生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

解体工事に廃棄物は付き物。マニフェストの意味を確認しよう!

更新日:2021-04-30

解体工事に廃棄物は付き物。マニフェストの意味を確認しよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

解体工事で排出される産業廃棄物を適切に処分するために、『マニフェスト制度』というものがあるのをご存知ですか?普段、かかわりのない人からしてみれば、マニフェストの意味さえわからないかもしれません。

このコラムでは、そのマニフェスト制度を軸にして産業廃棄物が処分されるプロセスについて解説します。解体工事後の処理の際に、ぜひ参考にしてみてください。

解体工事で出てくる「マニフェスト」って?

マニフェストといわれれば、「選挙の際に掲げるスローガン」という意味が私たちの多くにとってはなじみ深いですが、解体工事におけるマニフェストは意味が全然違います。

解体工事におけるマニフェストとは、「解体工事を行う過程で排出された産業廃棄物の流れを、排出事業者から処理会社まで確認するための管理票」のことを指します。これによって、産業廃棄物の種類・数量・運搬業者名・処分業者名などが明確化され、廃棄物が不法に投棄されないしくみになっています。

解体工事においてマニフェストを制度として導入することで、排出された廃棄物が環境に与える影響を最小限に抑えることを目指しています。このことから、作業を円滑化するだけでなく環境にも優しい解体工事が期待されています。

      解体工事で出てくる「マニフェスト」って?

マニフェストは2種類ある!

マニフェストの意味が分かったところで、マニフェストの種類についてご紹介します。その種類は大きく2種類あります。

紙マニフェスト

ひとつは『紙マニフェスト』と呼ばれるもので、紙製伝票によって産業廃棄物の流れを確認するものです。

この紙マニフェストにもいくつかの種類があります。一般的な紙マニフェストとしては、全国産業廃棄物連合会が発行している『直行用マニフェスト』と『移替用マニフェスト』の2つです。産業廃棄物を委託する収集運搬会社が1社の場合は直行用マニフェストを、2社以上の場合は移替用マニフェストを使います。

電子マニフェスト

もうひとつは紙ではなく、インターネット上のデータでやり取りを行うタイプのマニフェストです。電子マニフェストを導入するためには、排出・収集・運搬の3者が電子マニフェストを使用する必要がありますが、それさえ守っていれば紙マニフェストと電子マニフェストのどちらを使っても構いません。

ただし、電子マニフェストはIT化のメリットを活用して事務処理を効率化し、法制を遵守させ、データの透明性が確保されるという特徴があります。

      マニフェストは2種類ある!

解体工事で出る廃棄物とマニフェストの流れ①:紙マニフェストの場合

紙マニフェストの流れとはどのようなものでしょうか?マニフェストの意味がわかっても仕組みがわかっていなければ、完全に理解したとは言えないでしょう。ここでは、直行用マニフェストについてのみ言及します。

直行用マニフェストは以下の7枚のマニフェスト伝票を使って行われます。

・A票:排出業者の控え
・B1票:処分業者への運搬終了後、運搬業者の控えになります。
・B2票:処分業者への運搬終了後、運搬業者から排出業者に返送されるものです。
・C1票:処分終了後、処分業者の控えになります。
・C2票:処分終了後、処分業者から運搬業者に返送されるものです。
・D票:処分終了後、処分業者から排出業者に返送されるものです。
・E票:最終処分終了後、処分業者から排出業者に返送されるものです。

そして、これらの7枚の伝票を以下のような流れで使います。

①排出業者が7枚の伝票に必要事項を記載し、廃棄物とともに7枚すべてを収集運搬業者に渡します。
②収集運搬業者は収集運搬業者の会社名、運転手の氏名のサインまたは押印、車番、車種をA票に記載し、排出事業者に渡します。
③収集運搬業者は、廃棄物の運搬が終わったら、B1・B2・C1・C2・D・E票に運搬終了日を記入し、廃棄物とともに中間処理業者の担当者に渡します。
④中間処理業者は、廃棄物を受領した際、B1・B2・C1・C2・D・E票に受領日、中間処理業者の会社名、担当者の氏名または押印を記載し、B1・B2票を収集運搬業者に渡します。
⑤収集運搬業者はB1票を保存し、運搬終了10日後以内にB2票を排出事業者に提出します。
⑥中間処理業者は、廃棄物の処分が完了したらC1・C2・D・E票に処分終了日、中間処理業者の会社名、担当者の氏名または押印を記載し、処分終了10日後以内にC2票を排出事業者に提出します。
⑦中間処理業者は、廃棄物の処分が完了してから10日以内にD票を排出事業者に提出します。
⑧中間処理業者は排出事業者から受託した廃棄物について、最終処分が終了した報告を受けたら、C1・E票に最終処分終了日と最終処分を行った場所を記載します。最終処分の報告を受けた日から10日以内にE票を排出事業者に返送するとともに、C1票を控えとして保存します。

ちなみに、移替用マニフェストは直行用マニフェストに比べて伝票が多く、流れも少し複雑になっていますが、基本的には同じような流れになっています。必要があれば個別に確認されることをおすすめします。

      解体工事で出る廃棄物とマニフェストの流れ①:紙マニフェストの場合

解体工事で出る廃棄物とマニフェストの流れ②:電子マニフェストの場合

マニフェストが持つ意味は同じでも、紙マニフェストと電子マニフェストの流れは違います。電子マニフェストの流れは大きく7段階になっています。

①まずは排出事業者が産業廃棄物を収集するか、もしくは運搬者や処分業者に引き渡してから3日以内にマニフェスト情報(一次マニフェスト)を登録します。
②収集運搬業者が、運搬が完了した日から3日以内に運搬終了報告を行うことで、排出事業者に運搬終了の報告が届きます。
③中間処理業者が、中間処理が終了した日から3日以内に中間処理終了の報告を行うと、排出事業者に中間処理終了の報告が届きます。
④中間処理業者が廃棄物を引き渡した日から3日以内に産業廃棄物の種類や行き先ごとにマニフェスト(2次マニフェスト)の情報を登録します。
⑤収集運搬業者が、運搬が完了した日から3日以内に運搬終了報告を行うことで、中間処理業者に運搬終了の報告が届きます。
⑥最終処分業者が、最終処分が終了した日から3日以内に最終処分終了の報告を行うと、中間処理業者に最終処分終了の報告が届きます。
⑦中間処理業者が最終処分報告を受けた日から3日以内に排出事業者が①で登録したマニフェスト情報に対して最終処分報告を行うことで、排出事業者に最終処分が終了した旨の報告が届きます。

マニフェストを施主が確認することはできる?

マニフェストの意味や流れについてわかったところで、まだ解消されていない疑問があります。それは、施主はマニフェスト伝票を確認できるのかという点です。

解体工事が無事終わったならば、施主としてはマニフェストを確認して、正しい方法で廃棄物が処理されたかどうか確認したいでしょう。施主に対してマニフェストを発行する義務はないのでしょうか?

結論から述べると、そのような義務はありません。マニフェストの運用について定めている廃棄物処理法には、そのような義務について言及する条文がないからです。

しかし、施主に安心してもらったり業者の証明として使ったりするために、マニフェストを施主に確認させるケースは珍しくありません。結局は業者の裁量にはなりますが、気になったときは確認してみましょう。

まとめ

このコラムを読んではじめて解体工事におけるマニフェストの意味を知った方も少なくはないのではないでしょうか?このように、産業廃棄物を処分するのにも決められたプロセスを踏んでやらなくてはならないのです。

産業廃棄物を処分する作業を円滑化させるためにも、環境のために産業廃棄物を適切に処分するためにも、マニフェストはなくてはならないものです。慣れないうちはマニフェスト制度を正確に理解するのが難しいこともありますが、そういうときは業者に問い合わせてみることをおすすめします。横と横のつながりを大切にすれば、きっと正しく産業廃棄物を処分できるでしょう。

解体工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「解体工事」をご覧ください。

他社との相見積もり歓迎!
最短1日で業者をご紹介!
※対応エリアや加盟店によって変わります
木造、鉄筋鉄骨などのさまざまな構造の建物の解体工事に対応しています。また解体工事中に出た古い家具の処分なども行いますので、安心してお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
塀や壁の除去といった一部だけの解体も請け負っています。
解体工事 1坪 19,800円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

外壁・屋根 解体工事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!