生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根の瓦を修理しないとどうなるの?瓦の種類や放置の危険性について

投稿日:2018-04-18 更新日:2018-09-27

屋根の瓦を修理しないとどうなるの?瓦の種類や放置の危険性について

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

私たちが暮らしている住居の中で、屋根は天候などの影響から私たちを守ってくれる大切な部分です。

その屋根に使用されている瓦に異常が起きた場合、私たちにどのような被害をもたらすのでしょうか。

今回は瓦の種類や、屋根の瓦を修理しないと私たちにどんな影響があるのか、詳しく解説していきます。

瓦工事のおすすめサービス

屋根瓦にはどんな種類がある?

私たちになじみのある屋根瓦ですが、現在ではどのような種類があるのでしょうか。ここでは屋根瓦の種類について順にお話していきます。

▼粘土瓦

まずは一番代表的な「粘土瓦」についてですが、これは粘土を瓦の形にして焼き上げた昔ながらの瓦です。

瓦の形にして釉薬(ゆうやく)を塗って焼き上げた瓦を「陶器瓦」といい、釉薬を使用せずに蒸し焼きにした瓦を「いぶし瓦」といいます。

瓦の中で最も耐久年数が高いとされていて、とくにガラス質の釉薬で塗装された「陶器瓦」は雨などの水分に非常に強く、衝撃を与えない限りは半永久的に使用できるといわれています。

▼スレート瓦

次に「スレート瓦」ですが、セメントと繊維が混ぜられた素材で作られています。「粘土瓦」よりも軽量で値段も安い瓦です。

ですが屋根に密着する形で施工するので、暑さが防げず結露が発生しやすいなどの問題もあります。また表面を塗装している瓦のため、10年に一度は表面を塗りなおす必要があります。

▼セメント瓦

最後に「セメント瓦」ですが、これは先ほどの「スレート瓦」と違いほとんどがセメントで作られている瓦です。

「スレート瓦」と比べると厚さも重量もあるので、粘土瓦と同じく屋根との間に空気層ができるため、暑さに強く結露の防止も可能です。

それぞれの瓦の特徴をあげましたが、天候や衝撃などの影響で瓦にひびが入ったり、瓦がずれたりすることがあります。

       屋根瓦にはどんな種類がある?

修理が必要な屋根を放置しておくと…

瓦の破損やずれが起こった場合、すぐにでも屋根の瓦の修理をしなければなりません。もしも修理が必要なのに、屋根の瓦を放置したらどうなるのでしょうか。

瓦の破損やずれにより、まず屋根に隙間が生じます。その隙間から雨や風が入り込み雨漏りの原因になってしまいます。

このとき雨水が柱や壁にまで染みこんでしまうと、柱や壁などの建材が腐食するおそれがあるのです。

また、瓦は1カ所ずれるだけでも瓦自体の重みによって全体のバランスが崩れ、そのまま屋根自体が崩落する場合もあります。

住宅だけでなく私たちも巻き込まれ危険な状態になるため、瓦に破損やずれが生じた場合は早急に瓦の屋根を修理しましょう。

      修理が必要な屋根を放置しておくと…

自分で行う屋根瓦の修理方法と注意点

それでは、自分たちで瓦の屋根を修理する際はどのようにすればよいのでしょうか。

瓦にひびが入っていた場合、まずはぞうきんで修理する瓦を掃除します。ほこりや砂をできるだけ取り除きましょう。

掃除が終わったら瓦の割れた部分に合わせ、低い部分から高い部分に向かって防水テープを貼りましょう。指で防水テープを押さえながら貼ると空気が入りにくくなるのでおすすめです。

一見「瓦のひび割れやずれは、自分で修理できるのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし屋根自体の作業は、足場が不安定なため落下の危険があります。もしも作業中に落下してしまったら元も子もありません。

また、作業中に新たなひびやずれを発生させたりほかの瓦に異常が発生したりしていても、気がつかないこともあります。

そんなときは無理をせずに、瓦工事の業者に屋根の瓦の修理を依頼してみましょう。

      .自分で行う屋根瓦の修理方法と注意点

業者に瓦修理を依頼した場合の費用

屋根の瓦の修理を業者に依頼した場合は、瓦の状態や施工によって費用が変わってきます。

たとえば簡単な補修だった場合は3万程度の費用で済む場合がありますが、部分補修は5万から15万程度と費用が高くなっていきます。

そして範囲が大きかったり修理するのが遅れたりして屋根の瓦を全て撤去しなければいけないとなると、20万から30万の費用が相場です。

そうした事態にならないために、屋根の瓦の修理は早い段階で依頼をすることが一番よいといえます。

また、屋根の瓦の状態は自分の目で確認することが難しい場合もあります。年に1度は瓦工事の業者に屋根の確認を依頼して、屋根の瓦がどうなっているのか、把握しておくのもよいでしょう。

瓦工事のおすすめサービス

まとめ

屋根の瓦は素材の種類によって特徴が変わってくるということや、修理が必要なのに放置しておくとさまざまな問題が発生することがわかりました。

ご自身の屋根の瓦がどんな種類なのか理解しておくことで、瓦工事の業者への相談や質問もスムーズに行えます。

屋根の瓦は高い位置にあるので異常がないか確認するのは大変ですが、ひび割れやずれが発生した場合は事故の発生を防ぐためにも、すみやかに瓦工事の業者に屋根の瓦の修理を依頼しましょう。

瓦工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「瓦工事」をご覧ください。

瓦工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
瓦工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 13:06:52
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_kawara/62760/
外壁・屋根
私たちが暮らしている住居の中で、屋根は天候などの影響から私たちを守ってくれる大切な部分です。その屋根に使用されている瓦に異常が起きた場合、私たちにどのような被害をもたらすのでしょうか。今回は瓦の種類や、屋根の瓦を修理しないと私たちにどんな影響があるのか、詳しく解説していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 瓦工事

瓦工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

瓦工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!