生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

防水性能を長く保つために!トップコートとはなに?なぜ必要?

投稿日:2018-03-19 更新日:2018-09-28

防水性能を長く保つために!トップコートとはなに?なぜ必要?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

屋根やベランダなどの防水として使われているトップコートですが、「いったいどういう効果があるの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

トップコートは、屋根やベランダなどの防水にかかせない存在です。トップコートを塗らないと、さまざまな問題が起こってしまう可能性が高くなってしまいます。

トップコートとひとくちにいってもさまざまな種類があり、効果も違ってきます。今回はトップコートとはどんなものなのか、どんな種類があるのかを紹介していきます。

防水工事のおすすめサービス

トップコートとはどのような概念?

トップコートとはその名の通り、上に塗ることを指しますが、防水工事におけるトップコート塗装とは、防水層をつくったあとにその上からトップコートを塗ることによって防水層を守るということです。

そもそも防水層とは、建物の中に雨水の侵入を防ぐために作られる層のことをいいます。

その防水層が劣化してしまうと、建物の中に雨水が侵入しやすくなり、雨漏りがおきたり、建物が傷んでしまったりしてしまいます。

そうならないよう、防水層の上にトップコートを塗って保護し、ダメージをなるべく受けないようにするのです。

      トップコートとはどのような概念?

トップコートをしないと防水層の寿命が短くなる⁉

防水層は日中ずっと太陽の光にさらされています。また、防水層は紫外線にとても弱いです。特にウレタン素材の防水層の場合、紫外線などの刺激によって変色し硬化してしまいます。

直接外気にふれる屋根やベランダは、紫外線や雨風のダメージを受けやすい部分です。ダメージを受け続けると防水層がどんどん劣化してしまい、防水の機能を失っていきます。

トップコート塗装を施さない場合、5~10年ほどで塗りなおしをしなければいけなくなりますが、きちんとトップコートを塗っていた場合は10数年サイクルで塗りなおすだけで大丈夫だといわれています。

一度塗ってさえおけば、塗らなかった時より防水層の寿命は延びるといえます。ですので、トップコートとは、防水するためにとても大切な存在なのです。

      トップコートをしないと防水層の寿命が短くなる⁉

防水層の種類によってトップコートの種類は変わる!

トップコートとはどんなものなのか、どんな種類があるのか、防水層の種類とともに紹介していきます。

ウレタン防水

液状にしたウレタン樹脂を数回に分けて塗り、防水層をつくっていく方法です。

▼アクリルウレタン系トップコート

広く標準的に使用されているトップコートです。

▼フッ素系トップコート

アクリルウレタン系トップコートと比べると、耐久性に優れています。高額なので、まだ広く普及されていません。

FRP防水

特殊なポリエステル樹脂と、ガラス繊維を編んでつくったシートを組み合わせて防水層を形成していく方法です。

▼ポリエステル系トップコート

ポリエステル系トップコートは、一般的に新築時に使われているトップコートです。硬めの素材なので乾いた状態ではひび割れしやすく、重ね塗りには向いていません。そのため、再塗装にはほとんど使われていません。

▼ウレタン系トップコート

FRP防水のリフォーム工事で一般的に使用されるトップコートです。ポリエステル系トップコートと比べると伸縮性があり硬くないので、塗りなおしに使われています。しかし、耐摩耗性や耐薬品性はポリエステル系と比べると劣ります。

シート防水

合成ゴムや塩化ビニル樹脂(プラスチックの一種)をシート状に加工したものを下地に、接着剤でとめる方法です。

▼水性トップコート

合成ゴムに影響を与えることのない、水性タイプのトップコートを使います。

      防水層の種類によってトップコートの種類は変わる!

トップコートに関するその他の効果

トップコートとは防水層をコーティングして保護するものだと、ここまでお話してきました。ですが、トップコートは他にもさまざまな効果を発揮してくれる優れものなのです。

トップコートは傷や汚れを防いでくれるだけでなく、細かい砂状の物質を塗料に混ぜ込むことで滑り止めとして活用することもできます。

また、色や質感なども自由に選ぶことができるので、さまざまなデザインを楽しむこともできるでしょう。

室内の温度の上昇を抑えてくれる遮熱タイプのトップコートもあります。こちらは省エネ効果が期待できます。

以上のように、トップコートとひとくちに言っても、さまざまな機能を持っています。環境や状況に合わせて選んでみてください。

防水工事のおすすめサービス

まとめ

トップコートとはどういうものか紹介しましたが、いかがだったでしょうか。トップコートの中にもいろいろな種類があるということがわかりましたね。

防水層を守るためにはかかせない存在がトップコートです。そのほかにも、紫外線などの刺激から守ってくれたり、滑り止めやデザインの一部として活用したりすることもできます。

もしあなたのご自宅で防水に関してなにか困ったことがあるという場合は、防水工事のプロに一度相談してみるのをおすすめします。

防水工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防水工事」をご覧ください。

防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:2

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 10:11:02
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_waterproof/52516/
家の修理
屋根やベランダなどの防水として使われているトップコートですが、「いったいどういう効果があるの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。トップコートは、屋根やベランダなどの防水にかかせない存在です。トップコートを塗らないと、さまざまな問題が起こってしまう可能性が高くなってしまいます。トップコートとひとくちにいってもさまざまな種類があり、効果も違ってきます。今回はトップコートとはどんなものなのか、...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 防水工事

防水工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

防水工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!