生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

スレート屋根が剥がれたときの対処法を紹介。費用が抑えられることも

投稿日:2019-06-26 更新日:2019-06-26

スレート屋根が剥がれたときの対処法を紹介。費用が抑えられることも

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

屋根を覆うための建築資材で、欠かせないのがスレートです。それは耐火性・耐熱性に優れ、加えて安価であることが理由と考えられます。また、デザイン性にも優れているため、多くの家で使用されているようです。しかし、メンテナンスを怠るとスレート屋根は剥がれたりします。

この記事では、スレート屋根が剥がれる原因と対処法、ほかの屋根材にはどのようなものがあるのかをご紹介いたします。さらに、補修を業者に依頼する際の業者選択のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スレート屋根に起こる「剥がれ」は2種類ある。それぞれの原因とは

スレート屋根の剥がれ方には2種類あり、それぞれ原因が異なります。剥がれ方によって対処すべき方法も異なるので、下記を参考にご自宅のスレート屋根がどのような剥がれ方をしているか確認してみましょう。

端からボロボロと剥がれてくる

端からボロボロと剥がれてくるのは、塗装が剥がれることによるものと、塗膜の効果がなくなり劣化が早まったことが考えられます。

また、台風などによりアンテナが倒れたり、固いものが飛んできたりすることも原因のひとつです。その拍子にスレート屋根の表面が割れ、スレート板そのものが傷んでボロボロになってしまうということもあります。

このように剥がれている箇所があるようなら、そのままにせず修理したほうがよいでしょう。部分的な剥がれであれば、塗装で修理することもできます。しかし、剥がれている部分がひどい・多いようなら、葺き替えやカバー工法で修理するのがおすすめです。

端が剥がれ落ちる

スレート屋根に起こる「剥がれ」は2種類ある。それぞれの原因とは

端から剥がれ落ちるのは、打ち込んである釘がゆるんでいたり、長年雨風や太陽の熱にさらされたりすることによるダメージの蓄積が原因となるようです。ダメージの蓄積で浮いたところから台風などの強風にあおられたり、飛んできたものがぶつかったりした拍子に剥がれてしまうようです。

また、スレート屋根はもともと薄さや軽さを重視してつくられているため、割れやすくなっています。割れた部分から剥がれ落ちるおそれもあるので、割れ目やひびがないかも見ておくとよいでしょう。

定期的にメンテナンスをおこない、スレートの傷みを早めに発見できれば、先ほどと同じように屋根材を新しくしたり、カバー工法で覆うなどの対策がとれます。

スレート屋根の補修方法と費用相場

定期的にメンテナンスをおこなっていても、経年劣化したスレート屋根は元には戻りません。しかし、雨漏りなどの被害が出る前に、対策をとることは可能です。そこで、スレート屋根が剥がれ落ちてしまったときの補修方法と、業者に依頼した際の費用の相場をお教えいたします。

剥がれ落ちた欠片をくっつける

剥がれ落ちた欠片が残っていたら、再度くっつけて補修しましょう。剥がれた部分が小さい場合は、シーリングで埋めるのもひとつの方法です。欠片をくっつけて剥がれた部分を埋める程度なら、それほど難しい作業ではなく、費用も5千円~8千円程度になります。

ただし、この作業はあくまでも応急処置です。何年か経ったころ、補修した場所からまた劣化するおそれもあるので、解決策を考えておくことをおすすめします。そして、その解決策になるのが以下の2つの工法でもあります。

スレート屋根の補修方法と費用相場

カバー工法

もとからある屋根材を撤去することなく、その上から新しい屋根材を被せて修理するのがカバー工法になります。傷んだ箇所があっても、屋根が二重になるので断熱や防音の効果が期待できます。

しかし、屋根が重くなる分耐震性は落ち、雨漏りが起こったときは古い屋根材の状態が見えないので、原因となる場所の発見が難しいです。また、屋根が二重になることで重量が増えるため、利用できる屋根材が限られてきます。

費用は屋根材・防水シート代・足場代などを含めて、30坪で約80万円~120万円が相場となるようです。屋根の大きさや傷み具合によって費用は異なりますが、既存の屋根を撤去する必要がないので、葺き替えに比べて費用は安くなり工期も短くなります。

葺き替え

葺き替えとは、既存の屋根を撤去して新しい屋根材に替える施工方法です。屋根材だけではなく、その下地となる防水シートや野地板もまとめて取り替えるため、機能面はすべて新しくなります。

屋根材は何を選んでも構わないので、既存の屋根と同じスレートにもできますし、スレートにしても重量は増えないので耐震性は変わりません。軽い屋根材に葺き替えれば耐震性を高めることも可能です。

費用は屋根材・防水シート代・野地板・足場代などを含めて、30坪で約60万円~200万円が相場となるようです。屋根の大きさや葺き替える屋根材の種類によって、費用は異なります。既存の屋根の撤去費用がかかる分、カバー工法に比べてやや高くなり、工期も長くなります。

補修費用が抑えられることがある

屋根の工事は必ず高所作業になります。そのため、足場代が必要になることがほとんどで、カバー工法や葺き替えの費用は決して安くはありません。しかし、じつは補修費用を抑えられる方法があるのです。それが火災保険です。

スレート屋根が剥がれた原因が人為的なものの場合は、火災保険の適用はできません。しかし、直接的な原因が強風や積雪などの自然災害であれば、火災保険の適用対象である可能性があります。

火災保険には、火災の他にも風災・雪災・雹災など、さまざまな補償がついています。屋根修理の場合、対象となるのは風災が多いでしょう。台風はもちろん、春一番やつむじ風などの強風でも風災の対象となるようです。契約内容や適用条件など詳しく知りたい方は、一度保険会社へ連絡してみるとよいでしょう。

スレート屋根から他の屋根材にするなら

スレート屋根が剥がれたからといって、屋根を新しくするなら同じ屋根材にしなくても構いません。では、ほかにはどのような屋根材があるのでしょうか。2種類の屋根材について詳しくご紹介いたします。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、屋根材のほかに外壁材としても使用されることもあり、建材として人気の高いものです。

アルミニウム・亜鉛・シリコンが含まれているため、それぞれの特性をあわせ持っていて、金属であるにも関わらず錆びにくく、耐久性・耐熱性が高いのが特徴です。また、薄くて軽いため耐震性も高いです。

しかし、機能性は高くともデリケートな建材のため、設置するときやメンテナンスの費用が高めです。そして注意していただきたいのは、錆びにくいというだけで、決して錆びないわけではないということです。選ぶ種類やメーカーによって頻度は異なりますが、機能性の高い屋根材であってもメンテナンスはしっかりとおこないましょう。

アスファルトシングル

スレート屋根から他の屋根材にするなら

アスファルトシングルは、海外で一般的に使用されている屋根材で、シングル材とも呼ばれています。

アスファルトをガラス繊維にコーティングしたシート状の屋根材で、表面を石粒や砂粒で覆っており傷がつきにくくなっています。仕上げ材には防水シートが使用されていて、防水性にも優れています。また、軽くて柔らかいため、錆びたり割れたりする心配もなく、耐震性も高いです。

ただし、シート状であるがゆえに雨水が溜まらないような角度が必要で、勾配のゆるい屋根への使用は不向きです。そして、断熱性は低く風に弱いというデメリットもあります。設置のときには接着剤を用いるので、接着力が弱いと剥がれてしまうおそれがあるのです。

さらに、日本ではあまり広く使用されていないため、施工可能な業者が限られます。アスファルトシングルの屋根にしたいときは、取り扱いのある業者を探すのが大変かもしれません。

スレート屋根の補修を依頼する業者を選ぶポイント

スレート屋根が剥がれる原因や補修方法などをご紹介してきました。実際に業者に補修を依頼する場合、業者選びのポイントがわからないという方もいるでしょう。知っておきたい2つのポイントをまとめました。

施工実績や保有資格

スレート屋根の補修を依頼する業者を選ぶポイント

ほかの施工でもそうですが、より多くの経験を積んでいたほうが臨機応変な対応が可能です。屋根修理の経験はもちろん、スレート屋根の剥がれ方は現場ごとに異なります。さまざまなパターンの剥がれ方を補修した、実績のある業者を選びましょう。

また、作業員の保有資格も見ておくとよいでしょう。屋根工事をすること自体に、資格は必要ありません。しかし、スレート屋根の場合はスレート施工技能検定など、技能があることを証明できる資格が必要になります。

そのため、資格を保有している業者は、資格を得るだけの勉強をし、経験を積んでいることの証明になるため、安心して施工を任せることができるでしょう。

見積りの内容

見積り内容は、作業内容に詳しくない人でも理解できるようなものを提示できる業者がよいでしょう。内訳が明確であることはもちろん、費用を抑えられる点はないかなどの相談に乗ってくれる業者をおすすめします。

屋根材のメリット・デメリットや種類の違いによる費用の差は、依頼者が知らない場合が多いはずです。そのような点まで説明して見積りを出す業者を選択できれば、失敗はないでしょう。

まとめ

スレート屋根が剥がれ落ちそうと不安に思っていても、原因がわからなければ対処のしようがありません。剥がれた原因は塗装が剥がれたことによるものと、ダメージの蓄積などによるものの2種類があります。それらを防ぐためには、定期的なメンテナンスが必要です。

しかし、メンテナンスをおこなっていても、いずれは傷んでしまうものです。小さな傷みの補修ならシーリングなどで補修することもできます。損傷がひどいようなら、カバー工法・葺き替えなどで修理してしまいましょう。ただ、屋根修理は高所作業になり、素人がおこなうには危険です。

しかし、業者に依頼するのは安全で確実ではありますが、費用は高くつきます。火災保険をうまく使って賢く直しましょう。どうせ頼むなら失敗しない業者選びをしたいですよね。施工実績な見積りなどをよく確認し、納得のいく業者に依頼しましょう。

屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。


この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-06-26 12:17:18
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_roof/148352/
外壁・屋根
屋根を覆うための建築資材で、欠かせないのがスレートです。それは耐火性・耐熱性に優れ、加えて安価であることが理由と考えられます。また、デザイン性にも優れているため、多くの家で使用されているようです。しかし、メンテナンスを怠るとスレート屋根は剥がれたりします。この記事では、スレート屋根が剥がれる原因と対処法、ほかの屋根材にはどのようなものがあるのかをご紹介いたします。さらに、補修を業者に依頼する際の業...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

屋根工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!