生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

モニエル瓦は塗装が必要!?メンテナンスが必要な瓦にご注意!

投稿日:2017-09-06 更新日:2018-09-27

モニエル瓦は塗装が必要!?メンテナンスが必要な瓦にご注意!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

紫外線や雨風から家を守ってくれる瓦ですが、家に使われている瓦の種類を知らなければ、不具合が発生してしまうかもしれません。瓦の中には塗装を必要とするものもあります。
瓦についての必要な知識をこちらで説明したいと思います。

瓦工事のおすすめサービス

塗装が必要な瓦の種類はこの2つ

瓦の中には塗装が必要な種類とそうでない種類があります。
塗装が必要になるのが「セメント瓦」と「コンクリート瓦」の2種類です。

通常、塗装が必要ない瓦は粘土で作られており、それらは、釉薬(うわぐすり)で色付けされていることや、素焼きにすることで粘土の色を変化させています。

それに対して、この2種類の瓦は塗料によって色付けされています。

屋根材の防水効果を塗装でカバーしているので、これがはがれてしまうと雨漏りなど甚大な被害に見舞われます。そのため、目安として10年に1度ほどの定期メンテナンスが必要になります。

セメント瓦はデザインが豊富で、独得な形状をしている瓦が多いため吹付塗装を行う場合が多いようです。しかしセメントの劣化が進んでしまうと、塗料のノリが悪くなり、想像以上に吸い込んでしまうことがあるので注意が必要です。
      塗装が必要な瓦の種類はこの2つ

モニエル瓦は塗装が必要!防水性能は塗装で保たれている

モニエル瓦とは、セメントと川砂を混ぜ合わせて作られる「軟式コンクリート瓦」のことです。主成分がセメントであるため、モニエル瓦は塗装しなければ防水性能は期待できません。

モニエル瓦はセメント瓦の一種ではありますが、瓦の表面の処理が特殊で「着色スラリー」というセメントの着色剤が厚めに塗られています。さらにその上からアクリル樹脂系のクリアー塗料で覆っています。そのため施工性が高いだけでなく、強い雨風に耐える防水性を持っており、断熱性や耐震性も兼ね備えています。
デザインも多様性があるため、自宅にモニエル瓦を利用しておられる方も多いのではないでしょうか?

しかしモニエル瓦は、再度塗装が必要になるうえに着色スラリーが塗装を邪魔するため施工が非常に難しくなります。
      モニエル瓦は塗装が必要!防水性能は塗装で保たれている

見分けるのが難しい?屋根塗装を断られる理由とは

モニエル瓦をはじめとしたセメント瓦は、劣化が進んでしまうと塗料のノリが非常に悪くなるようです。瓦の種類を見分けるのは難しく、誤った塗料を使用すればすぐに落ちてしまうため、セメント瓦の塗装を断る業者も少なくないそうです。

特にモニエル瓦は、着色スラリーをしっかりと取り除かなければ塗装をすることはできません。着色スラリーの上から塗装してしまうと、劣化した着色スラリーと一緒に塗装がはがれてしまう原因になります。

入念に高圧洗浄で着色スラリーを取り除かなければ施工不良の原因になります。さらに高圧洗浄で着色スラリーを除去する場合は、汚れた水が出るため、近隣住宅に飛散しないように注意が必要です。

そもそもセメント瓦・コンクリート瓦は現在あまり生産されておらず、別の屋根への葺き替えも進んでいます。そのような理由もあって、塗装が断られているのかもしれません。

本当に葺き替えた方がいい場合のモニエル瓦とは

瓦を葺き替え主なタイミングとしては、「瓦が割れる」、「瓦の下にある防水シートが破れている」などです。

しばらく手入れをしていないと、複数個所が短期間に割れが生じてきます。そうなると、直したとしてもすぐにほかの場所が割れてしまう可能が必要になるので葺き替えをするべきと言えるでしょう。

モニエル瓦は、表面のクリアー層が痛んでくると、中にあるスラリーがダメージを受けてもろくなってしまいます。こうなってしまうと葺き替えを視野に入れた方がいいでしょう。

塗料のノリが悪くなるほど劣化が進んでしまうと塗装は難しいかもしれないので、葺き替えをしましょう。

もし葺き替えを行うのであれば、モニエル瓦以外の瓦に変えてみるのもいいかもしれません。デザインも豊富で非常に好まれる瓦ですが、現在では、モニエル瓦が廃盤になってしまったため、取り扱っている業者はほとんどありません。塗装を行ってくれる業者はいますが10年毎に数十万と必要になってくるため、長い目で見ると葺き替えの方がお得なのではないでしょうか。
      本当に葺き替えた方がいい場合のモニエル瓦とは

瓦工事のおすすめサービス

      

まとめ

定期的な塗装を必要とする瓦は、決して安いとは言えない費用が掛かるので、なにか不具合を感じたら葺き替えを視野に入れてみるのがいいかもしれません。

塗装や葺き替えは費用が掛かるからと放置していると、雨漏りなどで、直すしかなくなったときに、追加で料金が発生してしまうことがあります。できるだけ早く、塗装か葺き替えをするべきでしょう。その施工は素人にはほぼ不可能なので、必ず瓦工事のプロにおまかせください。

解体工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「解体工事」をご覧ください。

瓦工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
瓦工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 14:19:55
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_kawara/9213/
外壁・屋根
紫外線や雨風から家を守ってくれる瓦ですが、家に使われている瓦の種類を知らなければ、不具合が発生してしまうかもしれません。瓦の中には塗装を必要とするものもあります。瓦についての必要な知識をこちらで説明したいと思います。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 瓦工事

瓦工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

瓦工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!