生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根塗装では『縁切り』が欠かせない?その理由と施工方法とは

更新日:2021-04-30

屋根塗装では『縁切り』が欠かせない?その理由と施工方法とは

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

屋根塗装では「縁切り」という作業が行われることをご存じでしょうか?縁切りは屋根の耐久にも関わる作業なので、塗装前には知っておきたい作業です。この記事では縁切りとは何か、その方法や、縁切りをしないリスクなどを紹介します。

縁切りとは?

「縁切り」は「えんきり」と読み、屋根を塗装する上では重要性の高い作業です。縁切りとは、屋根塗装を施工する際に隙間を埋めないように専用の道具で隙間をもとに戻す作業のことです。

本来屋根は、1枚1枚が重なりあった状態で「屋根」としての役割が担っています。この重なりあった部分はちょっとした隙間があり、雨水を下に運ぶことや通気性を良くする役割があります。

しかし、屋根塗装をすると塗料が隙間を塞いでしまいます。隙間が埋まったままの状態だと屋根の地盤が腐りやすくなり、室内への雨漏りの原因となってしまうことがあります。

このため、ほとんどの屋根塗装では、縁切りが必要不可欠な作業となっています。では、どのような方法で縁切りが行われるのでしょうか?
      縁切りとは?

縁切りの方法

屋根塗装の縁切りを行うにあたって、施工方法は「カッターを使う方法」と「タスペーサーを使う方法」の2通りが挙げられます。この章ではそれぞれの方法の特徴を紹介します。

カッターを使う方法

カッターで縁切りをする方法は従来の縁切り作業として行われていました。しかし、カッターを用いた作業では以下の問題点が挙げられます。

●何百枚の屋根材にカッターを切らなければいけないので、作業に時間と手間がかかる。
●時間がかかることで、依頼者のコストが上がることにつながる。
●屋根塗装の際に仕上げた塗装を傷つけ、屋根を汚してしまうおそれがある。

このように多くの問題点が考えられるので、ほとんどの業者ではこの方法はあまり採用されていません。
      縁切りの方法

タスペーサーを使う方法

「タスペーサー」とは、屋根塗装の下塗りが完了した時点で屋根と屋根の間に入れて使うものです。タスペーサーを挿入することによって隙間を簡単に確保することができるので、カッターによる縁切り作業をする必要がなくなります。

それに加えて以下のようなメリットが挙げられます。

●きれいに塗装した屋根を汚すことがない。
●カッターによる縁切りよりもタスペーサーを挿入することの方が時間短縮につながる。
●時間短縮ができることにより、人件費という一番のコストも抑えられる。

このように、カッターを使うよりもいくつものメリットが挙げられるので、多くの業者でタスペーサーを用いた縁切りが行われています。ただし、隙間が4mm以上ある屋根はタスペーサーの必要がありません。

4mm以上の隙間がある屋根では、タスペーサー自体を挿入しても落ちてきてしまうからです。

縁切りをしないリスク

屋根と屋根の重なり部分には、雨が降った時に屋根の内部に雨水が留まらず、流れでてくるような仕組みになっています。しかし、屋根塗装で縁切りをしないことにより、屋根が重なり合った部分に雨水が溜まってしまいます。

水分が溜まってしまうと屋根の下地が腐ってしまいます。また、雨漏りが発生してしまい、屋根内部にまで被害がでてしまいます。

ほかにも、縁切りをしないことによって通気性が失われます。水分と湿気がこもり、劣化もどんどん加速します。

縁切りが必要ないケースも

前章では縁切りをしないことによって生じるリスクを紹介しましたが、屋根塗装の際に縁切りが必要ないケースもあります。以下の場合では縁切りが必要ありませんので、参考にご覧下さい。

●新築してから初めて塗装をする場合
基本的に住宅を新築してから初めての塗り替え工事の場合、塗装した後でも隙間が十分にあるので通気性が失われることはないため、必要なしと覚えておくといいでしょう。

●屋根の素材が塗り替え不要の場合
屋根の素材が塗り替え不要の場合、縁切りは必要ありません。瓦の間にしっかりと隙間があるのでスムーズに水を排出することが可能だからです。

●屋根の勾配が急な場合
五寸以上の急な勾配の屋根場合は、水が流れ出ていきやすい特徴があります。水はけが良いという面で考えても縁切りの必要はありません。
      縁切りが必要ないケースも

まとめ

いかがでしたか?屋根塗装の際は縁入りが重要だということがおわかりいただけたかと思います。ほとんどの屋根は縁切りが行われていないと、雨漏りや通気性が失われ、腐敗の原因となるのでしっかりと行うようにしましょう。

しかし、縁切りは今後の重要性が関わる重要な作業であるにも関わらず、塗装業者によっては作業自体をしないケースが過去にいくつかありました。

業者に依頼する側は「縁切り」という専門用語については理解していない方が多いので、それを逆手にとり、縁切りを確認しない業者がいます。ほかにも、縁切りについて確認した際に「この屋根に縁切りは必要ない」と言って手抜き作業をする業者もいますので注意しましょう。

また、生活110番が管理している外壁塗装会社は信頼できる会社を厳選したものばかりですので、ご安心してご相談いただけます。お困りの方は気軽にお電話ください。

外壁塗装を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「外壁塗装」をご覧ください。

家の壁を新築のようにキレイに
受付後、最短1日でマッチング
※対応エリアや加盟店によって変わります
ひび割れなどの壁の劣化が目立つと、家が古く見えてしまいます。汚れた外壁を塗り直し、新築のようによみがえらせてみませんか?もちろんメーカー保証もついているので安心です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
現地調査はもちろん無料。調査後のキャンセルも代行いたします。
外壁塗装 平米 3,900円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

外壁・屋根 外壁塗装

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!