生活110番辞典 各種調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

平板載荷試験ってなに?そのメリットとデメリットを解説

2018-09-28

平板載荷試験ってなに?そのメリットとデメリットを解説

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

地盤調査にもいくつか種類があるのはご存知でしょうか?皆さんが想像する地盤調査で代表的なのは、学校でも習ったボーリング調査であろうと考えられますし、人によっては、スウェーデン式サウンディング試験を思い浮かぶかもしれません。しかしこの二つ以外にも、特徴的な地盤調査が存在しているのです。

それこそが、平板載荷試験と呼ばれるものです。ボーリング調査やスウェーデン式サウンディング試験に比べれば、比較的新しく出てきたものですが、これら二つにはない特徴やメリットがあるのです。今回は、そんな平板載荷試験を紹介させてもらおうと思います。

地盤調査のおすすめサービス

平板載荷試験とは?

平板載荷試験とは、地盤が支えることができる力の大きさ、いわゆる支持力と呼ばれるものを調査する地盤調査の一つです。ボーリング試験をはじめとした一般的な地盤調査ではできなかった、地盤に直接力を加えるという行為ができるので、信頼性が高いのが特徴とされています。

また、地盤調査方法の一つとして、国土交通省に正式に認められており、これも信頼性の高さの証明となっています。

平板載荷試験の詳しい手順

まず、調査する地盤を平らに整地し、そこに載荷板と呼ばれる板を水平に設置します。
次に、ジョッキや支柱、載荷ばりやトラックや重機などから構成される、載荷装置と呼ばれるものを組み立てます。そして、その載荷装置を利用して、徐々に地盤に力を加えていくのです。

この時、加える力は八段階に分類され、五分ごとにその力を大きくしていきます。そして力が最大になった後、今度は逆に五分ごとに力を緩めていき、地盤の沈下がどれだけ復元されていくのかを調べていくのです。

      平板載荷試験とは?

平板載荷試験のメリット・デメリット

平板載荷試験のメリットの一つですが、先ほど述べた通り、直接地盤に負荷をかけられるので、信頼性が高いという点です。他にも、ボーリング調査の欠点であった騒音や振動が出にくいので、ご近所の迷惑になることもありません。

逆にデメリットですが、使用される板が小さいため、あまり深く地盤を調べられないという点が挙げられます。調べた箇所が小さい以上、そこより更に底の地盤がゆるんでいる可能性があり、たとえ平板載荷試験で良い結果が出たとしても、地盤沈下を起こす可能性があるのです。

また、ボーリング試験ほどではありませんが、作業スペースが大きいという点も、デメリットに挙げられるでしょう。平板載荷試験を行うためにはある程度広い場所が確保されている必要があります。そのため、狭い空間での調査を行う場合は、スウェーデン式サウンディング試験がふさわしいとされています。

平板載荷試験にかかる時間と費用

平板載荷試験は、装置の設置から撤去まで含めて、約4時間という比較的少ない時間で調査を終えられるという特徴があります。そのため、プレハブをはじめとした簡易建物の地盤調査においては、平板載荷試験が非常に役に立つでしょう。

費用についてですが、調査する箇所一つにつき、8万円程度はかかるとされています。しかし、平板載荷試験は業者によって費用と品質に差が出てくるとされており、6万円で頼むことができる業者があれば、一方で12万円はかかる業者も存在しています。高いお金をかけたのに質の悪い調査だった、なんてこと態にならないためにも、業者の信頼度をこと前に調べておくのが良いでしょう。

地盤調査
項目 料金
スウェーデン式サウンディング試験 30,000~50,000円
表面波探査 50,000~80,000円
ボーリング調査 150,000~250,000円
平板載荷試験 80,000~150,000円

      平板載荷試験にかかる時間と費用

地盤調査は平板載荷試験だけは不十分

さきほど述べた通り、平板載荷試験だけでは小さい範囲の地盤しか調査できず、深い地盤の緩みを見抜けないという欠点があります。深い地盤を精密に調査するには、他の調査法であるボーリング調査や、スウェーデン式サウンディング試験が必要になってくるでしょう。

ボーリング調査は、深い震度まで探ることが可能であり、世界中で普及されているので参考データが豊富というメリットがあります。また、土が採取できるので、地質の調査や確認も行えるという点も、メリットであると言えるでしょう。

また、スウェーデン式サウンディング試験は、精度こそ平板載荷試験に劣っており、ボーリング調査が得意とする地質の調査も、精密度に欠けてしまっています。ですがこちらは、安価かつ場所をとらず、準備も簡単に行えるというメリットがあります。

        地盤調査は平板載荷試験だけは不十分

地盤調査のおすすめサービス

まとめ

今回は三つの地盤調査を紹介しましたが、それぞれにメリットとデメリットがあり、「これをつかえば確実!」というものは存在しません。また、調査をする場所によってふさわしい調査方法が異なっており、どういった場所を調査したいかによって、つかわれる調査方法が変わってくることでしょう。

また、業者によっても地盤調査の精度や費用が異なってきます。いくら平板載荷試験が信頼度の高い調査方法であったとしても、それを行う業者に問題があるのでは、せっかくの調査も意味がありません。調査方法を調べるのも大事ですが、業者選びにも気をつかうことを忘れてはいけないのです。

地盤調査を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「地盤調査」をご覧ください。

弊社調べの最安値 30,000円~

弊社調べの最安値 30,000円~

盗聴器調査のおすすめ業者を見る
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-09-28 10:24:10
https://www.seikatsu110.jp/reserch/rs_ground/61562/
各種調査

[cv_banner ua="pc"] [cv_banner ua="sp"] 地盤調査にもいくつか種類があるのはご存知でしょうか?皆さんが想像する地盤調査で代表的なのは、学校でも習ったボーリング調査であろうと考えられますし、人によっては、スウェーデン式サウンディング試験を思い浮かぶかもしれません。しかしこの二つ以外にも、特徴的な地盤調査が存在しているのです。 それこそが、平板載荷試験と呼ばれるものです。ボーリング調査やスウェーデン式サウンディング試験に比べれば、比較的新しく出てきたものですが、これら二つにはない特徴やメリットがあるのです。今回は、そんな平板載荷試験を紹介させてもらおうと思います。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種調査 地盤調査

地盤調査のお問い合わせ・ご相談はこちら

地盤調査についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!