生活110番ニュース 各種調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

不同沈下による影響はどんなもの?発生する原因と事前にできる対策

更新日:2021-04-30

不同沈下による影響はどんなもの?発生する原因と事前にできる対策

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

地盤沈下という言葉を耳にしたことがあるかたもいるのではないでしょうか。
文字通り家が地盤に沈下する現象を指したこの言葉は、決して日常生活に関わりの薄いものではありません。実は今あなたが住んでいる家も、地盤沈下が起こる可能性がある土地なのかもしれないのです。

今回は、そんな地盤沈下の中でも悪影響が強い不同沈下(ふどうちんか)の解説とどういった土地で不同沈下が起こってしまうのかを紹介していこうと思います。

不同沈下とはなにか?

地盤は土と水と空気から構成されています。この地盤の上に家が建つと、その重さで徐々に空気や水が抜けていきます。数か月から数年かけて少しずつ地盤の体積は減少していき、やがて家が地盤沈下を起こします。この現象を圧密沈下(あつみつちんか)といいます。

家が均一に地面に沈んでいけば、家や人体にも影響はそれほど出ません。しかし、家が中途半端に地面へ沈み込んでしまった場合、家は傾いてしまうのです。この現象を不同沈下と呼び、地盤沈下のケースの中でもこの不同沈下が多いとされています。

      不同沈下とはなにか?

不同沈下が起きる原因

不同沈下は、主に軟弱地盤と呼ばれるやわらかい地盤で起こるとされています。家を建てた際、家から地盤に加わる「荷重」という力と、「地耐力」という家を支えようとする地盤の強さが力比べを行います。
このとき、荷重が地耐力より大きいと、地盤は家の荷重に耐えきれず、家を地面に沈み込ませてしまいます。これが不同沈下の起きる原因なのです。

また、荷重が偏っているような家を建てた場合も、不同沈下を起こす原因となります。ある部分だけ荷重が他の部分より大きいために、その部分だけが他の部分と比べ急速に沈下してしまい、結果的に家が傾いてしまうのです。

不同沈下が及ぼす影響

不同沈下によって家が傾いてしまった場合、家そのもののみならず、そこに住む人にさまざまな影響が出てしまいます。

・家への影響
不同沈下で家が傾いてしまった場合、荷重が一箇所に集中して無理な負荷がかかってしまい、その結果家の構造を支える部材にゆがみが生じます。当然ながら家には大きなダメージが及び、耐震性能も大きくそこなわれてしまうのです。他にも、ドアや窓の開閉がしにくくなったり、気密性が失われてエアコンの効きが悪くなったりといった問題が発生します。

・人体への影響
不同沈下によって傾いてしまった家で生活すると、人体にも悪影響が起こります。バランス感覚が悪化することによって、めまいや吐き気などの症状が出てきたりするのです。また、傾いた家での生活で精神的にストレスが溜まってしまい、不眠症を引き起こす場合もあります。

      不同沈下が及ぼす影響

不同沈下が起きやすい地盤とは

不同沈下が起こりやすい地盤は、軟弱地盤という弱い地盤である場合がほとんどです。軟弱地盤とは、主にやわらかい粘性土や腐植土、緩い砂質土などから構成される地盤のことを指しています。地耐力も2tと低く、家を建てるのには適していないとされています。

軟弱地盤は、周辺よりも高さが低い土地に多いとされています。大雨のときに水が溜まりやすいため、地盤が弱くなってしまっているのです。

また、山を切り崩して造った土地は、盛土で造ったやわらかい土地が含まれている場合があります。一見同じ地盤に見えても、土の中では強固な地盤と軟弱な地盤に分かれていることになり、不同沈下が起こってしまうのです。

このほかにも、地層が傾斜していたり、軟弱地盤の間に硬質地盤があったりなど、特殊な地形があるパターンがあります。このような場合、地盤の強度が場所によって異なってしまいます。基本的には軟弱地盤の厚ければ厚いほど沈下量も大きくなるので、不同沈下が起きやすくなるのです。

            不同沈下が起きやすい地盤とは

不同沈下を防ぐには地盤調査が重要

不同沈下を防ぐには、地盤改良によって地盤を強化する必要があります。そして地盤改良を行うためには、地盤調査で地盤の強さや特徴を把握しておかなければなりません。

安価かつ半日程度で終わらせられるスウェーデン式サウンディング試験に、深い地盤まで調査できるボーリング標準貫入試験。そして機械による判定で精度に信頼が持てる表面波探査法など、地盤調査にはさまざまな種類があります。家を建てる予定の土地にもっともふさわしい地盤調査を選び、軟弱地盤であるかどうかを確かめてもらうべきでしょう。

まとめ

地盤の良し悪しを考慮せずに家を建ててしまうと、不同沈下によっていつの間にか家が傾いてしまい、気づいたら地震にも耐えられないボロボロの状態になっていたなんてことになるかもしれません。

一時の判断で後悔しないためにも、軟弱地盤の地盤改良は必ず行わなければならないのです。信頼できる業者に地盤改良を頼み、何十年経っても家が傾くことのない強力な地盤を作ることが重要です。

地盤調査を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「地盤調査」をご覧ください。

建設前に地盤調査を!
地盤調査のプロが駆けつけます
※対応エリアや加盟店によって変わります
地盤調査とは建設前に建築に問題ない土質かどうか行う調査のことです。大事な建物を建てる前に、液状化や沈下がおこらない土地か確かめておきましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
すでに建物が建っている土地、大型建築物の地盤調査も可能です!
地盤調査 33,000円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

各種調査 地盤調査

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!