生活110番ニュース 各種調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの家のN値はどれくらい?N値が示す地盤の硬さに注目!

2018-09-28

あなたの家のN値はどれくらい?N値が示す地盤の硬さに注目!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「地盤調査の際に聞くN値という数字、一体全体なんだろう?」と思ったことはありませんか?
地盤調査を目にしたことはなくても、N値という言葉なら耳にしたことがあるという人もいるでしょう。

実はこの数字、建築の際には必須事項とされるくらいに、重要な数字なのです。N値が地盤とどういったかかわりがあるのか、今回はN値について解説していきましょう!

地盤調査の目的と必要性

そもそも、どうして地盤調査を行うのでしょうか。それは、地盤が建物を安全に支えられるかどうか、調べなければならないからです。たとえどれだけ家を丈夫に造ったとしても、その下にある地盤が緩ければ、地盤は家の重さに負けて、家は傾いてしまいます。

また、地震の際に発生する液状化現象を防ぐためにも、地盤調査は必要なことです。もし液状化のおそれがある地盤だった場合は、早急に地盤改良工事を行い、液状化の可能性を潰しておかなければなりません。

弱い地盤に家を建てるということは、豆腐の上に鉄の塊を置くようなものです。そんなことをすれば、豆腐は崩れ、鉄の塊はバランスを崩してしまうでしょう。もしも豆腐が鉄の箱であったのなら、こうしたことが起こることはありません。そのためにも、N値を地盤調査で調査しなければならないのです。
          地盤調査の目的と必要性

地盤の強さを表すN値について

N値とは、地盤の硬さを示す数字のことです。地盤調査で出たN値が大きいほど、地盤は硬く締まっているといえます。後に述べる標準貫入試験というもので求められるため、標準貫入試験値という呼ばれ方もあります。

基本的には、N値は大きいほど建物を建てるのに適しているとされていますが、調査した地層の種類によって、同じN値でも硬さに違いが出てきます。粘性土という粘り気のある土の場合と、粘性土に比べ粘り気のない砂質土と呼ばれる土の場合とでは、同じ10というN値を出しても、地盤の硬さに違いが出てくるのです。

こうしたN値は、土木・建築の分野で広く応用されています。建築の際にはなくてはならない数字として、たとえば地盤の改良工事が必要かどうかの目安として、用いられているのです。

N値はどうやって測定する?

N値は通常、標準貫入試験というもので調査されます。重さ63.5kgの重りを76cmの高さからサンプラーと呼ばれる棒に向けて落とし、重りが当たった衝撃でサンプラーを地中にめり込ませます。サンプラーが30cmめり込むまでに重りを落とした回数が、そのままN値となるのです。

また、地盤調査の一つであるスウェーデン式サウンディング試験でも、N値を調べることが可能です。この場合で求められるN値は換算N値と呼ばれ、住宅をはじめとした小規模な建物を建てる時には、このスウェーデン式サウンディング試験が導き出す換算N値を地盤調査で使うことは珍しくありません。

換算N値の計算式は、粘性土の場合は「2Wsw+0.067Nsw」、砂質土の場合は「3Wsw+0.050Nsw」で求められます。Wswとは使われる重りの重量、そしてNswは、装置を1m地中にめり込ませる際の半回転数を示しています。
      N値はどうやって測定する?

住宅地盤に必要なN値はいくつ?

調査する地層の種類によって、N値が示す地盤の硬さは異なってきます。粘性土の場合、0~4までが地盤改良工事が必要な軟らかい土地で、5~14がほぼ問題はないが沈下の可能性がある硬めの土地、そして15以上が、一般的な建物を建てる上では問題のない硬い土地であると言えます。

そして砂質土の場合は、0~10が地震の際に液状化の恐れがある軟らかい土地、10~30が場合によっては改良工事が必要な硬めの土地、そして31以上が、一般的な建物を建てる上では問題のない硬い土地なのです。

ただし、大型建築を建てる場合は、粘性土なら20以上、砂質土なら50以上のN値を持つ地盤であることが好ましい、とされています。

地盤調査の結果は業者によって異なることも

N値による地盤の硬さの基準は、基本的には変わることがありませんが、一方で地盤調査の結果は、業者によって異なる場合があります。所有している設備の質などの要因によって、出てくる調査結果に違いが出てきてしまうのです。調査不足によって、本来改良しなければならない土地なのに、改良不要と判断されてしまう、ということが起こる可能性も、決してゼロではありません。

とはいえ、地盤調査は数万以上の費用がかかり、そう何度も行うことはできません。そのため、事前の下調べが重要になってきます。結果を改ざんするような悪徳業者に引っかかることのないよう、信用と実績のある業者に依頼するようにしましょう。
      地盤調査の結果は業者によって異なることも

まとめ

N値はその地盤が家を建てるにふさわしいか決める重要な数字であり、これくしては安全に家を建てることさえままなりません。もしN値による地盤の測定がこの世界に無ければ、せっかく買った家に地盤が耐え切れず、急に家が傾き始める、なんて事態が起こっていたかもしれません。

N値の測定や地盤調査には数万以上の費用がかかりますが、ここでその費用を妥協してしまってはいけません。マイホームは一生ものの買い物、そんな大切な家が地盤の緩さによって傾いてしまえば、一生後悔することになるでしょう。そうしたことにならないためにも、信頼できる業者に、精密な検査を依頼することが、大切なのです。

地盤調査を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「地盤調査」をご覧ください。

建設前に地盤調査を!
地盤調査のプロが駆けつけます
※対応エリアや加盟店によって変わります
地盤調査とは建設前に建築に問題ない土質かどうか行う調査のことです。大事な建物を建てる前に、液状化や沈下がおこらない土地か確かめておきましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
すでに建物が建っている土地、大型建築物の地盤調査も可能です!
地盤調査 20,000円(税抜)~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 10:24:19
https://www.seikatsu110.jp/reserch/rs_ground/61551/
各種調査
「地盤調査の際に聞くN値という数字、一体全体なんだろう?」と思ったことはありませんか?地盤調査を目にしたことはなくても、N値という言葉なら耳にしたことがあるという人もいるでしょう。実はこの数字、建築の際には必須事項とされるくらいに、重要な数字なのです。N値が地盤とどういったかかわりがあるのか、今回はN値について解説していきましょう!
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種調査 地盤調査

地盤調査のお問い合わせ・ご相談はこちら

地盤調査についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!