生活110番ニュース 各種調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

情報が筒抜けに!?盗聴器の調査で不安を解決しましょう!

投稿日:2018-03-27 更新日:2019-07-24

情報が筒抜けに!?盗聴器の調査で不安を解決しましょう!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「他人が知ることができないはずの情報を知っている」「周りの人の動きに違和感がある」といったときは、もしかすると盗聴器が仕掛けられているかもしれません。
盗聴器を調査する方法は一般的に知られていないので、どうすればいいのかわからないという人も少なくはないでしょう。

盗聴という卑劣な犯罪に屈することなく、盗聴器を調査する方法についてご紹介します。

盗聴器が仕掛けられやすい場所は?

住宅やオフィスなど、さまざまな場所に盗聴器が仕掛けられる危険はあります。具体的にはどのような場所に仕掛けられることが多いのでしょうか?
それについて考察し、盗聴器の種類ごとにまとめてみました。

半永久発信型

コンセントや電灯などから直接電気を得るタイプの盗聴器です。バッテリーなどを必要とせず、盗聴器が壊れたり電気の供給がなくなったりしなければ、半永久的に盗聴し続けることができてしまいます。

仕掛けられる場所は室内灯の中、コンセントの裏側、コンセントが付いた置時計の中、電話線がつながっている保安器などです。

時限型

盗聴器の中には電池を必要とするものも存在します。それらは使える時間に限りがあるため、時限型と呼ばれています。

時限型の盗聴器はぬいぐるみ、絵画、花瓶、エアコン、新聞受けなどさまざまなところに仕掛けられます。部屋の中だけでなく、自動車や屋外に仕掛けられているケースもあります。贈り物の中に仕掛けられていることもあり得るという点で、恐ろしいですね。

      盗聴器が仕掛けられやすい場所は?

自分でもできる盗聴器の調査方法

盗聴器からは一定に周波数と電波が発生しているので、その電波を捕まえることができれば、自分で盗聴器を発見できることもあります。
「どうやって目に見えない電波を捕まえるのか?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、市販の盗聴器発見器を使えば、ある程度それが可能になります。

Yosishop 盗聴器・盗撮器 探知機

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

盗聴器などの電波を見つけたときに警告音やバイブレーションによって伝えてくれます。また、液晶モニターで電波の検出状況なども表示してくれます。

ただし、市販の盗聴器発見器では必ずしも盗聴器を発見できるとは限りません。それらが発達するのに伴って、盗聴器もより高性能なものへと発展しているからです。また、半永久発信型の盗聴器は電源と直接つながっているため、一般の方がむやみに取り外そうとすると感電するおそれがあるような場所に仕掛けられている場合もあります。

ご自分で盗聴器を調査するにはある程度限界があり、プロに任せたほうが安全性と確実性の観点から望ましいということを念頭に置いておきましょう。

盗聴器の調査を依頼すると、かかる費用は?

プロに盗聴器の調査を依頼するには、どれくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。その相場をお伝えすることができればいいのですが、実際には、盗聴器の調査費用には相場というものが存在しません。なぜ、盗聴器の調査依頼には相場が存在しないのか。次はその理由についてご紹介します。

理由1:会社の違い

盗聴器を調査する会社によって、調査できる範囲はまったく異なります。しかし、ほんのわずかな範囲しか調査できない会社も幅広く調査できる会社も一律にプロを名乗っているのが現状です。そのため、同じ調査にかかる費用も会社によって大きく差が出てきます。その結果、一概に相場を述べることができなくなっているのです。

理由2:料金設定が不透明

盗聴器を調査する会社にも悪徳業者は存在します。宣伝では「盗聴器調査は1万円から」などといっていても、実際は盗聴器の発見報酬や盗聴器撤去の手数料などが掛かり高額な請求をしてくる会社もあります。そのため、見積もりや広告だけでは判断できないのです。これも盗聴器の調査にかかる費用の相場を明確にすることができないことのひとつです。

      盗聴器の調査を依頼すると、かかる費用は?

盗聴器の調査はどのように行われる?

盗聴器の調査は、調査→発見→撤去というプロセスを経て行われます。それらのプロセスについて、詳しく確認しておきましょう。

盗聴器の調査

まずは、盗聴器を見つけるために盗聴器が設置されていそうな場所を中心に調査していきます。盗聴器が設置されていそうな場所は聞き取り調査や現場の状況をもとに判断されます。

盗聴器の調査には、盗聴器発見器を使ってもよいのですが、専用の広域受信機を使って調査することもあります。広域受信機は広い範囲のわずかな電波さえ捕まえることができるので、より正確に盗聴器を発見できることが期待されます。

盗聴器の発見

盗聴器が発見されたら、誰が仕掛けたのかを調査するとともに撤去する作業に移ります。無関係の人がわざわざ盗聴器を仕掛ける可能性はほとんどないため、ストーカーや商売敵など身近な人が犯人であることが多いようです。

盗聴器の撤去

盗聴器を撤去する場合は注意が必要です。前述のとおり、半永久発信型の盗聴器であれば電源などに直接つながっており、下手をすると感電する危険もあるからです。

また、盗聴器の撤去には第二種電気工事士やアナログ第三腫工事担任者などの資格が必要になることもあります。そのためプロに任せしたほうが無難でしょう。

ときには、盗聴器を取り出すために壁を壊したり大規模な工事を行ったりするうこともあるので、心の準備はしておきましょう。

まとめ

盗聴器の調査は意外と手間がかかると感じた人もいらっしゃるかもしれませんが、情報やプライバシーを守るうえでは仕方がないことでしょう。

盗聴器の調査をプロに依頼するときは、どのような調査を行うのか、盗聴器が発見された場合のフォローはどうなっているのか、調査結果を書面で報告できるか、目立たないように来てくれるか、調査料金の体系はどうなっているのかなどということを基準に判断されるとよいでしょう。

このコラムが、盗聴器からあなたの情報やプライバシーを守るために、少しでも役立てばうれしく思います。

盗聴器調査に関して頼れる業者や掛かる費用

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「盗聴器調査」をご覧ください。

不安を解消しませんか?
もしかしたら盗聴されている!?
※対応エリアや加盟店によって変わります
電話中にノイズが聞こえるなどの症状は、もしかしたら盗聴器が原因かもしれません。不安な日々をお過ごしでしたら、まずは気軽にご相談ください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
コンセント部分や照明器具、時計など設置機器・場所は多種多様です。
盗聴器調査 20,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:しゅうじ
捨てる予定だった家具をリメイクしたところ、ちょっとした話題となった。その経験を活かし、家具・雑貨修理の記事を中心に作っている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-07-24 14:40:45
https://www.seikatsu110.jp/reserch/rs_wiretap/54304/
各種調査
「他人が知ることができないはずの情報を知っている」「周りの人の動きに違和感がある」といったときは、もしかすると盗聴器が仕掛けられているかもしれません。盗聴器を調査する方法は一般的に知られていないので、どうすればいいのかわからないという人も少なくはないでしょう。盗聴という卑劣な犯罪に屈することなく、盗聴器を調査する方法についてご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種調査 盗聴器調査

盗聴器調査のお問い合わせ・ご相談はこちら

盗聴器調査についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!