生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

シート防水の改修は定期的に!タイミングや価格を詳しくご紹介します

投稿日:2018-03-16 更新日:2018-09-28

シート防水の改修は定期的に!タイミングや価格を詳しくご紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「しっかり雨漏りを防ぎたい!」そう思ったとき、家の屋根にシート防水を使うことを業者からおすすめされると思います。建物の多くでこのシート防水が使われるようになっていますが、実はこのシート防水は定期的なメンテナンスが必要だということはご存知でしたか?

シート防水は定期的なメンテナンスをしないと、防水効果を上手く発揮できなくなるといわれています。この定期的なメンテナンスであるシート防水の改修作業をおこなって、長く防水効果を保ち続けませんか?

今回は、シート防水の改修作業について詳しくご紹介したいと思います。

防水工事のおすすめサービス

シート防水の改修が必要な理由は?

シート防水は雨をはじいて建物の中まで侵入させない構造になっています。シート防水は雨漏り対策をする上でとても有効だといわれています。1度工事をしておくと、長期間雨漏りを防いでくれるのでありがたい存在といえるでしょう。しかし、どんなに高性能のものでも、取り付けてから何もしないままだとその機能はだんだんと落ちていってしまうのです。

シート防水の機能が落ちると、雨漏りする危険性が高くなります。もしシート防水を長期間そのままにしておいた場合、雨漏りが起きて建物に被害が出てしまうかもしれないのです。その結果、建物の劣化を早めてしまうことにつながります。

長く建物を使用していくためにも、定期的なシート防水の改修が必要なのです。

      シート防水の改修が必要な理由は?

種類別のご紹介!シート防水の寿命

長く建物を使用するためには、雨漏り対策で使用しているシート防水の定期的なメンテナンスが必要になります。このメンテナンスはどのくらいの周期でおこなえばよいのでしょうか。

雨漏りを防いでくれるシート防水ですが、改修メンテナンスは5年に1度おこなうことが望ましいといわれています。5年に1度も手を加えなければいけないの?と思う方もいるかもしれません。とくにシート防水の寿命の長さを理由に導入した方にとっては、納得がいかないと感じるかと思います。

【シート防水の種類別耐久年数】

・シート防水(ゴム) 13年前後
・シート防水(塩ビ) 13年前後
・アスファルト防水 20年前後

このように、シート防水自体の寿命はとても長く設定されています。しかし、この寿命はあくまでも定期的にシート防水を改修し、メンテナンスをおこなった場合によるものといわれています。

シート防水の改修をおろそかにすると、この寿命はどんどん短くなっていきます。最終的にはシート防水を1度めくって、新しいものに張りなおさなければならない場合も考えられるのです。張りなおすとなると、大きく費用がかかるおそれもあります。長期的に見ると定期的にシート防水を改修したほうが、メリットが大きいのです。

シート防水改修の工法のひとつ「かぶせ工法」とは

シート防水の機能を持続させ、建物を守るためにも定期的な改修作業が必要だとこれまでおはなしさせていただきました。では実際にシート防水を改修する場合、どんな方法で改修作業をおこなうのか見ていきましょう。

シート防水を改修するときによく使われるのが、「かぶせ工法」と呼ばれる方法です。それまで使っていた防水層の上に新しいシートを被せてしまうやり方です。

この方法ではもともと使っていた防水層をそのまま使っているので、撤去作業が必要ないというメリットがあります。また、これまでの防水機能もそのまま使用することができるので改修作業中の雨漏りの危険性が少なくなります。上から被せる作業だけなので、作業費用を抑えてシート防水を改修することが可能になります。

「かぶせ工法」を使えば、抑えた費用でシート防水を改修することが可能になります。シート防水が劣化してしまってからよりも、先手を打ってシート防水をメンテナンスしてみてはいかがでしょうか。

      シート防水改修の工法のひとつ「かぶせ工法」とは

シート防水の価格相場一覧

シート防水の改修でシートを張りなおすには、もう1度シート防水代金が必要になります。初めにシート防水を張るときには、シート防水の改修作業のことも見越して使う種類を決めるとよいのではないでしょうか。

塵も積もれば山となるではありませんが、何度も改修していると大きな出費に感じることもあると思います。シート防水の価格を知ることで、どれを使用するのか選びやすくなるかもしれませんよ。

【シート防水の価格相場一覧(1㎡あたりの金額)】

・シート防水(ゴム) 3,000円~5,500円前後
・シート防水(塩ビ) 3,000円~5,500円前後
・アスファルト防水 6,000円~8,000円

このように、シート防水は材質によって価格が違っています。それぞれにメリット・デメリットもありますので、建物の状態や設置場所、費用に合わせて選んでくださいね。

防水工事のおすすめサービス

まとめ

今回は雨漏りから建物を守るためのシート防水の改修作業についてお話させていただきました。シート防水は雨漏り対策にとても有効ですが、設置したままメンテナンスも何もしなければその効果は日々落ちていってしまいます。防水効果を長く持続させるためにも、シート防水の改修作業を定期的におこなう必要があるのです。

今回ご紹介させていただいた「かぶせ工法」は、比較的低価格でおこなえる改修作業です。ほかにも改修方法はありますので、気になる方は業者に問い合わせてみてください。建物に合ったシート防水の改修方法を、しっかり教えてくれると思いますよ。

防水工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防水工事」をご覧ください。

防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 10:17:17
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_waterproof/52070/
家の修理
「しっかり雨漏りを防ぎたい!」そう思ったとき、家の屋根にシート防水を使うことを業者からおすすめされると思います。建物の多くでこのシート防水が使われるようになっていますが、実はこのシート防水は定期的なメンテナンスが必要だということはご存知でしたか?シート防水は定期的なメンテナンスをしないと、防水効果を上手く発揮できなくなるといわれています。この定期的なメンテナンスであるシート防水の改修作業をおこなっ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 防水工事

防水工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

防水工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!