生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

アスファルトによる防水を施工しやすく!トーチ工法の特徴はなに?

投稿日:2018-02-20 更新日:2018-09-28

アスファルトによる防水を施工しやすく!トーチ工法の特徴はなに?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「屋上を直さないといけないけど、防水工事ってなんなのかよく分からない……」「防水工事ってなじみがなくて、不安だ……」防水工事は一般の人にとってあまりなじみがなく、どんなことをするのか想像すらつかない人もいると思います。

防水工事にはさまざまな種類がありますが、信頼度が高いといわれているのがアスファルト防水です。従来のアスファルト防水の施工より進化した、トーチ工法という方法があることをご存じですか?トーチ工法は、大掛かりな工事が必要なくコンパクトにできるため費用が安く済む場合があるのです。

そこで今回は、アスファルト防水の特徴やトーチ工法、そしてトーチ工法の価格についてご紹介いたします。

防水工事のおすすめサービス

アスファルト防水は施工時が大変だった!

アスファルト防水は熱で溶かしたアスファルト材などを用いて、防水材を重ねていく工法です。多くの種類がある防水材の中で最も古い歴史を持つ信頼性の高い防水工事といわれています。

アスファルト防水は大きく分けて熱工法、トーチ工法、常温工法の3つの工法に分けることができます。熱工法はアスファルトを熱して溶かすための設備を設置しなければならず、危険性が高いという欠点があります。また、アスファルトを敷設する際に発生する、煙や臭気なども見逃せない重大なデメリットといえるでしょう。それに対して、トーチ工法とよばれる工法は比較的環境に優しい工法として知られています。

      アスファルト防水は施工時が大変だった!

でも捨てがたい!アスファルト防水の大きなメリット

アスファルト防水は液状に溶かしたアスファルトと、防水性の高いアスファルトシートを重ねることによって防水層を作りだします。二層以上塗り重ねて作るので耐水性や耐久性優れており、施工後のトラブルが出にくい工法といえます。
長い歴史に裏付けられたアスファルト防水には高い信頼度があり、耐用年数も長いということも特徴といえるでしょう。

先ほど紹介しましたが、アスファルトを使った施工の際にどうしても問題になる、火気や臭いといった問題を克服した工法があります。それが常温工法です。常温工法では、アスファルトの長所をいかしつつも火を使用しないで施工することができます。常温工法にはトーチ工法、複合工法、自着工法の3種類があります。

工法によっては、大量生産されている材料を使用する場合があるので、他の工法と比べて経済的な値段で施工できる場合があります。

施工時のデメリットを解消!トーチ工法の特徴

トーチ工法とは

トーチ工法とは、アスファルト防水工法のひとつです。トーチ工法では、不織布にアスファルトを含ませた防水材をトーチバーナーで炙りながら接着して防水層を作ります。屋上部分がほぼ平らな「陸屋根」や、ゆるい勾配屋根の防水工事に採用されることが多いといわれています。

トーチ工法は熱をあまり使わない工法ですが、具体的にどのようなメリットがあるのかをみていきましょう。

トーチ工法のメリット

従来のアスファルト防水工法と比べ、トーチ工法では溶融釜でアスファルトを溶かす必要がありません。そのためアスファルトを溶かした際に発生する、においや煙の心配がありません。高温のアスファルトを使わないので作業員の安全性も高めることができます。さらにアスファルト溶解釜などの大がかりな設備の必要がないことで、比較的コンパクトに施工することができます。

またシート同士を接合させるとき、すき間なく接着させることができるため、防水性の高い防水層を作ることができます。そのほか、大幅なCO2の削減ができるということや、耐衝撃性に優れていること、寿命が長いということが挙げられます。

このようにトーチ工法はメリットがたくさんある一方で、デメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか、みていきましょう。

トーチ工法のデメリット

作業は簡単に見えますが、トーチバーナーで防水材を熱するときの熱不足が原因で、早期劣化や雨漏りなどの不具合が発生することがあります。また、トーチ工法は他の工法に比べて歴史が浅く実績が少ないというデメリットや、複雑な部位の施工は困難であるというデメリットもあります。

トーチ工法ではアスファルトの溶け具合をするのが難しく、質の高い施工を行うためには技術の優れた優良な業者に依頼する必要があります。トーチ工法には豊かな経験値と技術もつ熟練の職人さんの力が必要です。

      施工時のデメリットを解消!トーチ工法の特徴

トーチ工法によって施工価格は変わる?

トーチ工法は1層の塗りが主流であり、工期が短いので人件費を削減することができます。したがって、他のアスファルト防水工法と比べると安くなる傾向があります。しかし、建物の種類や予算によってどの工法が適しているかは異なりますので、複数の業者にから相見積もりをとることをおすすめします。

防水工事のおすすめサービス

まとめ

いかがでしたでしょうか?これまで、アスファルト防水やトーチ工法についてご紹介してきました。トーチ工法はアスファルト防水の欠点を補った工法であることがわかりましたね。熱による影響が少ないというメリットがありますが、その一方で施工の難易度が高いというデメリットなどがあります。それぞれの工法のメリットとデメリットを理解して、上手に選択したいものですね。もし、分からないことがあれば専門の業者に依頼するようにしてください。

防水工事を依頼できる業者や料金

  
依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防水工事」をご覧ください。

防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 10:42:21
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_waterproof/39838/
家の修理
「屋上を直さないといけないけど、防水工事ってなんなのかよく分からない……」「防水工事ってなじみがなくて、不安だ……」防水工事は一般の人にとってあまりなじみがなく、どんなことをするのか想像すらつかない人もいると思います。防水工事にはさまざまな種類がありますが、信頼度が高いといわれているのがアスファルト防水です。従来のアスファルト防水の施工より進化した、トーチ工法という方法があることをご存じですか?トーチ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 防水工事

防水工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

防水工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!