生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

雨樋掃除はいつやるべき?雨樋の詰まる原因と掃除方法を紹介します

投稿日:2018-06-11 更新日:2018-09-27

雨樋掃除はいつやるべき?雨樋の詰まる原因と掃除方法を紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

梅雨の季節になってきましたね。

雨水が溜まって屋根が腐敗しないようにするためには「雨樋」のメンテナンスが大切です。

しかし、雨樋という言葉を聞いて、すぐにピンとくる人は少ないかもしれません。

雨樋は、梅雨独特のじめじめ感や、湿気から家を守ってくれる強い味方になります。雨水を家の外の排水口に流してくれる雨樋ですが、流すということは当然排出口や雨水の通り道があるということになります。雨水がうまく排出されないと、これらの効果は発揮されなくなってしまいます。

今回のコラムでは、雨樋を快適に使い続けるための雨樋の掃除の仕方や、掃除を行うタイミングについて解説していきます。

屋根工事のおすすめサービス

雨樋の基礎知識

雨樋は、屋根のすぐ下に設置された細いパイプです。屋根に降った雨をパイプ内に集めて流し、地面の排水口へと流すことが目的で設置されています。

ここからは、雨樋の基礎知識を説明していきます。

雨樋の役割

もしも雨樋がないと、屋根に溜まった雨水が地面に落ちて水たまりやぬかるみの原因になります。また、最近多く見られる軒の少ない家では雨水の跳ね返りによって、外壁がぬれてしまうこともあります。雨水を雨樋によって地面へ流すことで建物の腐食を防げる可能性が高いです。快適な住まいを保つために、雨漏りによる被害を防ぐこともできます。

雨樋の材質

雨樋の材質にはさまざまなものがあります。
 

(1)塩化ビニール

軽くて安く、一般家庭に設置されている雨樋は塩化ビニールによるものがほとんどです。施工がしやすいことも、普及されやすい理由ではないでしょうか。しかし、耐久性はあまりなく、もろい所がデメリットです。
 

(2)合成樹脂

見た目は塩化ビニールとほぼ変わることはありませんが、耐久性が塩化ビニールよりも優れています。しかし、価格は劣化しにくくなった分上がっていますので、購入する際にはよく考えましょう。
 

(3)アルミ・ステンレス

サビができにくく、耐久性もあります。パイプのつなぎ目も目立たないため、シンプルな家にも馴染みやすいです。ちなみに、アルミはステンレスよりも耐久性が高いと言われています。
 

(3)ガルバニウム鋼板

金属でできた雨樋です。アルミ以上の耐久性を持ちますが、値段が上の種類と異なり、かなり高額になってきます。
 

(4)銅

施工時は銅の独特のギラギラとした色をしていますが、時間が経過することで変化していきます。耐久性は高いですが、酸性雨が降ってしまうと穴が開くことがあります。価格が高額なため、まだ普及はあまりされていません。

雨樋の形

(1)反丸形

町や家の外でよく目にする形の雨樋です。円を半分に切った形をしています。支持金具という金具で留めているので、金具が破損したり取れてしまったりしないように定期的にチェックすると修理が簡単です。
 

(2)箱型

四角を半分に切った形をしています。スタイリッシュな家に馴染みやすいです。半丸型よりも多くの水の量を流すことができます。降水量が多い地域によくみられる形です。

次章では、雨樋の掃除の仕方について説明していきます。

雨樋の基礎知識

雨樋掃除が必要な理由

雨樋が詰まると、雨水が流れずに屋根に溜まり、腐敗を早めます。

雨樋が詰まる原因として、落ち葉やゴミの詰まりが考えられます。

肝心の雨樋の掃除方法は、次章で紹介します。

雨樋を掃除しよう

万が一ゴミなどが詰まってしまっても、雨樋は掃除をすることができます。

ホウキやトングで雨樋のゴミを取り除いた後に、水を勢いよく流してみてください。軽度の詰まりだと、雨水の勢いでは流れなかったゴミが流れていきます。

他にも、棒で中をつついてみたり、軽く叩くことも有効です。また、雨樋の専門の掃除道具もホームセンターなどで購入ができます。

雨樋掃除の時期に適しているのは、落ち葉やゴミが詰まりやすい春と秋です。春は花びら、秋は落ち葉が溜まりやすいため、雨樋を掃除するには絶好のタイミングです。こまめな掃除を心がけましょう。

雨樋を掃除しよう

雨樋の掃除は危険も伴う

雨樋は屋根の下に設置されているので、掃除をすることはできても掃除をするための環境があまりよくありません。

軒下に設置されている雨樋は、つまり高い位置に設置されているということです。足元に気を付けないと、事故につながる恐れがあります。

雨樋を掃除したいときには、身を守るためにも業者に頼むことがおすすめです。また、業者に依頼することで、ゴミの詰まり以外の劣化の原因が分かる可能性もあります。

劣化の具合によっては、補修の検討も必要になってくるかもしれません。

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

雨樋とは、屋根溜まる雨水を屋根から地面の排水口へ流すために設置されたパイプのことです。雨樋には、さまざまな素材や形状があり、家のスタイルや使える費用によって選ぶことができます。

雨樋は、屋根から落ちたり風邪で吹かれてきた、落ち葉やゴミが原因で詰まってしまうこともあるため、こまめな雨樋掃除が必要となります。

しかし、雨樋は屋根のそば……高い位置に設置されているため、自分で掃除を行うには危険が伴います。万が一足を踏み外したりしたら、重大な事故になりかねません。

雨樋がうまく機能していないと気付いたら、業者に依頼して掃除に来てもらうことがおすすめです。自分の身も守れて安全なので、雨樋のメンテナンスをプロの業者で検討してみてはいかがでしょうか。

屋根工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 12:54:28
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_roof/84658/
外壁・屋根
梅雨の季節になってきましたね。雨水が溜まって屋根が腐敗しないようにするためには「雨樋」のメンテナンスが大切です。しかし、雨樋という言葉を聞いて、すぐにピンとくる人は少ないかもしれません。雨樋は、梅雨独特のじめじめ感や、湿気から家を守ってくれる強い味方になります。雨水を家の外の排水口に流してくれる雨樋ですが、流すということは当然排出口や雨水の通り道があるということになります。雨水がうまく排出されない...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

屋根工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!