生活110番辞典 各種調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

盗聴されているかも…不安な時にチェックしたいポイント

盗聴されているかも…不安な時にチェックしたいポイント

盗聴器はネット通販だけでなく、店頭でも販売されているものもあるほどで、誰でも簡単に入手することが出来ます。現在の日本の法律では、盗聴そのものは禁止されていません。しかし盗聴された内容が個人情報や、それに類するプライベートなことだと思うと、不安や不気味さを覚えるのも当然です。もし、現在進行形で盗聴されているかもしれないとお悩みの方は、本当に盗聴されているかどうか、チェックしてみるのも一つの方法です。
盗聴されていると確信が持てれば、その後の対応も依頼しやすいでしょう。

盗聴器の基礎知識

盗聴器には様々な種類がありますが、電源で大きく種類を分けることが出来ます。

・電池駆動タイプ

電池駆動タイプは、私達がよく使用する乾電池や、その他専用バッテリーなどを利用して居るものです。小型のものが多く、他のものに内蔵したり、家具の影などに隠したりしやすい点で利用が多いようですが、電池交換をしないと、いずれ盗聴できなくなるので、犯人は再度盗聴器を仕掛けに来る恐れがあります。

・AC電源供給タイプ

AC電源供給タイプは近年広く使用されていると言われているタイプの盗聴器で、コンセントに差し込んで直接電源供給を受けられるので、理論上は半永久的に盗聴可能なものです。コンセントタップの形状に偽装していることが多いので、見つけづらいというのも悩ましいところです。
また、電気配線の知識が必要になりますが、住宅内のブレーカーの中に内蔵するパターンもあるそうです。

・電話線供給タイプ

電話線供給タイプは、電話の音声を盗聴する為に取り付けられているものです。電話線には常時電流が流れているので、これを利用して盗聴器を駆動させることが出来ます。
電話音声で個人情報や行動予定などをよく話す対象者を狙う場合に利用されます。

 

また、これ以外にもコンクリートの壁に張り付けて、振動を検知して盗聴を行うコンクリートマイクや、音の通りの良い建物であれば、盗聴器など使用せずに直接聞き耳を立てているということも考えられます。

 

盗聴されているかもしれないと感じた時にチェックするポイント

 srcset=盗聴されているかもしれないと感じた時にチェックするポイント” width=”500″ height=”332″ />

盗聴されているかもしれない、でも思い違いかもしれない…とお悩みの方は、一度お部屋の中などをチェックされる事をおすすめします。
代表的なチェックポイントとしては以下の4点。

・見慣れない品物や、最近もらったものが部屋の中に増えていないか

ぬいぐるみやお花、その他様々なギフトの中に小型の盗聴器を仕掛けられている恐れがあります。特に、誰にもらったのか思い出せない物、いつ買ってきたかわからない備品などは危険度が高いです。
他人からもらったものを疑うのは良くないと思われるかもしれませんが、そういった善意に漬け込んでいる人間もこの世の中には居るのです。

・入居当時から部屋に取り付けられていたコンセントタップなどはないか

コンセントタップ型の盗聴器は手軽に使える上に、タップとしての機能はそのまま使える場合があるので、盗聴器としてうってつけです。前の住人が面白半分で取り付けたり、盗聴犯が仕掛けたりしても中々気が付かないものです。
不自然な電源タップは取り外して置くのがおすすめです。
また、最近頼んでいるかどうかあやふやな電気工事などはありませんでしたか?電気工事や電話線工事を装って、モジュラージャックやブレーカー部分に盗聴器を仕掛けている事があり得ます。

・最近空き巣に入られたりしていないか

空き巣に入るついでに盗聴器を仕掛けていく、というパターンもあれば、盗聴器を仕掛けるために空き巣を働く場合もあります。特に後者では物品に被害がない場合もあり、安心しきってしまうので油断に付け込まれ、大切な情報を盗み聞きされるかもしれません。

・不特定多数の人間が出入りしていないか

一般の住宅より、むしろ企業などで盗聴被害に合う場合、不特定多数が勝手に出入りできる場所はかなり危険だと言えます。オフィス内はもちろん、応接室、休憩室、食堂、はては工場のライン内など、ライバル企業などに見られたくない、聞かれたくない内容の話をする場所は会社の中にたくさんあります。
もし、業務上の秘密が不自然な形で他社などに知られている場合、警戒が必要かもしれません。

盗聴を妨害する方法について

盗聴を妨害する方法について

上記のようなポイントをチェックしても盗聴器が見つからない、もしくは盗聴被害が止まらない場合は、盗聴そのものを妨害してやる必要もあるかもしれません。
盗聴を妨害する方法としては

・話し声より大きな音を流す

盗聴器の感度は、大抵人間の耳と同じくらいだと言われているため、話し声が分からないくらい大きな声が同時に流れていれば、会話内容を聞き取る事は難しくなります。
・壁に向かってラジオやテレビを流す
また、壁に向かって音を流すのも、コンクリートマイクのような見えない部分からの盗聴に効果があります。

・話さない
・家を引き払う
話さない、家を引き払うのはある意味最終手段とも言えます。盗聴していても会話が聞こえないのでは、そのうち盗聴事態を諦めるかもしれませんし、家を引き払えば、次の場所で盗聴対策をきちんとしておけば、少なくともその時点で悩んでいる盗聴被害からは逃れられます。

 

市販の盗聴器発見器やFMラジオでは発見できない?

巷には盗聴器があれば、盗聴器発見器も販売されています。盗聴器の発する電波を検知するという触れ込みのものが多いですが、実際は盗聴器以上に様々な電磁波を発しているテレビやパソコン、ゲーム機などに反応してしまい、探し出すのは難しいと言われています。
また、盗聴器によっては、ラジオの帯域で盗聴電波を流している場合があるようですが、最近のものでは周波数がFMラジオとは全く異なるものを使用していることが多いので、中々探知は出来ないとも言われています。

まとめ

まとめ

盗聴器は自分で探し出すのが難しく、知らず知らずのうちに個人情報が誰かに盗み聞きされてしまいますので、一刻も早く除去したいところですが、実際は自分で見つけるのが難しいと言われており、いつまでも盗聴されているのではないかという猜疑心に苛まれ、自分の精神と生活をボロボロにされてしまいます。
そうなる前に、盗聴器調査のプロに依頼して、盗聴器が設置されているかいないのかをはっきりさせ、仕掛けられているものについては早急に除去してもらうのがおすすめです。
お困りでしたら「生活110番」の「盗聴器調査」より、皆様のお住いの地域で対応してくれる盗聴器調査のプロをお探しください。

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、下の投稿ボタンからご評価ください!
2投票,  平均評価値:5
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-09-01 15:54:07
https://www.seikatsu110.jp/reserch/rs_wiretap/5736/
各種調査
盗聴器はネット通販だけでなく、店頭でも販売されているものもあるほどで、誰でも簡単に入手することが出来ます。現在の日本の法律では、盗聴そのものは禁止されていません。しかし盗聴された内容が個人情報や、それに類するプライベートなことだと思うと、不安や不気味さを覚えるのも当然です。もし、現在進行形で盗聴されているかもしれないとお悩みの方は、本当に盗聴されているかどうか、チェックしてみるのも一つの方法です。 盗聴されていると確信が持てれば、その後の対応も依頼しやすいでしょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種調査

最新記事

おすすめ記事

0120-949-986