生活110番辞典 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロニアル屋根とは?メンテナンスや葺き替え前に知っておきたいこと。

2018-07-02

コロニアル屋根とは?メンテナンスや葺き替え前に知っておきたいこと。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

屋根工事の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラ

もし屋根材の交換を考えられているようでしたら、どの屋根材がいいのか、どんな工事の方法があるのか悩んでしまいますよね。また屋根材の種類といってもピンとこないかもしれません。

そこで今回は比較的多く使われる屋根材の1つである「コロニアル屋根」についてご紹介します。コロニアル屋根とはどんなもので、どんな特徴があるのでしょうか?

屋根工事のおすすめサービス

コロニアル屋根とは?材質について

コロニアル屋根はスレート屋根とも呼ばれることがあります。スレート屋根には主に3つの種類があり、1つ目は天然石を用いているため、高級感のあるもの。2つ目はパルプ、ビニロンが用いられている無石綿スレートと呼ばれるものです。そして3つ目のセメントを主な材料としているものですがコロニアル屋根です。無石綿スレートにもセメントは含まれていますが、コロニアル屋根はセメントの使用割合がそれよりも高いのです。また表面に色を付ける作業を行っているため、時間の経過とともに色あせてきてしまうという傾向があります。

しかし価格の安さ、交換を比較的簡単に交換を行うことが可能であるという理由から現在最も使用されている屋根材の1つとなっています。またたくさんの色の中から住宅に合った屋根の色を選ぶことができ、太陽光発電のための装置を取り付けることもできます。そのため人気があると考えられています。
コロニアル屋根とは?材質について

コロニアル屋根の価格とメリット、デメリット

コロニアル屋根のデメリット

コロニアル屋根の特徴は何と言ってもその価格にあります。他の屋根材と比較してみると、セメント瓦の約1/2、日本瓦の1/3と、その安さは一目瞭然ではないでしょうか。家を新築する際、屋根材を交換する際にコロニアル屋根は経済的でしょう。

カラーバリエーションが多いことも人気の理由の一つです。色の種類が豊富のため、和風の住宅、洋風の住宅、その他を問わず使用することができます。そのため特に新築の住宅ではコロニアル屋根がよく使われています 。

耐久年数についてはどうでしょうか?コロニアル屋根の寿命は一般的に20~25年と言われています。コロニアル屋根の材料であるセメント、繊維質、パルプ繊維により、高い耐久性が生み出されています。またコロニアル屋根は軽いため、建物全体のバランスをよく することができ、耐震性を上げる効果もあるそうです。
コロニアル屋根の価格とメリット、デメリット

コロニアル屋根のデメリット

ではコロニアル屋根のデメリットにはどんなものがあるでしょうか ?

1つは割れやすいという点です。コロニアル屋根は厚さがたった5ミリメートルしかないため、人がその上を歩けば、重さで割れてしまう可能性があります。また強風や地震、雪が積もることによって割れてしまうこともあるそうです 。

コケやカビが生えてしまいやすいというデメリットもあります。コロニアル屋根の表面はザラザラとしています。そこにほこりや水分が付着すれば、コケやカビの発生の原因となってしまいます。また塗装の劣化を加速させる原因ともなるため、注意が必要です 。

このようにコロニアル屋根にはたくさんのメリットがありますが、同時にデメリットもいくつかあります。購入の際にはその両方を考慮するとよいと思います。
コロニアル屋根の価格とメリット、デメリット

コロニアル屋根の塗装などのメンテナンス方法

コロニアル屋根の寿命は20~25年ですが、メンテナンスをすることなく長い間使い続けることはなかなか難しいです。 劣化や割れにより、雨漏り等の危険性もあります。ここでは主なメンテナンス方法3つについて触れていきます。

コロニアル屋根の塗装工事

塗装工事は定期的な屋根材のメンテナンスと考えるとよいでしょう。屋根材の交換をすることはないので、屋根材の耐久力などが再び向上するということはありません。しかし現在、防水、断熱、遮熱機能のある塗料が発売されているため、塗装によってこれらの効果を高めることができます 。

また塗装工事をすることによって、屋根材を塗り替えることができます。そのため塗装工事は住宅の景観の回復にも効果があります。

コロニアル屋根の葺き替え

葺き替えは新品の屋根材に交換をするため、防水性を確実に回復することができます。また野地板(屋根の下地として使われる板)などの修理も可能のため、普段目の届きにくいところまで確認できます。しかし、産業廃棄物が発生してしまうこと、工事の期間が比較的長いこと、騒音が発生することなどのデメリットがあるため、工事前にはこれらについて知っておく必要があるでしょう。
コロニアル屋根の塗装などのメンテナンス方法

コロニアル屋根の重ね葺き

重ね葺きはその名のとおり、古い屋根材の上に新しい屋根材を重ねるという方法です。この方法の工期は葺き替えよりも短く済むことが多いので、ご近所に迷惑をかける期間が短いです 。また費用も葺き替えよりも安く済む場合が多いというメリットもあります。
また屋根が2重になるため、断熱、遮熱の効果は自然と向上します 。

しかし、屋根材の重量が増加するため、住宅のバランスが悪くなってしまう危険性はあります。

コロニアル屋根が割れた時の対処法

もしコロニアル屋根が割れてしまっているのを発見された場合、修理を依頼することが大切です。では業者はどのように修理してくれるのでしょうか ?

割れがそれほど大きくない場合はコーキング材で修理を行うことが多いそうです。これはホームセンターで買うことができますが、屋根に上ることは危険であるので、自分で修理はしないようにしましょう。割れが大きい場合は屋根材を交換するという工程になるそうです。早く異常を発見すれば、メーカーによる保証を受けられることもあるそうです。屋根は普段あまり見ることのない場所ですが、注意しておきましょう。

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

コロニアル屋根は多くのメリットを持っており、とても人気の屋根材です。しかし、日々のメンテナンスを怠れば、屋根や住宅に様々な障害をもたらします。屋根は普段からよく目にするという場所ではないため、チェックはおろそかになりがちです 。ですが、住宅の健康を保つために意識して確認するようにしましょう 。

屋根についてお悩みなどありましたら、「生活110番」「外壁・屋根」まで是非ご相談ください。

屋根工事のおすすめ業者を見る

屋根工事の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-07-02 17:06:26
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_roof/6694/
外壁・屋根
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

おすすめ記事

屋根工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986