生活110番辞典外壁・屋根

外壁・屋根

【外観をいつまでも美しく!】外壁塗装の耐用年数と塗料についてのお話

Modern-Trade-Painter

家を買ったり建てたりするのは、一生のうちでも一番大きな買い物かも知れません。そんな家も最初はきれいな見た目をしていますが、年月と共に劣化してきます。
劣化が始まることで、外壁の美観を著しく低下させてしまうので、劣化による症状が浮き彫りになる前に外壁塗装を行ないましょう。

外壁塗装にも耐用年数があることをご存知ですか?

Colorful_House_in_Kalinchok

誰でも見えてしまうからこそ、外壁の汚れや剥がれは気になりますよね。マイホームの外壁が「ずいぶん汚れてきた」「新築の頃と比べて、色あせてきた」などと思われている方も多いのではないでしょうか?
外壁の塗替え年数は、家を建ててから約10年くらいだと言われています。なので、10年毎に外壁塗装を行うと、劣化が著しく表に出てくる前にきれいな状態に戻せるので、理想的な外観を保つことができます。

外壁が劣化する原因

6eee3537936df017e8a687450864fc17_s

外壁が劣化する原因には、紫外線や雨風など様々な原因が挙げられますが、実は建物自体が起こしている「振動」も、外壁が劣化する原因の1つなのです。振動とは、地震による振動や、生活している人が起こす振動ではなく、建物の内部で起こっている振動のことです。

構造体が木作られている住宅の場合、調湿機能が働き湿度に応じて木が収縮を繰り返してます。また、鉄などの金属でも温度に変化 があれば収縮する為に微かに動きます。実は、この僅かな振動によりが動き、塗装の下地にひび割れなどの影響が出てくるのです。

外壁塗装を適正な時期にしなかった場合・・・

2885652096_810017578a_b

 

塗料の役割は単に外壁の美観の為だけではなく、外気や雨風などから外壁自体を守る大切な役割があります。いわば、最初に家の中に寒気や暑さ、物理的な刺激から壁をを守ってくれているバリアなのです。
しかし外壁塗装の耐久性が減るとこのような機能が機能と比例して低下します。そのような状態で放置していると下記のような問題が起こります。

  • 雨などの水分や湿気が内部に侵入する。
  • 外壁全体にひび割れや剥がれがが起き、家の景観を著しく損なう。
  • 外壁に入ったヒビから、湿気、汚れ、雨が外壁と内壁の間に入り込み、内部が腐食する。ひどい場合、外壁が崩れ落ちたり、家が傾いたりする恐れがあります。

耐用年数を迎えた時のサインを見逃さないで

wood-village-house-grass

外壁塗装が必要な時には、以下のようなサインが挙げられます。

  • 汚れやカビ、サビついた個所が目立つ
  • 塗膜を擦ると白い粉が手に付着する
  • 外壁にヒビが入っていたり、塗装の剥がれがある
  • 色あせや変色がある

このような症状が見られる時には、外壁塗装を行なうタイミングです。しかし、中には耐用年数が過ぎても表面的には変化が見て取りにくい家もあります。見た目で変化が感じられない場合には外壁塗装の必要性を感じられない方も多いのでは無いでしょうか?
しかし、見た目で 分からなくても、家の外壁耐用年数は年々低下していきます。なので、自分の判断で「問題ない」と決めてしまうので はなく、これから紹介する塗料の耐用年数参考に、外壁塗装業者に診断してもらいましょう。その時の判断と、業者との話し合いに よって、塗り替えるかを決めましょう。

外壁塗装に使われる塗料の比較

PaintDropping

外壁塗装で使う塗料にはさまざまな種類があり、効果や耐用年数もそれぞれ異なります。

 

・アクリル系塗料の特徴

価格は他と塗料と比較すると安めです。しかし、耐久性・汚れがに弱く、こまめに手入が必要です。短期間で外壁の色を変更したい方や価格重視の方におすすめです。耐用年数は5年程です。

・ウレタン系塗料の特徴

密着性に優れていて、剥がれが気になる場合など、部分補修でも使える塗料です。細かい部分を塗るのに適しているので、一部で損傷している場合など、小規模な補修に向いてます。耐用年数は10年程です。

・シリコン系の特徴

熱・汚れに強いので、コストパフォーマンスが高く、現在主流に使われています。その為、色の種類も豊富です。耐用年数は13~15年程です。

・フッ素系の特徴

一般的な塗料の中では最高グレードの塗料で、東京スカイツリーにも使用されています。耐用年数が長い為、長期的に捉えると1年辺りの価格はこれより安価な塗料を下回ります。耐用年数は18年程です。

・断熱塗料

塗料の中に細かい断熱材が含まれている塗料です。太陽熱を跳ね返すので、屋根や外壁の表面温度の上昇を防ぎます。価格自体は高くなりますが、省エネ効果のある塗料なので、光熱費を安くしたい方に向いてます。耐用年数は15年程です。

・光触媒塗料

太陽の光を使って汚れを浮かせ、雨で洗い流す効果があるので、汚れが付着しにくくなっています。また、空気を浄化する効果や遮熱効果も期待できる次世代型塗料です。光触媒塗料は、認定施工店でないと取り扱いが出来ません。耐用年数は20年程です。

外壁塗装を行なう時には、同じ種別の塗料を使うことで、修繕が必要な劣化の時期も分かりやすくなり、場所によって損傷が激しくなる心配が減ります。なので、外壁塗装を行なう時には、全て同じランクの塗料を使ったほうが良いとされています。

色選びのポイント

1024px-Brighton_Beach,_Melbourne_2003_(91593941)

外壁塗装をする時には、どのような外観にしてもらうかイメージすると思います。せっかく外壁塗装をしてもらうのですから、今までとは違う色を選択するのも一興かも知れません。しかし、完成した外壁塗装の配色が、周囲とまったくマッチしていなかったら大問題です。なので、しっかりと検討してどのような配色にするか決めましょう。

・周囲の色を確認する

house

家を塗装する際には、自分で好きな色を選びたいと思います。しかし、周囲との調和を考える事も大切です。あまりも奇抜な色を選んでしまうと、周囲の景観を壊してしまうことがあるので、塗装を始める前に、周辺の建物の屋根や外壁を見渡し「もし自分の家がこの中に、今から塗る色で建っているとどんな様子か?」を想像すると良いでしょう。

家の周りが自然に囲まれていれば、、周囲の植物の緑よりも抑えた色を使うと、周囲が引き立ち、目に優しい配色となるので、おすすめです。しかし、原色に近い色を使うと、周囲との差が強調されてしまい、緊張感のある激しい外観となってしまい、周囲との調和が取れなくなる可能性があります。

・サンプルを参考にする

外壁塗装を始める前には、一度カラーサンプルを確認しましょう。サンプルを確認することで、実際にどのような色で塗られるか?が想像しやすくなります。
カラーサンプルを確認する時には、できるだけ外壁に近い条件で確認することが大切です。なので、晴れた日に外で太陽の光に当てながら確認するのがおおすすめです。また、外壁などの広い範囲に塗装した場合は、目の錯覚により色が少し明るく見えるので、サンプルよりも少し明るくなるイメージを持つと良いでしょう。

色を選ぶ時に「完成図が思い描けない」「どんな色を選べばいいかわからない」という方は、一度、外壁塗装の専門業者に相談すると良いでしょう。相手はプロですので、的確にアドバイスしてくれます。その助言を聞きながら、あなたが気に入った外壁塗装の色を決めていきましょう。

まとめ

images

大切な家を守る為に行なう外壁塗装ですが、その効果が一生続くというわけではありません。なので、一定時期が経過した時には、再度塗装を行わなければいけません。
外壁塗装を行なう時期は、塗料別の耐用年数を参考に検討しましょう。また、どんな色を選ぶかにより、家のイメージも変わってきます。どんな色を選べばいいのかわからないという時には一度外壁塗装のプロに相談してみましょう。

お近くの外壁塗装業者をお探しの時は、「生活110番」の「外壁塗装」をご利用ください。

 

 

最新記事