生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイディングの塗装はすぐに必要?塗装をして劣化を修復しよう

投稿日:2017-10-30 更新日:2018-11-13

サイディングの塗装はすぐに必要?塗装をして劣化を修復しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

サイディングとは、外壁素材の一種のことです。建物の骨格に合わせて順番に張ることができ、施工期間が短くまた費用が少なく済むことがメリットとして挙げられます。

しかし、雨風や太陽の日差しを常に受ける外壁ですので、当然劣化も起こります。メンテナンスを怠るとひび割れや色褪せが起き、外観が悪くなってしまいます。

今回は、今注目を浴びているサイディング塗装の種類や特徴についてご紹介します。

サイディングはどれぐらいで劣化するの?

ひと昔前まで主流だったモルタルに代わり、現在はサイディングが人気となっています。施工のしやすさや費用面、種類が豊富なことが人気の理由で、例えば窯業系サイディングや金属系、木質系、樹脂系などがあります。しかしサイディングにもモルタルと同様耐用年数が存在するため、塗装などのメンテナンスを行うことによって性能を維持していく必要があります。

サイディングの塗装メンテナンスが必要になる時期は種類によって違います。サイディングの寿命について、窯業系サイディングであれば7~10年、金属系サイディングなら10~15年、木質系であれば10年前後、樹脂系であれば10~20年というのが一般的に考えられています。

サイディングの塗装を直さず放置しておくと、雨などの影響により建物に被害が出ることがあります。ではどのような劣化が起こるのでしょうか。

サイディングの劣化としては4点挙げられます。
・カビや藻の発生
・シーリングの劣化
・サイディングボードの劣化
・チョーキング(触って白い粉がついたら、防水効果がなくなったサインです)
・ひび割れや剥がれ

窯業系・金属系・木質系・樹脂系と種類が豊富なサイディングではありますが、劣化した場合は放置せずにきちんと修理することが必要です。
      サイディングはどれぐらいで劣化するの?

サイディングの外壁をリフォームする方法

サイディングの外壁をリフォームする方法もいくつかあり、それぞれメリットやデメリットがあります。それぞれ確認してみましょう。

張り替える

サイディングを張り替える場合は、2種類の方法があります。
①もともとあるサイディングを一度はがして、新しいものを張る
②もともとあるサイディングの上に重ねて新しいものを張る

上記に挙げた2種類の方法はサイディングのリフォーム方法の中でも最もコストがかかる手法です。また、ここで注意していただきたいことは、既存のサイディングに新しいものを重ねて張ると、既存の部分が反り返ってしまうというリスクがあります。

上塗りする

サイディングの塗装をし直すという一般的な手法です。もともとのサイディングのデザインを活かしたいという方はクリア塗装という手法もあります。これは透明の塗料で塗装をすることで、デザインをそのまま活かしつつ、耐久性や防水性を復活させることができる手法です。

一方、サイディングの色に飽きてしまったため、リフォームのタイミングで色を変えたいという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、もともとのサイディングの色によっては相性の悪いものもあります。時間が経つにつれて、もともとの色が浮き出てくることもあるため注意が必要です。

シーリングのみリフォームする

シーリングとはサイディングボードのつなぎ目のことを指しますが、紫外線や雨、風などの外的要因の影響を受けやすい素材で作られているため、非常に劣化しやすい部分であるといえます。シーリングについてはリフォーム方法が2種類あります。
①もともとあるシーリングを取り除き、新しく打つ
②もともとあるシーリングの上から補修しながら新しく打つ
シーリングの部分も非常に大切で、ここを放置しておくとひび割れの原因にもなります。
                サイディングの外壁をリフォームする方法<

サイディングの塗装の種類

外壁サイディングは半永久的に綺麗な状態で保たれるものではなく、当然劣化も生じるため、再塗装が必要です。

サイディングの種類選びと同じくらい大切なものに塗料選びがあります。塗料によっても塗装の仕方が変わってきます。サイディングの塗料の種類には以下の4種類があります。

光触媒

光触媒塗料は太陽の光で汚れを分解し浮かせることができ、雨や水で汚れを洗い流すことができる便利な塗料です。

自然の力だけで汚れを落とすことができ、次世代塗料として注目を浴びている塗料です。光触媒塗料は、汚れが付きにくいという点以外にも耐用年数が長いという利点もあります。一般的に耐用年数は約20年といわれています。

フッ素

フッ素塗料は塗料の耐久性を決める合成樹脂に、ホタル石を原料としたフッ素樹脂を使った塗料です。フッ素塗料の特徴としては以下の利点が挙げられます。

・汚れをはじきやすい
・熱に強い
・カビや藻を防ぐ
・酸性雨に強い
・紫外線に強い
・耐用年数が長い
 

一方で欠点としては価格が高いという点が挙げられるため、なかなか一般家庭には普及していないのが現状です。

シリコン

シリコン塗料とは、主成分である合成樹脂がシリコン系樹脂でできた塗料のことです。シリコン塗料には水性または油性があり用途に応じて使い分けられます。一般的にシリコン塗料の耐用年数は8~15年です。

シリコン塗料のメリットとしては以下が挙げられます。
・品質は良いが費用は手頃 
アクリル、ウレタンの次に価格の安い塗料がこのシリコン塗料ですが、ウレタンに比べて耐用年数が1.5倍と長持ちします。
・光沢感があり上品な質に仕上がる 
光沢が長持ちし、色あせしにくい塗料なので、オシャレな外観に仕上がります。

デメリットとしては、
・ほかの塗料よりもひび割れが起こりやすい 
という点が挙げられます。また、ものをはじく性質があるため、次に塗装を行うときに重ね塗りすると密着が悪くなるなどの欠点があります。

ウレタン

ウレタン塗料の特徴としては樹脂が柔らかく密着性が高いことが挙げられます。時間が経つと変形してしまう木などの塗装にも利用ができ柔軟性が高い塗料です。また、光沢があり高級感があるという利点もあります。

以上がサイディング塗装の種類です。家の質感や耐久年数を考えて、家に合った塗料を選ぶとよいでしょう。

サイディングを塗装するときに注意すること

外壁塗装をする際、使用したサイディングによって適する塗料も変える必要があります。例えば、金属性のサイディングの場合は熱伝導が良いので、適した塗料を使用しないと膨れや剥がれの原因となってしまいます。

サイディングはモルタルとは違い、熱がこもりやすいという性質があります。それゆえ、サイディングの塗装をする際に弾性塗料を使用することはできません。その理由は、弾性塗料を使用した場合、熱で膨張してしまうからです。

適した塗料が分からない、やり方が分からないという場合には、ご自身でやるのではなく専門家に聞いてみるのがよいかもしれません。
      サイディングを塗装するときに注意すること

まとめ

今回は、サイディングの種類と特徴、また劣化した際のリフォーム方法などについてご紹介しました。現在主流のサイディングを使うことで、モダンでシャープな外装や温かみのある外装など様々表現できるようになっています。

使い勝手の良いサイディングですが、長年経つと劣化をするという欠点もあります。必要なときに必要な方法でサイディング塗装をリフォームすることで、安心・安全で快適な生活をお送りいただけると思います。

外壁塗装を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「外壁塗装」をご覧ください。

家の壁を新築のようにキレイに
受付後、最短1日でマッチング
※対応エリアや加盟店によって変わります
ひび割れなどの壁の劣化が目立つと、家が古く見えてしまいます。汚れた外壁を塗り直し、新築のようによみがえらせてみませんか?もちろんメーカー保証もついているので安心です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
現地調査はもちろん無料。調査後のキャンセルも代行いたします。
外壁塗装 平米 3,500円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-13 16:22:29
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_owp/15287/
外壁・屋根
サイディングとは、外壁素材の一種のことです。建物の骨格に合わせて順番に張ることができ、施工期間が短くまた費用が少なく済むことがメリットとして挙げられます。しかし、雨風や太陽の日差しを常に受ける外壁ですので、当然劣化も起こります。メンテナンスを怠るとひび割れや色褪せが起き、外観が悪くなってしまいます。今回は、今注目を浴びているサイディング塗装の種類や特徴についてご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 外壁塗装

外壁塗装のお問い合わせ・ご相談はこちら

外壁塗装についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!