生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

もう雪下ろしは必要ない!雪を落とさず自然に処理する無落雪屋根とは

更新日:2021-04-30

もう雪下ろしは必要ない!雪を落とさず自然に処理する無落雪屋根とは

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

降雪量が多い地域の悩みの種といえば雪下ろし。冬が近づくたびに「また危ない雪下ろしか……」と憂鬱な気分になる人も多いようです。しかし最近の屋根事情は大きく変わってきており、雪下ろしの必要がない無落雪屋根が多く採用されています。
無落雪屋根とは雪を落とさず屋根の上にのせたまま自然に処理するもので、降雪量の多い地域の人にとってうれしい屋根です。今回はその、無落雪屋根について解説します。

屋根工事のおすすめサービス

無落雪屋根について

無落雪屋根とは雪下ろしをすることなく、屋根の上の雪を自然処理する屋根のことです。
これまでは降雪量が多い東北地方や北海道でも、三角屋根を使っている住宅が多く除雪にはとても苦労していました。とくに三角屋根にのぼって行う除雪作業では、屋根から転落する事故が絶えず降雪量が多い地域の人々は悩まされてきました。しかし無落雪屋根が開発されたことによって、除雪の労力が大幅に軽減されました。
最近では東北地方や北海道の新築には必ずといっていいほど採用されており、人々の除雪を助ける救世主となっています。
      無落雪屋根について

無落雪屋根の種類

現在使われている無落雪屋根には、3つの種類があります。

ルーフフラット式

ルーフフラット式は屋根に勾配をつけず、平らに設置する屋根のことです。地面に平行に屋根が設置されているため、重みなどで雪が落ちることはありません。

スノーダクト式

スノーダクト式は屋根の中央にダクトがあり、ダクトに向かって勾配がある屋根です。積雪を中央のダクトで受け止め、屋内の暖房で雪を融かし排水する構造になっています。

勾配屋根式

勾配屋根式は一般的な勾配のついている屋根に、横桟(よこざん)とよばれる雪のすべり止め構造を取りつけたものです。通常の屋根にくらべて雪が落ちにくく、自然に溶けるまで屋根の上にのせておくことができます。

なんで雪の多い地域は無落雪屋根を選ぶの?

降雪量が多い地域では無落雪屋根を積極的に採用しています。それは無落雪屋根に多くのメリットがあるからです。

雪下ろしの必要がない

無落雪屋根にする一番のメリットは、雪下ろしの必要がないことです。無落雪屋根でないと落雪の危険性があり、定期的に雪下ろしをする必要があります。雪下ろしは、屋根にのぼって行うことが多く危険が伴います。無落雪屋根は屋根に雪をのせたまま自然に溶かして処理するコンセプトなので、手間がかからず安全に雪を処理することができます。

土地を有効活用できる

雪下ろしが必要な屋根の場合、雪が落ちる場所を開けておく必要があります。このため土地があっても利用できないという不便さがありました。無落雪屋根であれば雪を下す必要がないため、土地を有効に利用することができます。

省エネルギー

屋根の雪を処理する方法には雪下ろしのほかに、屋根に発熱体を取りつけて融雪する方法などがあります。しかしいずれも労力や熱など、何らかのエネルギーを大きく消費する処理方法です。無落雪屋根は融雪の多くを自然のエネルギーに頼っているため、エネルギーの消費を抑えることができます。
      なんで雪の多い地域は無落雪屋根を選ぶの?

無落雪屋根のデメリット

降雪量が多い地域にとって、無落雪屋根は大きなメリットをもっています。しかしそれと同時にデメリットもあり、よく理解しておかなければなりません。

建物にダメージを与えることがある

無落雪屋根では落雪を防ぐかわりに、雪をどんどん積もらせていきます。これにより屋根や建物が耐えられないほどの重さになった場合、建物に被害が出ることがあります。たとえばドアや窓がきしんで開かなくなったり、屋根が陥没したりします。屋根には耐荷重量というものがあるため、あまりに多く降雪した場合は業者に相談するとよいでしょう。

雨漏りの可能性が高くなる

これは無落雪屋根のなかでも、スノーダクト式のものにおこる問題です。スノーダクト式の屋根では屋根の中央から雪どけ水を排水しますが、冬場は排水する部分が凍ってしまうことがあります。排水部が凍ってしまうと水が行き場を失い、雨漏りに繋がります。

太陽光パネルの設置などが難しくなる

無落雪屋根は屋根の向きが特殊なため、通常の太陽光パネルの設置が難しくなってしまいます。無落雪屋根用の太陽光パネルもありますが、通常の太陽光パネルにくらべて割高なことが多いようです。
      無落雪屋根のデメリット

無落雪屋根のメンテナンス方法

デメリットにも挙げた雨漏りなどを防ぐために、定期的に無落雪屋根をメンテナンスする必要があります。
雨漏りを防ぐといっても排水部が凍ってしまう現象は、自然に起きることのため対処することが難しいです。そこで凍結以外で雨漏りを防ぐために、各排水部に木の葉やゴミなどが詰まっていないかチェックしましょう。放っておくと雨漏りの原因にもなりかねないので、1年に1度くらいはメンテナンスするようにしましょう。

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

降雪量が多い地域での雪下ろしは、とても危険で手間のかかる作業です。そんな問題を解決するために無落雪屋根があります。無落雪屋根にはルーフフラット式・スノーダクト式・勾配屋根式の3種類があり、それぞれに雪をうまく処理する工夫があります。無落雪屋根は大きなメリットをもっていますが同時にデメリットもあります。知らず知らずに雨漏りしているということにならないためにも、定期的なメンテナンスが大切です。

屋根工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、くわしくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
27投票,  平均評価値:4.7

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!