生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

劣化した屋根を放っておくと危険!屋根塗装の必要性と費用相場を紹介

更新日:2021-04-30

劣化した屋根を放っておくと危険!屋根塗装の必要性と費用相場を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

街を歩いていると、さまざまな色の屋根を見かけます。多くの場合、屋根には塗装がしてあり、自分好みの色を付けることができるからです。そんな屋根塗装ですが、実は色を変えるだけではなく、屋根材の劣化を防ぐ、水をはじくといった役割もあります。

ここでは、そんな屋根塗装の塗装を検討すべき時期や費用についてご紹介していきます。また、塗装を依頼する業者の選び方についてもご紹介していきますので、屋根塗装をご検討の方はぜひ参考にしてください。

屋根工事のおすすめサービス

屋根塗装の目的と必要性

屋根塗装する理由として、見た目をきれいにすることはもちろん、寿命を伸ばすことにもつながります。そのメリットは以下の通りです。

・屋根の寿命を伸ばすことができる
屋根の痛みを防ぐことができ、屋根の寿命を伸ばすことができます。

・防水効果が期待できる
塗装をすることによって、屋根材が水をはじきやすくなる効果が期待できます。

・節電効果につながる
塗料には断熱・遮熱効果があるものもあります。そのようなものを利用すると、空調にかかる電気代の節約を期待できます。

屋根塗装の目的と必要性

こんな症状があれば検討しましょう

屋根塗装の寿命は一般的にスレート屋根なら10年、トタン屋根なら5~8年といわれています。しかし、屋根の寿命は塗装した業者の技術や屋根・塗料の種類、環境によって変動するのです。そのため、屋根塗装は状態を定期的に確認し、時期を見極めるようにしましょう。

屋根塗装は以下のように劣化をしていきます。
 

・表面のつやがなくなる

・塗装の色が薄くなる

・白い粉のようなものが表面につく「チョーキング現象」が起こる

・屋根に汚れやカビ・コケが付着する

・塗装がはがれる

 
もし、屋根に汚れやカビ・コケが付着してしまった場合、すでに屋根材自体が傷んでしまっているおそれがあります。屋根材が傷んでしまうと、塗装をしても効果をうまく発揮することができません。そのため、チョーキング現象が発生したタイミングまでに屋根塗装をするようにしましょう。

こんな症状があれば検討しましょう

放っておくと大きな被害になる可能性も

屋根塗装が劣化しても再度塗装せずに放置すると、屋根材自体が劣化してしまおそれがあるのです。屋根材が劣化してしまうと、雨漏りしやすくなってしまいます。雨漏りは単純に家の中が濡れてしまうだけでなく、以下のような大きな被害に繋がってしまうことがあります。

・カビやコケなどの発生
雨水が侵入することで室内の湿気が多くなり、カビやコケなどが発生することがあるのです。カビやコケなど発生してしまうと、さまざまなアレルギー症状を発症してしまうおそれがあります。

・シロアリの発生
雨が侵入して屋根の木材を腐らせてしまうと、シロアリが発生するおそれがあります。腐った木材はシロアリの餌となってしまうからです。また、雨漏りで湿度が高くなった場所は、乾燥が苦手なシロアリにとって住みやすい場所となってしまいます。

屋根塗装にかかる費用相場

ここでは、屋根塗装するとき、費用はどのくらいかかってしまうのか紹介していきます。屋根塗装の費用相場は屋根の状態や範囲によって変わってきますが、40万円から60万円くらいとなってします。その中には足場の設置などさまざまなものの費用が含まれているので、ここでは細かく見ていきます。

屋根塗装の費用の内訳

屋根の塗装にかかる費用はおおまかに、「足場代」「塗料代」「工事代」「業者にかかる費用」です。

「足場代」
足場の大きさで足場代は変化します。計算式にするとこのようになります。足場架面積=(家の外周+8m)×高さです。一般的なお宅であれば、足場代にかかる相場は約20万前後になります。

「塗料代」
一般的な住宅の場合で塗装するときに消費する塗料は、2缶程度です。

塗料の種類と費用は以下の通りです。

・ウレタン塗料
耐久年数は3~5年程度でかかる費用は約5千円~1万5千円です。

・シリコン塗料
耐久年数は5~7年程度で費用は約1万5千円~4万円です。

・フッ素塗料
耐久年数は7~10年程度で費用は約4万円~8万円です。

・無機塗料
無機の耐久年数は約10~15年程度で費用は約5万円~12万円です。

安い塗料ほど耐久年数は短く、寿命が来てしまうため、繰り返し塗装しなければならないです。塗料を選ぶときは、塗り替える回数を含めるなど考えて塗料を選びましょう。

屋根塗装にかかる費用相場

屋根塗装の費用は地域によって差が出る場合も

屋根塗装するときは、地域によって塗装費用が変化します。

・雨が多い場所
雨の多い場所では、防水効果が高い塗料が必要になるので塗装する費用が高くなる可能性があります。

・雪が多い場所
北海道など雪が多く降る場所では、屋根から雪を落とすために屋根の滑りを良くする効果を持ったウレタンやシリコンなどの塗料を使うので塗装費用は高くなる可能性があります。

信頼できる業者を選ぶためには

屋根塗装するためにしっかりした業者を選びましょう。雑な業者の場合、余分に費用がかかったりするので注意が必要です。

そこで信頼できるおすすめの業者選びのコツを紹介していきます。

・現場の調査をしっかりするかどうか
現場の調査をしっかり行っているかどうか確認します。時間をかけてしっかりと現場の調査をしてくれる業者は信用できるでしょう。

・見積書が細かく記載されているか確認する
見積書が細かく記載されている業者ほど信頼できる業者といえるでしょう。見積もりを取る際は、上述したような費用の内訳について細かく記載されているか確認しましょう。

・工事補償やアフターサービスがある
工事しているときに問題が発生した場合の工事補償や工事後に発生したときの問題などが起きたときのアフターサービスがあるかどうかを最初に確認しましょう。工事補償やアフターサービスがない場合、費用が増えるなどのトラブルにつながるので注意が必要です。

信頼できる業者を選ぶためには

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

今回は、屋根塗装の必要性や費用相場について紹介しました。塗装の劣化を放置していると屋根材が劣化し、雨漏りの原因にもなります。屋根塗装の劣化を感じたら、屋根工事を依頼できる業者に連絡し相談しましょう。

塗装費用の相場は約40万円から60万円ですが、住んでいる地域や傷み具合などによって費用が変化します。また、業者を選ぶときは、現場の調査や見積書がしっかりしているか確認しましょう。

屋根工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!