生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

漆喰外壁の魅力!姫路城でも使われている漆喰のメリットとは?

更新日:2021-04-30

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

昔から重宝されていた建材の一つが漆喰(しっくい)です。家の中だけでなく、外壁に利用されることも多い漆喰ですが、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。和風のイメージや清潔感な見た目にはぴったりな漆喰ですが、洋風の家にもあわせることができます。

しかし注意しないといけないこともあります。そこでここでは、漆喰について詳しくご紹介していきます。

漆喰(しっくい)とは?

そもそも漆喰(しっくい)とは、主成分が水酸化カルシウムや炭酸カルシウムで、昔からある塗り壁材のことを言います。昔から民家や蔵の壁などに使用されていたり、屋根瓦の接着剤に使用されたりしていきました。

漆喰には、二酸化炭素や化学物質を吸着する性質があります。そのため年月をかけ、二酸化炭素を吸着していきます。そうすると漆喰自体が固くなり、耐久年数が100年以上になると言われています。

しかし、漆喰を100年以上の耐久年数を持たせるにはメンテナンスが必要です。決して、メンテナンスフリーで耐久年数100年以上というわけではないので、注意が必要です。

      漆喰(しっくい)とは?

漆喰外壁のメリット・デメリット

外壁として漆喰は耐久年数が高く、他にもメリットがあります。また、デメリットもあるのでしっかり理解する必要があります。

メリット

・和風だけでなく、洋風のデザインにすることも可能です。
・防カビ効果があります。
・耐久性だけでなく、耐火性もあります。

デメリット

・乾燥に時間がかかるため、工期が長くなります。
・施工できる左官屋が少なく、施工費用も高めです。
・傷がつきやすくなっています。
・耐火性は高いが、防水性が低くなっています。

このように漆喰にはさまざまな特徴があります。耐久性だけでなく、これらの特徴を頭に入れておく必要があります。

漆喰外壁をメンテナンスする方法や注意点

漆喰の外壁をどうやったら100年持たせることができるのか、メンテナンス方法をご紹介していきます。

漆喰についている汚れは、軽いものであれば消しゴムや水洗いで落とすことができます。
しかし、日当たりが悪い場所などで、濃い目の汚れが付着している場合やカビが生えてしまった場合などは消しゴムでもなかなか汚れが落とすことができません。

そういったときには、塩素系漂白剤を水で薄め、布で拭き取ってみると落ちることがあります。しかし注意しなければいけないのが、漆喰は水酸化カルシウムが主成分のため、アルカリ性になっています。そのため、酸性の洗剤は絶対に使用しないでください。

すでに漆喰外壁という方の中には、メンテナンスを行うときに上から他の塗料を塗ることを検討されている方もいるようです。しかし普通の塗料を塗ると1~2年ではがれてしまうおそれもあります。漆喰の上から塗料を塗るさいには、どの塗料でもいいと言うわけではないので、漆喰にあった塗料を選ぶ必要があります。

      漆喰外壁をメンテナンスする方法や注意点

漆喰外壁をDIYするのはおすすめしません

「今の漆喰壁が劣化しているから、劣化している部分だけ自分で補修したい!」や「外壁を漆喰壁にしたいけど、DIYでおこないたい!」という方なども少なくありません。

しかし漆喰は施工が非常に難しいものです。施工業者が少ないように大変難しく、長期間の日程が必要となってきます。

また、漆喰の成分自体は強アルカリ性なので塗るときには取り扱いに注意が必要です。強アルカリ性はすぐに水洗いすれば特に何も問題ありません。

しかし、長時間皮膚に付着してしまうとたんぱく質が壊され、皮膚が侵食されていきます。特に危険となるのは、目です。激痛が走るだけではなく、角膜が濁ってしまい、目が見えなくなるといったケースもあるので、十分に注意が必要となってきます。

他にも漆喰は固まるまでは湿気は厳禁です。外壁塗装してから一週間程度は雨に当たらないように養生する必要がります。

最近では、誰でも簡単に漆喰を塗ることができる商品も発売されていますので、漆喰のDIYを検討されている方は、簡単に施工できる商品を選ぶとよいでしょう。

姫路城でも漆喰外壁が使われています

姫路城が平成の大修理を終えて、一般公開したときに真っ白な城になっていて驚いた人も多いのではないでしょうか。この白い姫路城の外壁に塗られているのが漆喰です。

このとき使用された漆喰は、海藻を煮て、植物繊維と混ぜたものと石灰を合わせた、すべて手作りの天然素材となっています。蔵に塗られる漆喰と同じく防火・耐火目的と威厳を保つためと姫路城では、板を張った形跡がないと言われています。

しかしこの姫路城ならでの白漆喰も、雨や風などに晒されると、黒いカビが生えてきます。ずっと屋根まで真っ白な姫路城の姿を見られるとは限りません。
平成の匠の技術によって再生された姫路城の姿は、まさに今こそが時分の花と言えるかもしれません。

      

まとめ

漆喰は和風な家だけでなく、洋風な家にもあわすことができる外壁塗装の一つです。漆喰を塗るだけで、家の雰囲気を変えることもでき、耐久性も抜群です。しかし、しっかりとしたメンテナンスを行わなければすぐに劣化してきてしまいます。

漆喰を取り入れようと考えている方は一度業者に相談することをおすすめします。漆喰は業者次第で仕上がりも変わってくるので、しっかりとした業者選びをすることも重要となってきます。

外壁塗装を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「外壁塗装」をご覧ください。

家の壁を新築のようにキレイに
受付後、最短1日でマッチング
※対応エリアや加盟店によって変わります
ひび割れなどの壁の劣化が目立つと、家が古く見えてしまいます。汚れた外壁を塗り直し、新築のようによみがえらせてみませんか?もちろんメーカー保証もついているので安心です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
現地調査はもちろん無料。調査後のキャンセルも代行いたします。
外壁塗装 平米 3,900円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

外壁・屋根 外壁塗装

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!