生活110番辞典 各種調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーリング試験って何するの?試験の手順や調査結果の見方を解説!

2018-09-28

ボーリング試験って何するの?試験の手順や調査結果の見方を解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ボーリング試験は100年近い歴史を持つとされる、非常に長い間活用されてきた地盤調査方法です。学校で地質について授業で学ぶ際、ボーリングという単語なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

ですが、どれだけボーリング試験が古い歴史を持っていたとしても、「それっていったい何なの?」といわれて、具体的に説明できる人はそう多くはないでしょう。今回は、そんなボーリング試験について解説していこうと思います。

ボーリング試験(標準貫入試験)とは

ボーリング試験とは、1920年代のアメリカでその原型が作られたとされる、非常に歴史のある地盤調査方法です。日本でボーリング試験が始まったのは明治4年のことで、専用の機械を海外から輸入したのが始まりだといわれています。

また、正式には「ボーリング・標準貫入試験」と表記されます。まず地面に穴を開けるボーリングという行為をやってから、その後で標準貫入試験という地盤調査を行うのです。

      ボーリング試験(標準貫入試験)とは

ボーリング試験の目的と必要性

ボーリング試験をはじめとする地盤調査は、建造物を建てるうえでやらなければならないことのひとつです。地盤調査を行うことで、調べた土地が建造物を建てるに適しているかを調べることができます。
もし地盤調査を行わず、家などを建築するのに適していない土地に建造物を建ててしまった場合、地震の際に液状化現象が起こったり、地盤沈下が発生したりする危険性があります。

また、ボーリング試験で地盤の土を採取することで、土質試験と呼ばれる実験を行うことができます。土質試験とは、地盤の土にどういった特徴があるのか調査する試験のことです。土質試験を行うことによって、地盤改良の費用が削減できたり、より質のいい地盤の改良を行うことができたりするのです。

ボーリング試験の特徴

ボーリング試験の最大の利点は、深い地盤まで調査可能だということです。
スウェーデン式サウンディング試験や表面波探査法など、現在はさまざまな地盤調査がありますが、深い地盤を調査できるという点は、これらの地盤調査にはない特徴です。

また、ボーリング試験は世界中で広まっており、そして非常に長い歴史を持っていることから、参考データが豊富なのも特徴です。豊富な参考データを活用することによって、地盤調査の精度を高めることが可能となっています。

しかし、ボーリング試験には広い調査スペースが必要という欠点があります。そのため、狭い土地ではボーリング調査を行うのが難しくなり、他の地盤調査に頼らざるをえません。また、スウェーデン式サウンディング試験が半日程度で調査を終えることができる一方、ボーリング調査は最低でも1日、長いと数日は調査し続けなければなりません。

また、スウェーデン式サウンディング試験や表面波探査法に比べ、ボーリング試験は費用が割高という点も考慮すべきでしょう。上質な土地であれば15万ほどで済む場合がありますが、地盤の質によっては25万もの費用がかかる場合があります。

      ボーリング試験の特徴

ボーリング試験の流れ

では、ボーリング試験の流れを解説していきましょう。

はじめに、大きさ4m×5mに高さ5mほどのボーリング機械を組み立て、そのボーリング機械で地面に穴を作ります。この地面に穴を開ける行為が、ボーリングと呼ばれているものです。また、このボーリング機械は地盤調査の際にも使用されます。

次に、サンプラーと呼ばれる調査装置をロッドと呼ばれる鉄の棒に接続し、静かに穴の底へ降ろします。そして、ロッドの上部に取り付けられた63.5kgのハンマーを75cmの高さから落下させ、その下にあるノッキングヘッドにぶつけます。そして、その衝撃でサンプラーを地面に貫入させるのです。これをサンプラーが地面に30cm貫入するまで続け、それまでに何回ハンマーが何回打撃したのかを計測していきます。この一連の流れを、標準貫入試験といいます。

ボーリング試験結果の見方

ボーリング調査の結果は、ボーリング柱状図(ちゅうじょうず)というものによって記載されます。ここでは、ボーリング試験の結果に書かれた項目を解説していきましょう。

「標尺(ひょうしゃく)」が地面からどれだけ深いか、「層厚(そうこう)」が各地層の厚さ、「深度(しんど)」が土の種類が変わる深さを示しており、「柱状図」は土の種類を図で表しています。また、土の種類は「地質名」、各層の土の色は「色調」、そして各層の土の主な特徴は、過去記事「地盤調査結果の見方がわからない?各項目の意味と強い地盤の見極め方」に記されています。

標準貫入試験の項目についても解説していきましょう。
「N値」は土の締まりや硬さをグラフにしたものであり、このN値が大きいほど地盤が硬いのです。「深度」は地盤の強さを表すN値を計測した深さ、「打撃回数/貫入量」はサンプラーを30cm貫入するのに必要だった打撃回数を記しています。

ここで注意しなければならないのは、土の種類によってN値が示す地盤の硬さに変化があるという点です。
粘り気があり変形しやす粘性土の場合、0~4が精密な土質調査が必要なやわらかい地盤。5~14が安定はしているが地盤沈下の可能性がある普通の地盤。そして15以上が、地盤沈下の心配をする必要のない硬い地盤です。なお、オフィスビルなどの中小構造物を建てる場合は、N値が20以上の地盤が好ましいとされています。

一方、含水率が低く変形しにくい砂質の場合、0~10が地震の時に液状化の恐れがあるやわらかい地盤。10~30が中小構造物の基礎地盤になりえるが、十分な強度とはいえない硬めの地盤。そして31以上が非常に硬い地盤ですが、橋のような大構造物を建てる場合は、50以上のN値を持つ地盤であることが望ましいとされています。

      ボーリング試験結果の見方

まとめ

ボーリング試験に限った話ではありませんが、地盤調査は業者によって費用や精度に差が出てきます。もし精度が低かった場合、地盤改良の質や費用にも影響が出てくるものなのです。調査の結果は大丈夫だったのに、「地震が起きて液状化で家が傾いてしまった!」なんて事態も起こりかねません。
そうした事態にならないためにも、事前に地盤に関する知識を備えておき、信頼できる業者に地盤調査を頼むようにしましょう。

我が家という一生ものの宝が、地盤の緩みひとつで崩れてしまうのはあまりに悲しいことです。
現在普及しているスウェーデン式サウンディング試験では、深い地盤の調査はできません。もし深い地盤が緩んでいるのではないかと不安に思ったのなら、ボーリング試験を使ってみるのも、選択肢のひとつとして考えてみてもいいでしょう。

地盤調査を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「地盤調査」をご覧ください。

弊社調べの最安値 30,000円~

弊社調べの最安値 30,000円~

地盤調査はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
地盤調査はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-09-28 10:20:58
https://www.seikatsu110.jp/reserch/rs_ground/61718/
各種調査

[cv_banner ua="pc"] [cv_banner ua="sp"] ボーリング試験は100年近い歴史を持つとされる、非常に長い間活用されてきた地盤調査方法です。学校で地質について授業で学ぶ際、ボーリングという単語なら聞いたことがあるのではないでしょうか。 ですが、どれだけボーリング試験が古い歴史を持っていたとしても、「それっていったい何なの?」といわれて、具体的に説明できる人はそう多くはないでしょう。今回は、そんなボーリング試験について解説していこうと思います。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種調査 地盤調査

地盤調査のお問い合わせ・ご相談はこちら

地盤調査についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!