生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

解体工事中に見つかった!?撤去に必要な浄化槽の汲み取り料金も紹介

投稿日:2018-02-21 更新日:2018-11-13

解体工事中に見つかった!?撤去に必要な浄化槽の汲み取り料金も紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

古い建物を取り壊したときに、土の中から見慣れないタンクのようなものが埋まっていることがあります。このタンクは浄化槽と呼ばれるものですが、実はこの浄化槽を使っていないのに埋めたままにしておくと、気づかないうちに不法投棄という法律違反を犯している状態になってしまうのです。

解体工事の作業中は、浄化槽を撤去できるチャンスです。浄化槽を見つけたときには、業者に依頼して適切な方法で撤去してしまいましょう。中に排水が残っていたときの、浄化槽の汲み取り料金や方法についてもご紹介します。

浄化槽の汲み取りが必要な解体工事のケースとは

浄化槽は下水道設備がない家屋で使った生活排水を貯めておく場所です。浄化槽の中では微生物などの働きで汚れを分解しています。最近では下水道設備が普及して、浄化槽を使っている家庭は少なくなってきました。しかし、古い家の場合は地中に浄化槽が埋まったままになっていることが多く、解体作業をするときに浄化槽が出てくることがあるのです。

解体作業中に浄化槽を発見した場合は撤去する必要があります。使っていない浄化槽があるのにそのまま放置しておくと、不法投棄になってしまうおそれがあるのです。

ただし、撤去するときに浄化槽の中に生活排水が残ったままになっている場合は注意が必要です。撤去作業の前に、浄化槽の汲み取りをおこなわなければなりません。

もちろん、浄化槽の汲み取りにも料金はかかります。では、汲み取り分の料金を出せば解体業者が一緒に汲み取り作業もおこなってくれるのでしょうか。
      浄化槽の汲み取りが必要な解体工事のケースとは

浄化槽の汲み取りは解体業者はやってくれないのか

結論からいうと、浄化槽の汲み取りは料金を支払っても解体業者はおこなってくれません。ではどこに依頼をすると、浄化槽の汲み取りをおこなってくれるのでしょうか。

依頼できるのはどこか

浄化槽の撤去方法は法律で定められているのです。お住いの自治体に確認して、正しい方法で浄化槽を撤去するようにしましょう。汲み取り作業をおこなえる、自治体からの許可を持った汲み取り業者が作業をおこなってくれます。

汲み取りをしないまま解体工事をおこなって中の排水が外にこぼれ出ても、不法投棄とみなされてしまいます。浄化槽を見つけた時点で、自治体に連絡を取ることをおすすめします。解体作業中に浄化槽が見つかったときは、解体業者が汲み取り業者を紹介してくれることもあります。

浄化槽の汲み取り料金の相場

浄化槽の中に排水が残っている場合、自治体が定めた業者に依頼して汲み取ってもらう必要があります。その浄化槽の汲み取りの料金はいくらくらいになるのでしょうか。

浄化槽の汲み取り費用は、浄化槽の撤去作業とは別に1万円~2万円かかるのが一般的といわれています。浄化槽の撤去を含めると、上記の金額に3万円~5万円上乗せされることが多いそうです。

このように、浄化槽の撤去、汲み取り料金は解体工事費とは別にかかります。解体工事の見積もりを出してもらうときに浄水層の存在を伝えておかないと、すべての解体、撤去費用がわかりにくくなってしまいます。浄化槽が埋まっているか判断できないときには、見積もり算出の解体業者との立ち合いのときに探してもらうといいでしょう。
      浄化槽の汲み取り料金の相場

もし料金に納得がいかないときは

浄化槽の撤去や汲み取り作業には、数万円の費用がかかります。もし浄化槽の汲み取りなどの料金がおかしいと感じる場合には以下のことを確認してみるとよいでしょう。

解体工事と同時扱いではなく、浄化槽単体での撤去作業費になっている

解体作業のときに同時におこなう場合の金額よりも、浄化槽のみの撤去作業のほうが高額になることがあります。

撤去方法の違い

浄化槽の撤去方法は「撤去」と「砂埋め」の2種類があります。「砂埋め」のほうが費用は安く済みますが、実は「砂埋め」という方法は不法投棄扱いになってしまうのです。実際に、2010年に出された狭山市浄化センターの浄化槽不法投棄に関する是正指導のように是正勧告を受けるおそれもあります。安すぎる撤去費用が見積もりで提示されていた場合には注意が必要です。

このように、浄化槽の撤去や汲み取りにもトラブルになりやすい例があります。浄化槽の汲み取りを適正な価格でおこなってくれる業者に作業を依頼しましょう。
      もし料金に納得がいかないときは

まとめ

今回は生活排水を貯めておく、浄化槽の撤去についておはなしさせていただきました。

浄化槽を撤去するとき、中に排水が残ったままでは撤去をおこなうことはできません。排水の汲み取りは自治体の決めた業者がおこなうように定められています。別途かかる浄化槽の汲み取り料金も含めて、事前に見積もりを取って確認しておきましょう。適正な価格で、しっかりと撤去作業をおこなってくれる、信頼できる業者を見つけてくださいね。

解体工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「解体工事」をご覧ください。

他社との相見積もり歓迎!
最短1日で業者をご紹介!
※対応エリアや加盟店によって変わります
木造、鉄筋鉄骨などのさまざまな構造の建物の解体工事に対応しています。また解体工事中に出た古い家具の処分なども行いますので、安心してお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
塀や壁の除去といった一部だけの解体も請け負っています。
解体工事 1坪 18,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-13 14:11:02
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_dismantle/40232/
外壁・屋根
古い建物を取り壊したときに、土の中から見慣れないタンクのようなものが埋まっていることがあります。このタンクは浄化槽と呼ばれるものですが、実はこの浄化槽を使っていないのに埋めたままにしておくと、気づかないうちに不法投棄という法律違反を犯している状態になってしまうのです。解体工事の作業中は、浄化槽を撤去できるチャンスです。浄化槽を見つけたときには、業者に依頼して適切な方法で撤去してしまいましょう。中に...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 解体工事

解体工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

解体工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!