生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

地震に備えて外壁の耐震補強をしよう!費用を安く抑えるコツとは

投稿日:2018-07-05 更新日:2018-09-27

地震に備えて外壁の耐震補強をしよう!費用を安く抑えるコツとは

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

私たちが暮らしている日本は、地震大国とも呼ばれるほど地震が多く発生します。大きな地震が発生すると、住宅や建物が倒壊してしまうおそれがあります。

じつは、倒壊してしまう原因は家の壁の量やバランスが関係しているということをご存知ですか?地震はいつ起こるか分からないため、そのようなことを理解して日ごろから地震の対策をおこなっておくことが大切です。

そこで今回のコラムでは、地震で建物が倒壊する原因や屋根・外壁の耐震補強などの対策方法をご紹介していきます。いつ地震が起きても安全に過ごせるよう、ぜひ参考にしてください。

倒壊を防ぐには外壁の耐震補強が大切

地震による家の倒壊には、当然何らかの原因があるのです。たとえ新築だとしても、倒壊の原因となる条件にあてはまっていれば、倒壊するおそれがあります。とくに壁の量が少ないことや、壁のバランスが悪いことが原因で倒壊してしまう割合が多いそうです。

横揺れの地震が発生すると、建物が揺れから耐えるために垂直の力が必要になります。壁が少ないと縦に踏ん張る力が弱くなるため、揺れに耐えられず倒壊してしまうことが多くなります。また、壁の量のバランスが偏ってしまっている場合も、倒壊しやすくなります。

以上のような倒壊の原因を対策するのにおすすめなのが、外壁の耐震補強のための工事です。工事をおこなうことで、建物を倒壊しにくくすることができます。耐震補強工事では、建物に新しく壁を設置したり、今ある壁を地震に強い耐力壁というにリフォームしたりします。

いつ起こるか分からない地震に家が耐えられるよう、早めに対策にしておくことが大切です。

倒壊を防ぐには外壁の耐震補強が大切

屋根の葺き替え工事も考えよう

地震の際、屋根にも注意が必要です。とくに瓦屋根の場合、土葺きの方法で瓦を設置している建物には注意が必要です。土葺きの瓦とは、葺き土で固定されている瓦のことをいいます。釘などでしっかり固定されているわけではないため、地震などの衝撃でずれてしまったり、はがれ落ちたりしてしまうかもしれません。

落ちてきた瓦でケガをしてしまうおそれもありますので、土葺き瓦の方は防災瓦やスレート屋根に葺き替えをおすすめします。

【防災瓦】

防災瓦とは、地震や台風などの災害に強い瓦のことです。瓦同士を固定させることができる構造になっており、地震の衝撃や台風の強風でもずれたり落下しにくい瓦です。普通の瓦屋根よりも軽量のため建物のゆれも軽減させることができます。

【スレート屋根】

スレート屋根とは、粘土板岩などを使用した屋根の種類のことをいいます。瓦屋根と比べてとても軽いので、地震で揺れても建物が崩れにくくなります。また、瓦屋根よりも価格が安く、デザイン性が高いのも特徴です。

このように、軽い素材の瓦や屋根の種類があります。地震で建物の倒壊を防ぐためにも、外壁の耐震補強工事とあわせて屋根工事を検討してみてはいかがでしょうか。

屋根の葺き替え工事も考えよう

外壁工事と一緒におこなうとお得!

外壁の耐震補強工事は、外壁のリフォームと一緒におこなうとお得です。

家の外壁は定期的にメンテナンスが必要です。メンテナンスをおこなっていても、30年ほどで外壁は張り替えが必要になります。外壁の工事は足場の設置などで大規模なものとなるため、どうしても費用がかかってしまいます。外壁のリフォームと耐震工事を別々におこなうよりも、一緒に工事をしておくほうが、コストが抑えられるのです。

ほかにも、断熱工事を一緒にできますので、あわせて検討することをおすすめします。外壁のリフォームと耐震工事で分からないことや見積もりなどは、プロである外壁リフォーム業者に相談してみてはいかがでしょうか。

外壁工事と一緒におこなうとお得!

耐震補強には補助金制度もある

外壁の耐震補強工事をおこなうときに、自治体によっては補助金が受けられる制度がある場合があります。補助を受けられる条件は自治体によって異なりますが、主な条件は市民が所有しているものであるか、建築年数や建物の構造はどうかなどです。お住まいの自治体に確認することをおすすめします。

また、耐震診断をおこなっているところもあります。多くの自治体では無料で診断してくれるようですので、耐震補強を検討している方は診断を受けておくのがおすすめです。安全性が低いと診断されてしまったら、早めに工事をおこなうようにしましょう。

まとめ

地震で建物が倒壊するのは、壁の量やバランスが原因となることが多くあります。壁の量が少なかったりバランスが悪かったりする場合は、外壁の耐震補強工事をすることで対策できます。

耐震工事は外壁のリフォームと同時におこなうと経済的です。耐震補強とリフォームを依頼する場合は、どれくらいお得なのか業者に相談してもいいでしょう。

また、耐震工事をおこなうときに補助金が出る場合もあります。各自治体によって条件などが異なりますので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

外壁工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「外壁工事」をご覧ください

外壁工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
外壁工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 12:45:59
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_outer_wall/95503/
外壁・屋根
私たちが暮らしている日本は、地震大国とも呼ばれるほど地震が多く発生します。大きな地震が発生すると、住宅や建物が倒壊してしまうおそれがあります。じつは、倒壊してしまう原因は家の壁の量やバランスが関係しているということをご存知ですか?地震はいつ起こるか分からないため、そのようなことを理解して日ごろから地震の対策をおこなっておくことが大切です。そこで今回のコラムでは、地震で建物が倒壊する原因や屋根・外壁...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 外壁工事

外壁工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

外壁工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!