生活110番辞典 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

錆止めをDIYで解決!覚えておきたい錆止め塗料の種類とDIYの手順

2018-09-04

錆止めをDIYで解決!覚えておきたい錆止め塗料の種類とDIYの手順

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

外壁塗装の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

屋根は屋根材が、外壁は外壁材が覆っています。金属はそのどちらにも利用されています。
金属といいますと、心配されるのが錆の発生です。錆びついた金属は見た目が悪くなるだけでなく、耐久力も低下します。そのままでは腐食した金属の合間を縫って水が入り込み、家の至る所が湿ってしまうでしょう。
そこで頼りになるのが錆止めの塗料です。あまり馴染みがないかもしれませんが、錆止めを有効活用すれば腐食を防ぐことが期待できます。どのような錆止めがあるのか、どのように施工すればいいのか。それらを見ていきましょう。

外壁塗装のおすすめサービス

錆を抑えるには? 錆止め塗料は効果があるの?

錆を抑える方法はいくつかあります。錆止め以外にも方法はあるので、まずはそれらを確認していきましょう。

酸洗処理

文字通り、酸を用いて金属を洗う方法です。対象の金属を酸に漬けることで、表面の酸化物を落とすことができます。錆を落とす以外には、メッキ処理の下準備でも行います。
用いる酸は、塩酸・硫酸・リン酸などがあります。

錆を抑えるには? 錆止め塗料は効果があるの?

酸素と水を遮断する

そもそも錆が発生する原因として、酸素と水の存在が挙げられます。通常の金属は安定した状態ですが、表面に水が付着すると金属はイオン化します。その後、イオンが酸素と結びつくことで錆になります。錆を放置することでデコボコになり、表面積が増すのでさらに錆が進行します。
塗料が金属を覆っているうちは酸素と水に触れませんが、劣化してはがれれば効果が弱くなります。

錆止めを塗る

錆止めを塗ることで錆の発生を食い止めます。錆止めには防錆効果を持つ顔料が含まれているので、見た目を補完してくれるというだけでなく錆に対する強さも変わります。
ただし、あくまで錆止めは発生を食い止める塗料です。既に発生した錆に対しては無力なので、塗装する前には錆を落とさなければいけません。

錆を抑えるには? 錆止め塗料は効果があるの?

錆止めの種類と色について

そもそも錆止めとは、金属の表面に膜を作り、錆を引き起こす水や酸素を遮断する塗料のことを指します。通常の塗料にも似たような効果がありますが、錆止めは錆の抑制に特化している塗料と言えます。

そして、一口に錆止めと言ってもいくつかの種類があります。かつては鉛系やクロム系が中心でしたが、現在は安全性の観点から少なっているようです。ここでは、現在主流の代表的な錆止めの種類を見ていきます。

油性系

錆止めの種類と色について

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

塗装した膜が厚くなるので、防錆効果が高いという特徴があります。
その反面、膜の内部の乾燥が遅いので、仕上がりに影響しやすいので塗装には技術が必要と言えます。また、亜鉛メッキの面に塗装すると付着力が低下するという欠点もあるため知識も必要です。そのため、後述する2つの錆止めと比較すると使われることは少ないようです。

合成樹脂系

錆止めの種類と色について

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

油性系と比較すると膜は薄いですが、乾燥が早く仕上がりがきれいです。付着性・防食性・耐久性などが優れているので、バランスのよい錆止めと言えます。

エポキシ樹脂系

錆止めの種類と色について

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

現在最も使用されている錆止めと言われています。薬品や水にも強く、新築物件や塗替えの際にも広く利用されています。
ただし、下地のケレン(事前の錆落としや汚れ落とし、必要に応じて傷を付ける作業)の程度によっては効果が大きく上下することがあるようです。その施工は業者に任せるのがよいでしょう。

錆止めの効果はどうやって上げる?素材に合った選択を!

エポキシ樹脂系のように錆止めも進化していますが、ただ塗ればいいという単純な作業ではありません。その施工品質次第で、防錆効果は上がりも下がりもします。錆止めを塗る際には何に気をつけなければいけないのでしょうか。

ケレンを行う

錆止めを塗る前にはケレンが欠かせません。軽度な錆なら市販の薬剤で軽く洗浄する程度ですが、重度の錆ではやすりや電動ブラシ、酸による洗浄などを行います。また、塗料の付着性を上げるためにわざと傷を付けるという技術もあります。
この工程での作業が不十分な場合、ほんの数ヶ月で塗料がはがれることもあるので非常に重要な作業です。

錆止めの効果はどうやって上げる?素材に合った選択を!

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

上塗りする

実は、錆止めは全般的に紫外線に弱いという欠点があります。そのため、錆止めだけでは長期間錆を防ぐのは難しいです。そこで必要なのが上塗りです。耐候性の高い塗料を重ねて塗ることで錆止めは落ちにくくなります。

タイミングを見計らう

錆止めの効果は永久に続くことはありません。
屋外なら3~4年、屋内なら5~6年程度で塗り替えるのが目安です。
タイミングがわからない場合は、塗装面を指で触ってみましょう。手に劣化した顔料が付着した場合、「チョーキング現象」が発生していると思われます。業者に見てもらうことをおすすめします。

最適な塗料を選ぶ

代表的な3つの錆止めをご紹介しましたが、さらに細分化することもできます。種類が多く、素人の方では何を選ぶべきか判断がつかないかもしれません。
錆止めの選択は、素地や施工場所によって適切なものが異なります。同時に、上塗りする塗料の種類の相性も考えなければいけません。

錆止め塗料の塗り方のコツと注意するポイント

錆止めは基本的に以下の手順で塗装します。もしもDIYでの錆止め塗装をお考えでしたら参考にしてみてください。

1.ケレン作業
まずは塗装の下地を整えます。やすりやブラシなどを用いて錆を落としていきます。手間のかかる作業ですが、錆止めの効果を十分に発揮するには手を抜くことができません。

錆止め塗料の塗り方のコツと注意するポイント

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

2.マスキング
施工する場所を囲うように養生シートを張ります。そうすることで、余分な場所に塗料が広がることを防ぎます。

3.塗装
錆止め、中塗り、上塗りを塗っていきます。屋根の上での施工は高所作業になるので、落下しないように気をつけなければいけません。

錆止め塗料の塗り方のコツと注意するポイント

上記のような3つの手順が錆止めの塗装です。
何より気をつけたいのは、「ケレン作業を怠らない」「身の安全を考える」「重ね塗りする」の3つです。その3つに気をつければ、素人作業でもある程度の防錆効果が期待できるかもしれません。

外壁塗装のおすすめサービス

まとめ

意外と知られていない錆止めについてご紹介しました。錆にお悩みの方の力になれば幸いです。
何度も言うようにケレン作業がとても大切です。塗装のプロであれば、塗料の選択・塗装はもちろん、ケレン作業も丁寧に行います。塗料が少しでも高い効果を発揮するためにも、施工はご依頼されることをおすすめいたします。

外壁塗装を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「外壁塗装」をご覧ください。

弊社調べの最安値 3,500円~/㎡

弊社調べの最安値 3,500円~/㎡

外壁塗装のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

外壁塗装の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-09-04 12:43:48
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_owp/7554/
外壁・屋根

シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 外壁塗装

おすすめ記事

外壁塗装のお問い合わせ・ご相談はこちら

外壁塗装についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986