生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

パラペット劣化は屋根に影響することも!メリットや修理方法について

更新日:2021-04-30

パラペット劣化は屋根に影響することも!メリットや修理方法について

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家の屋上部分に使われるパラペットというものをご存じですか?パラペットは設置の仕方や劣化によって雨漏りなどのトラブルを引き起こします。そのような場合パラペット屋根の排水のしかたに原因がありますが、ご存知ない方が多いかもしれません。今回は、パラペット屋根の防水効果について取り上げます。

防水工事のおすすめサービス

パラペットって屋根のどの部分?なぜ必要?

「パラペット」は聞き慣れていない言葉だと思いますが、パラペットとは、平らな屋上の周囲にある低い壁のことです。斜めの屋根にも設置されていることがあります。

パラペットは主に排水と落下防止のために設置されています。

パラペットの排水効果とは、パラペットの内側に入った雨水などがそのまま外壁へ流れ落ちてしまうことを防ぐ効果です。一般的な屋根は外壁よりも屋根がせり出していますから、同様の効果を持っています。

パラペットは平らな屋根に取り付けられていることが多くなっています。平らな屋根は壁よりせり出していることが少ないので落下する危険性があるほか、屋上がテラスになっている場合もあり簡単に登ることができるようにもなっています。パラペットは屋上の外周を囲うように立ち上げられていて、落下防止のはたらきがあります。

近年はシンプルな形の屋根を施工することが多くなっておりパラペットの屋根を見かけることは減っていますが、20年以上前昔の住宅では多く取り入れられています。

      

パラペットのメリット・デメリット

屋根にパラペットを取り付ける際の、メリットとデメリットをご紹介します。

メリット

・デザイン性

屋根のデザイン性が高いです。パラペットは平らな屋根やななめの屋根のどちらにも施工されることがありますが、状況に応じた施工をすることが可能です。また屋上に洗濯ものを干すという場合もあるかと思いますが、外から屋根が見えなくなることで、プライバシーを守ることができるほか生活感を感じさせることが少なくなります。

・排水

平らな屋根(陸屋根)だと、雨水が壁をつたって落ちていきます。屋根にたまった汚れを含んだ雨水が流れると、外壁が泥で汚れてしまいますが、パラペットによってせき止めることができます。

デメリット

・雨漏りがしやすい

パラペットは壁の上部に「笠木板金」(カバーのようなもの)が付けられています。この板には多少の隙間があり、そこに雨水が入って溜まっていくと雨水によってパラペットが浸食されます。浸食されてしまうと雨漏りに繋がることは少なくありません。横から降りかかる雨水や豪雨によって下から吹き上げる雨水が隙間に侵入します。

・コストがかかる

パラペットは屋根とは別に取り付けていますから、その分コストがかかります。また、劣化した場合は修理が必要になってくるので定期的にコストもかかってしまいます。

      パラペットのメリット・デメリット

どうしてパラペットの防水は劣化しやすい?

パラペットが劣化しやすいのはなぜでしょうか。

パラペットのうち劣化する部分は、排水に関係する部分です。通常の屋根の場合、雨水などは全体にまんべんなく下に流れていきますよね。それに対してパラペットは1つの箇所に溜めてから雨どいを使って排水をします。この仕組みが問題なのです。

ここでパラペット屋根排水の流れを見てみましょう。

パラペットの立ち上がり部分と屋根が繋がっている部分を「内樋い(うちどい)」といいます。内樋いは雨どいと連結しています。

平らな屋根に降りかかった雨水はまず内樋いに向かって流れていきます。このとき屋根に溜まったゴミやホコリなども一緒に流れます。それらは内樋いから雨どいに流れて地面に落ちていきます。

内樋いは雨水やゴミなどが寄せ集まった箇所になるので、とても劣化しやすい箇所です。屋根が平らになっている場合は雨水が溜まりやすくなっており、溜まった雨水が浸食の原因になる場合もあります。溜まった雨水はわずかな隙間だけでも浸食していきます。

このようにパラペットは排水によって劣化しやすく、定期的に修理する必要があります。

      ただの窓ガラスでは日射遮蔽できません。その弊害とは

パラペットの防水はどのように修理する?

パラペット屋根の修理はどのように行ったらよいのでしょうか。先述でコストがかかるという点に触れましたが、パラペット修理のコストは修理内容と直接関係しています。

パラペット修理は「外壁リフォーム」と「板金工事」の業者に依頼する

パラペットの修理は、屋根工事の業者ではなく、外壁リフォームと板金工事の業者によって行ってもらうことになります。

雨漏りをしてしまったときは、平らな屋根部分にも浸食が広がっていることがあり、屋根部分にも影響がある場合は屋根工事の業者にも依頼しなければいけません。屋根にも影響がある場合は3つの業者に連絡する必要があります。施工内容については事前に業者に問い合わせましょう。

内樋い(うちどい)のみを定期的に修理する

パラペットの内樋いのみを定期的に修理することは大切です。板金から雨漏りがしていない場合でも、内樋いのみが着実に劣化している可能性があります。2~3年に1度はメンテナンスを行いましょう。

防水工事のおすすめサービス

まとめ

パラペットはあまり馴染みのない言葉ですが、平らな屋根や屋上がある家にはよく取り付けられています。パラペットには雨漏りを防ぐための排水効果と安全性を高める落下防止効果があります。

またパラペットは雨漏りや内樋い部分が劣化しやすいので定期的に修理をする必要があります。パラペットの修理を行う場合で、屋根にも劣化が広がっているときは屋根の工事業者だけではなく外壁リフォームや板金工事の業者にも依頼する必要があります。もしパラペットや屋根の雨漏りなどのトラブルにお困りの方がいらっしゃいましたら、これらの業者に相談してみてはいかがでしょうか。

防水工事を依頼できる業者や料金

  
依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防水工事」をご覧ください。

防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

家の修理 防水工事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!