生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

家を解体で出た家具の処分方法まとめ!工夫次第で安く抑えられます

更新日:2021-04-30

家を解体で出た家具の処分方法まとめ!工夫次第で安く抑えられます

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

引越しなどがきっかけで家を解体することに決まったのはいいけど、家具の処分方法をどうしたらいいかわからない、と困っている方もいるのではないでしょうか?

家の解体で出た家具の処分方法はいろいろなものがあります。また、自分の工夫次第で安く抑えることも可能になります。

今回は、家の解体で出た家具のさまざまな処分方法とメリットデメリットについて、詳しく解説します。

家具処分の方法は何がある?

解体業者への依頼や引越しするときの手続きなどが忙しく、家具の処分方法までなかなか手が回らなくて大変なことだと思います。ですが、家具を処分するのならできるだけ安く抑えたいですよね。

もしかしたら、「家の解体で出た家具の処分も解体工事と一緒にやってくれないの?」と疑問に感じている方もいるかもしれません。

残念ながら家の解体で出た家具を業者に引き取ってもらうという作業は、解体工事の内容に含まれないのです。

そのため、解体工事とは別に家の解体で出た家具の処分方法は自分で考えなくてはなりません。家具を処分できる方法には大きく分けて以下のようなものがあります。

・自分で家具処分をする方法
・解体業者などに依頼をする方法

これらの具体的な方法について詳しく説明していきますので、処分したい家具の種類や家具の量などを考え、自分に合った家具の処分方法を選択していきましょう。

      家具処分の方法は何がある?

自分で家具処分する場合

家の解体で出た家具自分で処分したい場合、以下の方法が考えられます。どの方法も自分で作業をする手間がかかりますが、処分する際の費用を抑えることができます。

自分で壊す

まず考えられるのは、自分で家具を壊して可燃ごみや不燃ごみに出す方法です。

自分で家具を壊す場合、木製のものであればのこぎりなどの家具を切断する道具が必要になります。

家具を小さくして可燃ごみに出してしまえば、粗大ごみ扱いで出さずに済みますので費用を安く抑えることができます。

しかし、道具を使う以上、危険が伴ったり家具を壊す場所が必要だったりとそれなりにハードルが高い処分方法ですので、のこぎりなどを使う際は十分注意しましょう。

買取ショップにもっていく

買取ショップに依頼し、買い取ってもらうといった方法もあります。状態のいい家具であれば、それなりの値段が付くこともあるので解体工事費用の負担も減らすこともできます。

買取ショップのなかには、無料で出張買取サービスを行っているところもあります。ただしサービスの内容は買取業者によりますので、よく確認してから買取を依頼しましょう。

      自分で家具処分する場合

解体業者に家具処分も依頼できる?

家の解体の際の家具の処分を業者に引き取ってもらうということは、解体工事の内容に含まれないことはご説明しました。しかし、解体業者の中には解体工事とは別に家具処分を行っているところもあります。

・タンスや棚などの木造製品
・プラスティック製品、スチール製品

以上のものは、解体で出た廃材と一緒に処分するほうが安く済むこともあるそうです。

解体工事業者に家具処分依頼すると、2tトラック1台分であれば、40,000~60,000円ほどで処分をおこなってくれます。

ただし業者によって費用が変わってくるため、解体工事をする前にあらかじめ見積もりを行っておくなど前もって相談しておくほうがよいでしょう。

家具処分を安く済ませる方法はある?

解体工事で家具処分をする場合、いろいろな方法があるとご紹介してきました。どの方法でも処分するために費用は必要になります。では、家具を処分するときに少しでも安く済ませる方法はあるのでしょうか?

自分で家具処分する場合:オークションに出品する

状態のいい家具や、ブランドものの家具であれば、オークションに出品して家具を処分する方法もあります。

メリットは、買取ショップよりも高い値段が付きやすいことです。オークションサイトでほかの出品物の落札相場を確認して、利益が出そうであれば出品してみましょう。

デメリットは、オークションに出品する際の手続きや、落札者とのやり取りが必要になるなどの作業が必要になることです。また、出品した家具の落札者が現れない可能性もあります。

また、オークションで出品している最中に、ほかの家具の処分方法の確認や準備をすることをおすすめします。もし落札者が現れなかったときに、スムーズに家の解体で出た家具の処分が行えることでしょう。

依頼する場合:自治体に引き取ってもらう

依頼する場合に安く済ませる方法として、自治体に粗大ごみとして引き取ってもらうといった方法があります。

・自治体に連絡を入れる
・自治体が指定する取扱店でごみ処理券を購入する
・ごみ処理券に必須事項を記入する
・回収日当日の指定時間前に家具を運ぶ

以上が引き取ってもらうまでの流れになります。ベッドであれば1,000~1,800円、タンスであれば300~2,500円の相場で引き取ってもらえますので、解体業者よりもかなり安く家具を処分できます。

ただしごみ処理券の手続きや、回収指定場所までの家具の運搬に手間がかかってしまいますし、冷蔵庫やテレビなどのリサイクル用品は引き取ってもらえないので注意が必要です。

また回収までに1週間はかかることが多いので、すぐに家の解体で出た家具を処分したい場合は不向きな方法です。

      家具処分を安く済ませる方法はある?

まとめ

自分で家具を処分する方法は、費用を節約できたりなど金銭的なメリットがあります。

ですがそれなりの手間や運ぶ際の労力がかかるなど、デメリットもあるというところも覚えておかなければなりません。

無理にひとりで処分しようとして、ケガなどをしてしまったら元も子もありません。ひとりで作業するのは大変というのであれば、業者に相談してみましょう。

家の解体で出た家具の処分方法に困っている、処分の時間がなくて困っている人は気軽に解体工事のプロに相談してみるのもひとつの手段です。

きっとあなたのお悩みを、迅速に解決してくれることでしょう。

解体工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「解体工事」をご覧ください。

他社との相見積もり歓迎!
最短1日で業者をご紹介!
※対応エリアや加盟店によって変わります
木造、鉄筋鉄骨などのさまざまな構造の建物の解体工事に対応しています。また解体工事中に出た古い家具の処分なども行いますので、安心してお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
塀や壁の除去といった一部だけの解体も請け負っています。
解体工事 1坪 19,800円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

外壁・屋根 解体工事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!