生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装ではトラブルがつきもの?どうすれば発生を防げるのか

更新日:2021-04-30

外壁塗装ではトラブルがつきもの?どうすれば発生を防げるのか

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

外壁塗装時に近隣住民からのクレームや施工業者とのトラブルが後を絶ちません。
業者とのトラブルであれば2者間だけの問題ですが、近隣住民とのトラブルになると、すぐに引っ越せるわけでもなく今後の生活に影響をおよぼしかねません。
トラブルは、いつどのようなかたちで自分の身に降りかかってくるのかもわかりませんので、事前の心構えをしておくことが適切な対処につながります。

そこで今回は、実際にどのようなトラブルがあり、また起こり得るのかを対策とともにご紹介していきます。
外壁塗装工事を控えている方や検討している方は必見です。

見た目がイメージどおりに仕上がらなかった

外壁塗装のトラブルとして最も多い事例です。心当たりのある方もいるのではないでしょうか。

外壁塗装工事の契約時には、見本帳と呼ばれる塗料の色見本がズラっと乗った資料を見ながら外壁の色を選びます。数ある中から「この色が良い!」と選び、完成を楽しみに待っていたのに、実際仕上がってみると見本と全くイメージが違う……。

見本帳は、その色の周りが白いため見本の色が濃く見えます。また、見本が小さいのでこれまた濃く見えます。同じ色でも、塗られている面積によって見え方が異なるのです。そのため実際に外壁に使ってみると、イメージと色が違う、ということが起こるのです。

【対処法】

色の見本帳はサイズも小さく、また見本の周りの台紙の色にも左右されてしまいます。そのため、外壁の色を決めるときは、試し塗りをしてもらったり、カラーシュミレーションをしてもらうとイメージがしやすくていいでしょう。
この他には、ベニヤ板に試し塗りをしたものや、イメージ色をA4サイズの紙で出力したものを、太陽光の下で確認するのもおすすめです。
      見た目がイメージどおりに仕上がらなかった

すぐに塗装の剥がれやサビが現れた

外壁塗装のトラブルで次に多い事例です。

外壁塗装工事から1年経っていないにもかかわらず、塗装がはがれてしまったり、表面にサビが出てくるなどのトラブルがあります。

これらの原因として考えられるのは、下地調整がきちんとされなかった点にあります。
通常、外壁塗装には「ケレン」と呼ばれる作業工程があります。ケレンは鉄部、木部に塗料を密着させるため塗装面を削ったり、元々の塗膜の浮きや剥がれを取り除き、サビ取りをする下地調整のことです。安価な業者に依頼すると、このケレンを省いて人件費を削減したり、規定量の材料を使用せずに材料費を抑えたりするので、このようなトラブルが起こります。

【対処法】

ケレンは非常に重要な工程で、塗装の基本ともいわれます。
住宅を塗装する場合は、見積もり内容にケレンが入っているかどうかをしっかりと確認しましょう。
さらに塗装工事中は、ケレンが終わった後や各工程後の状態を写真に残してもらうとより安心できます。
      すぐに塗装の剥がれやサビが現れた

高額な追加費用を請求された

外壁塗装のトラブルでときどきある恐ろしいケースです。

外壁塗装工事を行う会社によっては、外壁塗装パックなどといった商品で最初は安く工事を請け負います。その後あれが必要、これも必要と追加料金が発生し、最終的には高額になっているという手法を使うところがあります。

【対処法】

まずは現地調査をしっかりしてもらうことが大切です。そして、その際は必ず立ち会うようにしましょう。あとから不具合を指摘されて追加料金を徴収されるのを防ぐためです。もし立ち会っても請求された場合は、ご自身の目で見た情報も判断のポイントになるからです。

また、契約時にはこれ以上追加料金はかからないかどうかという最終確認をしましょう。追加料金がかかる場合は、どのようなケースでいくらかかるのかを事前に聞いて書面に残しておくといいです。

ご近所から苦情が来た

外壁塗装のトラブルで第三者を含んだ事例の中で多いケースです。
外壁塗装工事では、ご自身と塗装会社間だけの問題ではなく、近隣の住民へも配慮が必要になってきます。

【トラブル事例】

・工事前の事前挨拶がない
・足場から泥棒が入るか心配
・作業音がうるさい
・塗料の臭いが気になる
・塗料、水が飛んできた
・業者の車が邪魔
  など

【対処法】

工事前の近隣への挨拶は、一般的に業者が行いますが、施工主が直接言ったほうが印象もよく、クレームにつながることを防ぎます。事前あいさつで伝えることは、工事開始日と終了日で大丈夫です。

また、日曜、祝日に作業を行う際は、必ず事前に近隣へ連絡をしてもらうように言っておきましょう。
工事期間中は、業者の車はなるべく邪魔にならないように気を配り、近隣住民に会った際は「ご迷惑をおかけしております」と一言挨拶を交わすといいでしょう。
      ご近所から苦情が来た

その他、こんなトラブルも

外壁塗装時のトラブルには他にもさまざまな事例があります。
簡単にご紹介していきますので、外壁塗装工事を控えている方は参考にしてみてください。

・塗料の臭いが原因の体調不良(頭痛、めまい、吐き気など)

・雨どいの金具が塗装されていない

・塗り残しがある

・庭の植木に塗料が付着していた/停めてあった車に塗料が付着していた

・工事後すぐに足場が撤去されない

・塗料が流れてしま模様になっている

・刷毛の跡、ローラー跡が残っている

・時間が経過しても塗膜が乾かない

・期限内に工事が終わらない  など

まとめ

外壁塗装工事はどの建物も同じように、避けられない工事です。
適切な塗装業者を選ぶことも大切ですが、第三者を含むトラブルが発生すると、工事後の居心地が悪くなってしまうおそれがあります。
外壁塗装時のトラブルを防ぐためにも事前に心構えをしておくことが大切です。

外壁塗装を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「外壁塗装」をご覧ください。

家の壁を新築のようにキレイに
受付後、最短1日でマッチング
※対応エリアや加盟店によって変わります
ひび割れなどの壁の劣化が目立つと、家が古く見えてしまいます。汚れた外壁を塗り直し、新築のようによみがえらせてみませんか?もちろんメーカー保証もついているので安心です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
現地調査はもちろん無料。調査後のキャンセルも代行いたします。
外壁塗装 平米 3,900円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

外壁・屋根 外壁塗装

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!