生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

陸屋根の防水工事で主流の「ウレタン防水工事」、いったいどんなの?

投稿日:2017-11-20 更新日:2018-09-27

陸屋根の防水工事で主流の「ウレタン防水工事」、いったいどんなの?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

雨漏り対策はされていますか?

ぽたぽたと、発生してしまってからではすでにもう手遅れの雨漏り。雨漏りの修理には予想以上に費用が掛かることも少なくありません。そんな雨漏りが起きてしまう前に、先に対策を講じておきましょう。

さて、雨漏り対策のひとつとして「ウレタン防水工事」というものをご存知でしょうか。
現在、屋根の防水工事として主流となっているこの工法、いったいどのようなものなのでしょうか。

今回はそんなウレタン防水工事をご紹介します。
ぜひお読みください。

屋根工事のおすすめサービス

陸屋根で主流のウレタン防水工事とは

ウレタン防水とは正式な名称を「ウレタンゴム系塗膜防水」といい、液体状のウレタン樹脂を複数回塗ることで防水層を形成し、雨水の浸入を防ぐという工事方法です。
液体状のウレタン樹脂を塗り付けて、塗布した材料が化学反応して固まる(硬化する)と、ゴム状で弾性・一体性のある防水膜が出来上がります。
液体状の材料を使うことから、複雑な形状をしているなどのどんな形状の場所だとしても使用できます。また安価で耐久性が高いなどのメリットも多いことから、広く採用されています。

緩衝シート、FRPなど他の防水材料との相性もよく、これらを合わせる複合防水工法は、意匠面では豊富なバリエーション、性能面では信頼性の高さから、さまざまな用途に対応できます。
      陸屋根で主流のウレタン防水工事とは

ウレタン防水工事のメリット・デメリット

そんなウレタン防水工事にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
まず、メリットは、
・施工が簡単
・防水工事の中では安価
・別の素材の防水材があってもその上から重ね塗りできる
・他の防水材料との相性もよい
・どのような形状の場所にも採用できる
などの点があります。

5、6年ごとにトップコートを再塗装することで、15年程度、防水効果を保持できるという耐久性もあります。

デメリットとしては、
・人の手で塗るため、完全に均一な膜厚にはならない
・乾燥に時間がかかる
・デザイン性がない
といった点があります。
工法的には専用の機器を使って、ムラを最小限に抑えるなどの工夫がされています。
性能的な面では目立ったデメリットがないのも特徴的です。
      ウレタン防水工事のメリット・デメリット

ウレタン防水工事の施工方法

ウレタン防水工事には、「密着工法」と「通気緩衝工法」の二種類があります。

密着工法とは、ウレタン防水材を下地に直接塗った後にメッシュのような補強布を貼り付け、その上からさらにウレタン防水材を所定の厚さになるまで塗り重ねていった後、上塗材で仕上げる工法です。

工期が比較的早く、工事費用を安く抑えることができます。
また、短期間で防水工事をおこないたいといった方におすすめともいえます。

この工法は、とくに下地を十分乾燥させる必要があり、ベランダなどの狭い箇所の防水工事に向いています。
逆をいえば、雨漏り対策などのように屋根など広い面での工事にはあまり適していません。

通気緩衝工法とは、裏側に溝があいている通気緩衡シートを貼り付け、その上からウレタン防水材を塗布する工法です。
シートの分、初期費用は密着工法と比べて高くなります。しかし雨漏りなどで水分を含んだ下地には最も効果的な工法です。

シートの溝が下地の水分を逃がすため、水分を多く含んでいる可能性が高い築年数が古い建物や、ルーフバルコニー、陸屋根、マンションの屋上など面積が広い箇所におすすめといえます。

ウレタン防水を長持ちさせるために

耐久性があるウレタン防水とはいえ、放置しているのとこまめにメンテナンスをしているのでは、耐用年数にやはり差がでてしまいます。
ちょっとした日々の心掛けで寿命が延びるケースも少なくありません。

防水工事をおこなった屋根で受けた雨水は、ルーフドレンと呼ばれる排水溝に流れていきます。この排水溝が詰まっていると雨水が流れず、水がたまっている箇所から防水層の劣化が進んでいってしまいます。

陸屋根へ出入りができる方は、定期的に飛んできた落ち葉やビニールゴミ、土ぼこりなどを掃除するようにしましょう。
もともとゴミなどが溜まりにくいようにカバーがついていますが、このカバーを外して内部まで丁寧に掃除することも大切です。

トップコートは、紫外線から防水層を守る役割をしています。トップコートが剥がれてくると紫外線や熱の影響によって防水層が急速に劣化します。
ウレタン防水であれば黄色く変色し、硬化してしまい、ひび割れの原因になります。

5、6年ごとにトップコートを再塗装することで防水効果を保持できます。
また、トップコートのなかには、フッ素など10年おきの塗替えでも大丈夫な高耐久性のものや遮熱効果を持ったものもあります。
通常のトップコートより費用がかかりますが、塗替えの回数や遮熱効果による光熱費の削減で、長い目で見てみるとお得な場合があります。

詳しくは、施工を行う業者に相談してみるとよいでしょう。
      ウレタン防水を長持ちさせるために

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

いかがでしたでしょうか。
現在、主流となっているウレタン防水工事についてまとめてみました。

雨漏りの修理だけでなく、対策として住居の屋根を確認してみるのもよいかもしれません。
また、素人目には施工の仕上がりが確認しづらいものでもありますので、しっかりと信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

屋根工事の依頼をできる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 13:52:38
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_roof/19838/
外壁・屋根
雨漏り対策はされていますか?ぽたぽたと、発生してしまってからではすでにもう手遅れの雨漏り。雨漏りの修理には予想以上に費用が掛かることも少なくありません。そんな雨漏りが起きてしまう前に、先に対策を講じておきましょう。さて、雨漏り対策のひとつとして「ウレタン防水工事」というものをご存知でしょうか。現在、屋根の防水工事として主流となっているこの工法、いったいどのようなものなのでしょうか。今回はそんなウレ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

屋根工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!