自分でも掃除が可能でしょう。しかし、2階以上の屋根になると、高所作業となるため危険がともないます。
屋根は濡れていたりコケが生えたりしていていると、意外と滑りやすいものです。高所での作業に慣れていない方は、雨樋の詰まりは業者に依頼しましょう。

雨樋修理を業者に頼む場合

雨樋の詰まりを業者に頼むときはかかる工期も注意をしなければいけません。天候や時期にもよりますが1~2日程度です。

また費用は、一か所につき約5千円~2万円で、雨樋の部分的な交換、補修ですと約1~3万が相場です。あまりに損傷がひどく、雨樋すべてを交換する必要がある場合は費用が高くなり、約10~60万となります。また、2階、3階と足場を作る場合は足場代がかかるため、修理は値段が高くなるようです。

しかし、台風や大雨などで雨樋が壊れてしまったときは、火災保険の保険金が払われることがあります。個々の加入状況によってもその内容は変わりますので、保険会社に問い合わせてみてください。

雨樋が交換するほどの損傷がないならば、塗装がおすすめです。防水性、耐久性に優れた塗料で塗装すれば、雨樋の劣化を防ぐことができます。約5~10万で雨樋の全てが塗装ができるため、全交換よりかなり費用を抑えることができます。雨樋は雨水によるダメージを受けやすいので、10年ほどで塗装しなおすことをおすすめします。

雨樋修理を業者に頼む場合

雨樋修理を安く抑えるコツ

雨樋の詰まりを業者に頼むとき、外装塗装や屋根の葺き替え工事と一緒に行うと費用を安く抑えることができます。足場を組まなければならない工事なので、別々よりも同時に行った方が足場代の節約になるのです。

雨樋の足場代は10万円ほど、外壁塗装は20万ほどが相場で、合計で約30万円かかってきます。外壁塗装は10年に一度行わなければならないので、雨樋の修理と行えば足場代は20万円ほどで済みます。雨樋修理は外壁塗装とまとめて行った方がお得になるのです。

雨樋修理を安く抑えるコツ

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

雨樋の詰まりを放っておくと、建物の劣化につながり危険です。雨樋が詰まってしまったら、きちんと掃除をしてわが家を守りたいものですね。2階立てに住んでいる方は脚立などを使えばご自分でも掃除が可能かもしれません。

しかし、それ以上の高さがある住居にお住まいの方は、屋根上の作業は危険がともないます。そんな時は、屋根工事のプロの手を借りましょう。自然災害の被害なら火災保険で補えるケースもありますし、外壁塗装と同時に行えば費用がおさえられます。

もし雨樋の詰まりを業者に頼む際は、必ず複数の業者で見積もりをとってもらい、料金を比較することが大切です。

屋根工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 12:53:23
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_roof/84791/
外壁・屋根
雨樋が詰まって困ったことはありませんか?雨樋が詰まると、建物の劣化などの原因になってしまいます。そうならないためにも、早く雨戸の詰まりは解消したいところですが、自分で掃除できるものでしょうか。それともこういった雨樋の詰まりは業者に頼んだ方が良いのでしょうか?今回は、この雨樋の詰まりの対策についてご紹介していきたいと思います。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

屋根工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!