生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

軽くて加工もしやすい金属屋根 種類やかたちについてご紹介します

投稿日:2018-04-25 更新日:2018-09-27

軽くて加工もしやすい金属屋根 種類やかたちについてご紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

日本には、神社やお寺といった歴史的な建築物が多くあります。そんな日本の建築物を雨風から守っているのは、昔から日本に存在する瓦という屋根材です。

しかし、現代では金属屋根など屋根材の種類もさまざまなため、どんな屋根材を選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、今回は金属屋根の種類や特徴についてご紹介していきたいと思います。金属屋根の施工を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

屋根工事のおすすめサービス

金属屋根の特徴とは

金属屋根は、他の屋根材と比べてどのような違いがあるのでしょうか。まずは、金属屋根の特徴についてみていきましょう。

金属屋根は加工性が高く、複雑な屋根の形にも対応することができます。多数のメーカーで販売されているので、デザインの種類もさまざまです。また、金属屋根は隙間ができづらいため、雨水が侵入してくる可能性が低いことも特徴の一つです。

そのほかにも、重量は瓦の約10分の1と非常に軽く、地震の揺れに強いというメリットもあります。

しかし、一方で断熱性が低いという特徴もあります。金属は熱伝導率が高く、夏の暑い日などは、屋根だけでなく家の中までも暑くなってしまうのです。そのため、屋根の色は光をあつめにくい色にするなどの工夫が必要です。

また、金属屋根は防音性が低いといわれています。雨が降った日は、室内にまで雨音が伝わることもあるようです。

      金属屋根の特徴とは

金属屋根の種類はおもに5つ

金属屋根の種類はさまざまです。そのなかでも主流となっている種類を5つ紹介していきます。

トタン屋根

トタン屋根は安価であり、施工が容易といったメリットがあります。しかし、金属屋根の中でも特に遮音性が低く、雨が降ったときに雨音が伝わりやすいデメリットがあります。

ガルバリウム屋根

ガルバリウム屋根は耐久性が高く、太陽からの熱を反射する特徴を持っているため、夏のような暑い日や地震に強い屋根材です。

ステンレス屋根

ステンレス屋根は、その名の通りステンレスを屋根材として使用しています。強度にすぐれ、地震などの自然災害に強いことが特徴ですが、高価な屋根材のため一般的な住宅に使われることは多くありません。

チタン屋根

チタン屋根はステンレス屋根と同じく強度にすぐれ、ガルバリウム屋根のように太陽からの熱を反射することにすぐれています。このように、ステンレスとガルバリウムの金属屋根のいいところを兼ね備えていることがチタン屋根の特徴といえます。

銅屋根

その名のとおり銅を素材として作られた屋根材であり、金属屋根の中でも一番長持ちすることが特徴です。そのような理由から、おもに神社や仏閣の屋根材として使用されています。

       金属屋根の種類はおもに5つ

金属屋根のかたちいろいろ。瓦型の屋根も

前章では、金属屋根の種類を紹介しましたが、金属屋根はかたちもさまざまです。この章では、おもな金属屋根のかたちを紹介していきます。

瓦棒葺き

瓦棒と呼ばれる心材を一定間隔で配置し、長尺の金属を組み合わせる工法です。シンプルな構造のため、施工がしやすいことが特徴です。

平葺き

平葺きは、瓦棒を使用せず平に葺きあげる工法です。金属板の並べ方によって呼び方が変わり、水平方向に一直線に並べるかたちを一文字葺きと呼びます。お寺や神社などでも使用されることの多い工法です。

折板葺き

工場や倉庫などに使用されることが多い、金属屋根の代表的な工法です。金属屋根の中でも加工がしやすく、建物の形状によって長さやかたちを変えられることが特徴です。

      金属屋根のかたちいろいろ。瓦型の屋根も

金属屋根以外の屋根材には何がある?

前章までは、金属屋根の種類やかたちを解説しましたが、この章では金属以外の屋根素材について紹介していきます。

金属以外の屋根素材はおもに3つあります。

陶器と同じく粘土を使った日本古来の焼き物の屋根素材です。瓦は断熱性が高く、夏は暑く冬は寒い日本の気候に適しています。また耐久性にもすぐれ、色落ちの心配がないなど、手間のかからない屋根材です。

スレート

スレート屋根はセメントと合成繊維を混ぜたものです。ちなみに、表面塗装をした場合を「化粧スレート」といいます。近年では、一般的な住宅の屋根材にはスレートが使われることが多いようです。

セメント瓦

セメント瓦はその名の通りセメントでできた瓦の一種で、現在は粘土からつくり上げる瓦ではなく、セメント瓦を使用する場合が多いようです。プレス加工によって作られるため、品質均一であることが特徴です。

      金属屋根以外の屋根材には何がある?

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

今回は、金属屋根の種類やかたち、金属屋根以外の屋根材についてご紹介してきました。
金属屋根のメリットとして、加工性が高く複雑な屋根のかたちにも対応することができることや、隙間ができづらく雨水が侵入しないことがあります。

また、デメリットとしては断熱性が低く、夏の暑い日などは家の中までも暑くなってしまうことが分かりました。この記事を参考に金属屋根を選んでいただけたら幸いです。

もし、「うちの屋根も金属屋根にしてみたい」という方や、屋根についてなにかお困りの場合は、屋根工事のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

屋根工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 13:00:37
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_roof/63444/
外壁・屋根
日本には、神社やお寺といった歴史的な建築物が多くあります。そんな日本の建築物を雨風から守っているのは、昔から日本に存在する瓦という屋根材です。しかし、現代では金属屋根など屋根材の種類もさまざまなため、どんな屋根材を選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、今回は金属屋根の種類や特徴についてご紹介していきたいと思います。金属屋根の施工を検討している方は、ぜひ参考にして...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

屋根工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!