生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

雨どいの補修を自分で安全におこなうために!修理に必要な道具も紹介

投稿日:2019-06-26 更新日:2019-06-26

雨どいの補修を自分で安全におこなうために!修理に必要な道具も紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

台風などの影響で、雨どいが壊れてしまうことがあります。雨どいが壊れると、屋根の水がうまく流れず、雨漏りなどのトラブルが起こってしまうこともあります。中にはいち早く雨どいを直すために、自分で修理をおこなう方もいるかもしれません。

しかし、雨どいの補修は高さによっては危険な作業になります。もし作業をする際は安全性に配慮して、正しく補修をするようにしましょう。まずは、当コラムを読んで、雨どいの補修方法について確認してみてはいかがでしょうか。

雨どいの補修を自分でやる前に確認すべきこと

壊れてしまった雨どいは補修をしないと雨漏りが発生したり、外壁にカビやコケが発生してしまうことがあります。それらの被害を出さないためにも、雨どいを補修しなくてはなりません。

雨どいの補修は自分でおこなうこともできますが、状態によっては自分では手を出さずに業者にまかせるべきこともあるのです。では、自分で雨どいの修理をしないほうがよいのはどのような場合なのでしょうか。

雨どいの補修をする際の危険性について

応急処置として自分で雨どいを補修するときは、その危険性について十分に理解しておきましょう。高所の雨どいを直すとなると、転落などの危険をともなうことがあります。高所にある雨どいは、無理に自分で補修をしないようにしましょう。

自分で補修をする場合ははしごを使うことになりますが、場所によっては、はしごも届かない場合があります。足場が必要な高さの場合は、自分では修理せずに業者に依頼してください。

雨どいの補修には保険が適用されることもある

雪や雨などの影響を受けて雨どいが壊れてしまった場合は、保険がおりることがあります。自然災害によって雨どいが壊れた場合は、ぜひ保険をチェックしてみてください。保険が適用できれば、修理の費用を保険金でまかなうこともできるでしょう。

自分で修理をしてしまうと、保険は適応されません。自分で修理をする前に、まずは修理業者に被害状況の調査や見積り作成をおこなってもらい、保険が適用できるかどうかを保険会社に問い合わせてみるのをおすすめします。

雨どいの補修を自分で安全におこなうために!修理に必要な道具も紹介

雨どいの補修を自分でする場合に知っておくべきこと

自分で雨どいの補修をするときに、事前にチェックしておくことがあります。以下のことを確かめてから、安全に作業をするようにしましょう。

安全に作業できるようにしよう

雨どいを補修するときには、必ずはしごが必要になります。雨どいの補修をしたい場所に、はしごをおくことができるかを確認しましょう。足場が不安定な場合、はしごが安定せずに横転するおそれがあるため、非常に危険です。

また、補修しなければならない部分が広範囲にわたる場合は、はしごを移動させるのが大変です。広範囲の雨どいを補修したい場合は無理に自分でおこなわないほうがよいかもしれません。

雨どいの補修を自分で安全におこなうために!修理に必要な道具も紹介

足場が必要かどうか見極めよう

はしごでは届かない、2階や3階以上の高さであるときは業者に依頼するようにしましょう。はしごが使えない場合は足場をつくる必要がありますが、足場をつくるためには専門の技術や資格が必要になります。ただやり方を見ただけで作業できるものではありません。

また、はしごにのぼったときに作業できる高さになっているかも確認をしましょう。もし届いたとしても、手をぎりぎりまで伸ばして作業しなければならない高さになっている場合は、転落の危険が高まってしまいます。余裕をもって作業できない場合は、業者を頼るのがよいでしょう。

上記のように、雨どいの修理には危険をともなうことがあります。素人では、正しく取り付けられないこともあるので、注意が必要です。業者は高度な技術と知識をもっているため安全に雨どいの補修をおこなってくれます。不安な方は、業者に依頼したほうがよいでしょう。

雨どいの補修に使用する道具について

自分で雨どいを直す場合は、どんな道具が必要になるのでしょうか。雨どいの補修に必要なものは以下のとおりです。家にないものは買いそろえるなどしましょう。

42P電動ドライバーセットWJ-306

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

このドライバーは充電をするだけで最長約10時間ももつため、コードがなくても作業をすることができます。また、多くのねじやナットに対応しているため、複数のドライバーを用意する必要がなくなり、作業効率がおおきく上がることでしょう。

スーパー技工替刃式のこぎり塩ピ・アクリル用210㎜プラスチックケース付

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

プラスチックやアクリルを切ることができるノコギリです。雨どいを修理するときも、これを使えば真っすぐに切ることができます。比較的コンパクトなサイズで場所をとらないので、収納もしやすいでしょう。

セメダイン 雨どい用 接着剤P50ml

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

雨どいのひびが入っている箇所などを補修するための接着剤です。雨どい専用で通常よりも水に強い接着剤のため、雨にぬれても接着がとれたりすることはありません。接着剤を塗ってから固定するまでの時間も約30分と比較的短く、約3時間で完全に接着します。

ニトムズ 雨どい補修テープ 40mm×2m M512

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

この商品は、凹凸がある部分でもしっかり密着するため雨どいにできた隙間などにも使用することができます。穴をふさぎたいところに貼るだけなので、作業に慣れていない方でも簡単に取り扱うことができるでしょう。

長谷川工業 脚部伸縮式脚立

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

高さを調節できるはしごなので、雨どいの高さにあわせて調節することができます。最高192センチメートルまで高くできるため、多目的に適している商品です。

バクマ 六角L型バール 19×900mm

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

部品の付け替えのためにくぎ抜きをする際には、バールを使用します。ものによって重さが違いますが、この商品は比較的軽いバールです。高所のところでも、軽いバールなら力がさほどいらないため作業しやすい商品になります。

雨どいの大幅な補修が必要な場合は業者へ依頼を

自分で雨どいの補修ができるのは、一部のヒビの接着や金具のゆるみなどが主になります。補修を自分でできないときには、業者に依頼するようにしましょう。

こんな場合は業者へ

高い場所にある雨どいを修理するのは、転落の危険性があるためおすすめできません。2階以上の建物の雨どいを修理するときには、業者に依頼するようにしましょう。

また、雨どいの損傷が激しいときには大規模な工事になり兼ねません。大規模の工事が必要な場合は、雨どいの設置技術が必要になります。素人が雨どいをつけると設置が甘く、落下することもあるため危険です。雨どいが折れ曲がっているなどして本格的な工事が必要な場合も、業者に依頼するようにしましょう。

かかる費用の目安や業者の選び方

雨どいの補修を依頼するときにかかる修理費用は業者によって設定金額が異なりますが、だいたいの相場は決まっています。1メートルほどの雨どいの交換や、雨どい同士をつなぐ継手の補修をおこなう場合は、5,000円~20,000円ほどの費用がかかります。また、高所での作業になるため、足場の設置費用が追加でかかることもあるでしょう。

雨どい全体の交換など修理の程度が広いときは、150,000円~500,000円ほどの費用になります。これらの料金はあくまで目安であり、実際は雨どいの壊れ具合や工事の規模によって見積りの内容は変わってきます。具体的な料金に関しては業者に問い合わせて確認をとりましょう。

また、業者によっては、雨どいにたまったゴミの処理もしてくれます。落ち葉などが溜まっていると水の流れが悪くなったり、雨どいに負荷がかかってしまうこともあります。雨どいのゴミ処理などもしてほしい場合は、業者を選ぶときに対応してくれるか確認しておくとよいでしょう。

雨どいの補修を自分で安全におこなうために!修理に必要な道具も紹介

まとめ

雨どいは少しのヒビやねじ締めなどであれば、自分で修理することができます。自分で雨どいを直す前には、補修できる高さであるかなど、安全性をしっかりと確認しておきましょう。自分で補修をおこなう場合は、電動ドライバーや専用の接着剤などがあると便利です。

しかし、雨どいの補修はどうしても高所で転落などの危険をともなう作業になります。もし自分で雨どいを補修するのが難しいときには、業者に依頼することをおすすめします。気になる方は、見積り等を問い合わせてみてはいかがでしょうか。

屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-06-26 17:23:35
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_roof/148518/
外壁・屋根
台風などの影響で、雨どいが壊れてしまうことがあります。雨どいが壊れると、屋根の水がうまく流れず、雨漏りなどのトラブルが起こってしまうこともあります。中にはいち早く雨どいを直すために、自分で修理をおこなう方もいるかもしれません。しかし、雨どいの補修は高さによっては危険な作業になります。もし作業をする際は安全性に配慮して、正しく補修をするようにしましょう。まずは、当コラムを読んで、雨どいの補修方法につ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

屋根工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!