生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

家の寿命はどれくらい?「日本の家の寿命は短い」の嘘と本当とは

投稿日:2018-02-28 更新日:2018-11-13

家の寿命はどれくらい?「日本の家の寿命は短い」の嘘と本当とは

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

わたしたちが生活するうえでかかせないものの一つに、「家」があります。
そして「わたしたちが住んでいる家の寿命はあとどのくらいなのだろう」「いつまでこの家に住むことができるのだろう」と心配されている方もいらっしゃるかと思います。
また家を建てる際にどんな住宅にしようか迷っていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はそんな家の寿命について、住宅の種類ごとに詳しく解説していきたいと思います。

木造住宅の寿命

木造住宅とは、土台や柱などの主要部分を木材で作成した住宅のことで、日本に古くからあります。また、現在においても日本の住宅の半数以上を占めています。

建築技術が進化していくなか、いまだに根強い人気を誇っています。
そんな木造の家の寿命は一般的に30年といわれています。

「30年なんて短い!」と思われるでしょうか。
しかし、この30年という数字は、寿命を迎える前に取り壊された木造住宅をもとに算出された数字なのです。
適切に温度や湿度が保たれていたり、メンテナンスが徹底されていたりすると、木造住宅の寿命は80年までに伸びるといわれています。

      木造住宅の寿命

鉄筋/RC住宅の寿命

鉄筋/RC構造といった文字を目にすることも増えてきました。
RCとは“Reinforced Concrete”の略称で、「強化されたコンクリート」という意味を持ちます。

防音や耐久・耐火性に優れているため、安全性が重視されている近年、鉄筋/RC住宅を選択する方も増えています。
鉄筋/RCでできた家の寿命は37年といわれています。
この数字も寿命を迎える前に建て替えをしたマンションの平均年数です。

鉄筋/RC住宅の実際の寿命は、正しくメンテナンスを施せば60年から90年といわれるようになりました。

コンクリートも木材と同じく劣化していく素材です。
コンクリートはアルカリ性なのですが、空気中の炭酸ガスを吸収して徐々に中性に変化していきます。

中性に変化したコンクリートは空気や水が浸透しやすくなることで劣化していきます。
鉄筋の張替えなどを施すことによって、その寿命を大幅に伸ばすことも可能ということです。
近年リノベーションを用いて築140年という年数になった物件もあるようです。

      鉄筋/RC住宅の寿命

日本の家は海外の家より寿命が短い

日本にある家の寿命は、海外の家よりも短いといわれています。
それはいったいなぜなのでしょうか。
戦後多くの家屋が焼失してしまった日本は、一刻も早くたくさんの家を建てるということに専念しました。

その結果、たくさんの人に家屋を提供するために品質が戦前より劣るものが出来上がったということがあるようです。
戦後から現存している建物は、劣化するのが早い傾向があるといえます。

品質の問題だけではなく、日本特有の気候も影響しています。
1年を通して気温や湿度などが様々な変化をする日本の環境は特殊なのです。
品質の劣る住宅に大きなダメージを与えることになりました。
こうしたこともあり、戦後から現存している住宅は、劣化が進行しているといわれています。

家の寿命を延ばすためにできることとは

では、そのような家の寿命を少しでも伸ばすために、どのようなことができるのでしょうか。木造住宅、鉄筋/RC住宅の種類を問わず、家は湿気などの水分に非常に弱いことを意識してメンテナンスを行うことが大切です。

こまめなお掃除は、わたしたちの生活を整えるだけでなく、住宅を守ってくれます。
水回りや外周部分を綺麗に掃除することで、住宅に異常があった場合の早期発見につながります。
水回りは、水漏れが原因のシミや浸水・配管から異臭がないかなどに気をつけましょう。
水漏れが原因で家が腐食してしまう場合もあるので、注意が必要なのです。

外周分は、ひびわれや雨樋(あまどい)の異常に気をつけながら掃除していきましょう。
もしも異常が発生していて、それに気づかないでいると、排水がうまくできない・防水が十分にできていないといった事態につながります。
放っておくと家そのものを傷めてしまうおそれがあります。

      家の寿命を延ばすためにできることとは

家の建て替えを検討したほうがいいタイミング

これまで家の寿命についてお話をしてきましたが、もしもお住いの住居が昭和56年より以前に建てられたのであれば現在の耐震基準とは大きく異なっています。

そうした場合、突然の地震に耐えられないかもしれません。
被害を避けるためには、家の建て替えを検討されたほうがよいとされています。

また「結婚」「出産」「家族の成長」など、ライフスタイルは変化していきます。
部屋の数や収納が足りなくなるなどの問題が発生することもあるでしょう。
リフォームという手段もありますが、それは土台がしっかりしている場合です。

思い切って家の建て替えをする方がいい場合もあります。
解体工事が必要な場合は、経験豊富で信頼できる業者を選ぶことが大切です。

まとめ

今回は、家の寿命についてくわしくお話させていただきました。
現在では技術の進歩により、これから建てられていく家屋はその寿命がどんどん延びていくといわれています。
もし今の家の寿命や状態に不安を覚えた場合は、ぜひとも建て替えを検討してみてくださいね。

解体工事が必要であれば、専門の業者に相見積もりすることをおすすめします。

解体工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「解体工事」をご覧ください。

他社との相見積もり歓迎!
最短1日で業者をご紹介!
※対応エリアや加盟店によって変わります
木造、鉄筋鉄骨などのさまざまな構造の建物の解体工事に対応しています。また解体工事中に出た古い家具の処分なども行いますので、安心してお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
塀や壁の除去といった一部だけの解体も請け負っています。
解体工事 1坪 18,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-13 14:08:53
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_dismantle/43143/
外壁・屋根
わたしたちが生活するうえでかかせないものの一つに、「家」があります。そして「わたしたちが住んでいる家の寿命はあとどのくらいなのだろう」「いつまでこの家に住むことができるのだろう」と心配されている方もいらっしゃるかと思います。また家を建てる際にどんな住宅にしようか迷っていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな家の寿命について、住宅の種類ごとに詳しく解説していきたいと思います。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 解体工事

解体工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

解体工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!