生活110番辞典 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

解体工事の際は整地について確認を!そもそも整地って何?

2018-05-09

解体工事の際は整地について確認を!そもそも整地って何?

解体工事の無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ

みなさんは、解体した後の土地の状態によって、売却した際の価格が変わることがあることをご存じですか?建物を取り壊した後の状況によっても、整地の状態か更地の状態かで土地としてのくくりに違いが出てきます。今回は整地と更地は何が違うのか、解体業者に依頼するときはどこをポイントにすればいいのかをご紹介いたします。特に、解体業者を選ぶときには注意するポイントがあるので確認してみましょう。

解体工事のおすすめサービス

整地って何?更地との違いは?

整地とは、土地や建築を建てたり、耕作したりすることなどに適するように平らにしたり、また平らにならされた土地のことをいいます。整地にするには土地の上にあった建物を解体した後にコンクリートや大きな石・木片・ガラスなどを手や重機ですくいきれいにし、その後に重機で踏み固める作業を行う必要があります。

整地に対して更地は、手入れがされていない空き地という意味があります。更地は建物や建築物等の基礎等がないまっさらな宅地を指しています。よって、整地されているかどうかは関係がありません。ただし、畑や山林は、表面が土だとしても宅地ではないため更地とは呼びません。
      整地って何?更地との違いは?

整地には種類がある

(1)粗整地
整地にも種類がありその中でも一番簡素な方法が粗整地という方法です。建物の解体後にコンクリートの破片、大きな石、木片を、ガラスなどを手や重機で拾い上げます。
重機の搬入ができる場合はその後に重機で踏み固める作業を行うことができます。材料費、運搬費や整地にかかる人件費も少なくて済むためコストも一番安くなる方法といえます。
また、ほうきでの清掃をすることや、トンボをかけることも粗整地といわれています。

(2)真砂土舗装
つぎに、真砂土(まさど)舗装を紹介いたします。真砂土舗装は丁寧にコンクリートの破片、大きな石、木片、ガラスなどを取り除いた後に、土を敷き、重機やローラーで固めて仕上げる整地方法です。ガーデニングや庭土などに適しているため、土地を売るときに見栄えを良くする目的で行われることがあります。

(3)砕石舗装
砕石舗装とは、細かく砕いた石を地面に敷き詰めることで行われる舗装方法です。石を敷き詰めた後に重機で圧縮することによって、雨が降ったときのぬかるみを防ぐことが出来ます。メリットとして、アスファルト舗装より安く、お手軽に舗装を行うことが出来るということが言えます。

(4)その他の整地
他には、コンクリート舗装、アスファルト舗装がありますがこれは整地の範囲を外れた、外構工事の内容です。解体業者の中には外構工事にも対応できる業者があります。解体工事と一緒の業者に依頼することにより、割安で工事を行うことが出来る可能性があります。

解体工事を業者に依頼する際は整地について確認を

解体工事業者の中には、丁寧とはいえない会社もあります。これについてはどんな仕事においても同じですが、一定数こういった会社は存在しているというのが現状です。もし、このようなハズレの会社を選んでしまった場合はどうなるでしょう?

契約の時は整地をするとなっているのに、いざ解体工事が終わってその土地を見ると、コンクリートのかけらがたくさん落ちている…ということも実際にあります。

このようなことはなぜ起きるのでしょうか?それは法律で「取り除くべきものやその大きさ」が決まっていないからです。そのため解体工事業者によって取り除く基準が違い、トラブルになりやすいのです。解体工事業者を選ぶ場合は、どこまで整地してくれるのかを、工事が始まるまでにしっかりと確認するようにすることをおすすめします。
       解体工事を業者に依頼する際は整地について確認を

解体工事業者を選ぶポイント

解体工事業者を選ぶポイントはいくつかありますが、はじめに気になるのが金額だと思います。インターネットで調べたりすると、明らかに安すぎる工事料金をうたう解体業者もあり、本当にこの会社がいい会社なのか疑問に思ってしまいます。

結論としては、高いからといってよい会社とはいえません。ですが、解体作業の内容と金額のバランスが取れた会社がおすすめできるでしょう。
ではどういった解体業者がバランスのとれているかは、見積もりを取ることでわかります。整地までおこなうか単なる更地にするかなど、作業の内容がしっかり明記されているかどうかを確認してみましょう。その際に追加で費用が発生するのかどうかを確認することも重要です。

また、複数の解体業者に見積もりを取ることで、実際に依頼しようとしている解体作業が適正なものかどうかを確認することもできます。

明らかに安い見積もりを出してくる場合は、注意しましょう。すべての解体業者がそうだとはいえませんが、解体作業を終えたあとに正式な処理をせず、不法投棄をして利益を得るという解体業者もあるようです。

不法投棄は立派な違法行為で、業者だけでなく、なんと施工主も刑事罰が与えられる場合があります。不法投棄を行うと、罰則として5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金、またはその両方が科せられる場合があります。最悪の場合、前科がつくことも考えられますので確認は怠らないようにしてください。
      解体工事業者を選ぶポイント

解体工事のおすすめサービス

まとめ

これまで整地や更地の違い、整地の種類、解体業者の選び方などをご紹介してきました。そのなかで、整地や更地について正しい知識を身に着けることや、良い解体業者ばかりではないことをご理解いただけたと思います。とくに、良心的でない解体業者に依頼をしてしまった時のデメリットはなかなかに大きいものがあります。実際に解体業者を選ぶ際には、なるべく安さだけで選ぶことなく良心的な業者を選ぶようにしたいですね。

解体工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「解体工事」をご覧ください。

解体工事のおすすめ業者を見る

解体工事の無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-05-09 18:10:57
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_dismantle/38318/
外壁・屋根
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 解体工事

おすすめ記事

解体工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

解体工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

解体工事オリジナルサービス

0120-949-986