生活110番辞典 各種調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンクリートマイクで盗聴!?恐るべきコンクリートマイクの実態

2017-11-24

コンクリートマイクで盗聴!?恐るべきコンクリートマイクの実態

「コンクリートマイク」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。
コンクリートマイクとは聴診器のような形をしたマイクで、探偵がこれを使用して調査をすることもある機器です。
このコンクリートマイクで実は盗聴される恐れもあります。今回はその概要と対策について紹介していきます。

盗聴器調査業者一覧ページへ

コンクリートマイク(集音マイク)とは?

壁に当てて隣の音を聞く

コンクリートマイクの使い方は、壁に直接マイクを当てるというシンプルなものです。
マイクを当てると隣室の音声が聞こえるのですが、壁の材質やマイクの性能によって音質が変化します。
コンクリートマイクの名の通り、材質がコンクリートであれば集音性は高いです。

電波を利用していない機器のため、室内側からはなかなか発見がしづらいです。
特に、壁の薄いホテルやアパートなどは、ダイレクトに音が聞こえてしまう危険性があります。

集音マイクとしての能力に差はない

コンクリートマイクの原理は壁にコップを当てて音を聞いているのと同じことですが、音を聞くことに特化した電子機器のため、コップで音を聞くのとは雲泥の差があります。

コンクリートマイクには、1万円台から購入できる入門機や、約10万円する高級機までさまざまな値段のものが販売しています。

しかし、集音マイクとしての差はあまりなく、値段の違いはノイズをいかに減らしているかという部分にあります。
入門機ではダイレクトに音がそのまま聞こえてきますが、高級機はノイズを減らすことができるので聞きたい音をクリアに聞けるといいます。
      1.	コンクリートマイク(集音マイク)とは?

コンクリートマイクの対策

もしコンクリートマイクで盗聴をされていると感じたら、消音するために音楽を流したり、壁に物を置いて室内の音を弱めるなどの対策が必要になります。

また、部屋に置くことで室内に雑音を流す妨害機器などもあります。
いずれにせよ、電波を発していないコンクリートマイクを妨害することはできても、確認する方法はありません。

コンクリートマイクは見つけることができる?

警察はコンクリートマイクを発見できるのか?

警察はコンクリートマイクの発見に関わるということはできないと言われています。
盗聴行為は法律で取り締まれないため、警察に技術はあっても介入はできないようになっています。
コンクリートマイクの場合、壁越しの音を聞くことになります。つまり住居侵入や電波法違反などになるので盗聴を行う際に犯した罪でなければ罰せられません。

例をあげると、アパートの隣室でコンクリートマイクによる盗聴が行われた場合、住居にも侵入しておらず、改造して電波を発していない限り電波法にも違反していないので、罪には問われません。
発見ができるのは、盗聴器発見専門業者・探偵業・警備業に限られます。

業者はコンクリートマイクを発見できるのか?

音声の録音、再生などの目的で電波を発信するよう改造されたコンクリートマイクであれば比較的容易にプロも発見することができます。
ですが、コンクリートマイクは持ち運びがしやすく証拠が残りづらいため、 発見が困難な機器です。
あまりにも盗聴をされているという疑惑が強ければ、一度プロに相談するのがよいでしょう。
      コンクリートマイクは見つけることができる?

二次被害を防ぐためにも、警察への相談を検討してください

たとえコンクリートマイクの使用を突き止めたとしても、人によってはその後ストーカーなどの犯罪に発展する恐れがあります。

コンクリートマイクで盗聴をするのも、ストーカーの延長行為でしている可能性があるため、ただ発見するだけでは根本的な解決にはなりません。

また、発見をすることで警察は盗聴をした本人に警告はすることができます。
そのように警察に警告をされるだけで、二次被害を防ぐこともできます。

犯罪に発展するような二次被害を防ぐためにも、もし盗聴されている、と感じたらプロだけではなく警察への相談も検討しましょう。盗聴の罪には問われなくても、つきまといや、「監視をしている」と告げるような行動があれば、ストーカーの容疑で逮捕できる可能性があります。
      二次被害を防ぐためにも、警察への相談を検討してください

盗聴器調査業者一覧ページへ

まとめ

コンクリートマイクは、探偵が使う道具でもありますが、使い方を間違えれば盗聴器にもなります。
そのまま盗聴を放置すれば、知るはずのない個人的な情報を知らない誰かに知られているといった恐れもあります。

もしコンクリートマイクによる盗聴を何とかしたいとお考えの場合は、一度プロや警察に相談することをおすすめします。

盗聴器の調査を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金については、「生活110番」の「盗聴器調査」をご覧ください。

盗聴器調査のおすすめ業者を見る

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:3.7
このエントリーをはてなブックマークに追加
引越し成功の24のポイント
2017-11-24 15:48:24
https://www.seikatsu110.jp/reserch/rs_wiretap/13003/
各種調査
「コンクリートマイク」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。 コンクリートマイクとは聴診器のような形をしたマイクで、探偵がこれを使用して調査をすることもある機器です。 このコンクリートマイクで実は盗聴される恐れもあります。今回はその概要と対策について紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種調査

最新記事

おすすめ記事

0120-949-986