生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

防水対策に役立つシーリング工事!種類や工事が必要なタイミングとは

更新日:2021-04-30

あなたにもできる!簡単シーリング工事で家の防水対策する方法

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

近年ではインターネットなどでどんなことでも調べられるようになりました。そのため、住宅のちょっとした補修や修理は、やり方を調べるなどして自分でおこなうという方も多いのではないでしょうか?

住宅の補修や修理を考えた時「防水対策」はとても重要です。とくに外壁や水回りによく見られる「シーリング工事」は、比較的簡単でありながら防水効果が高いとあって人気です。

そこで今回はシーリング工事に焦点をあてシーリング材の種類や工事のタイミングについて、分かりやすくご紹介していきます。「新築してから数年経過して、ところどころシーリングが劣化している」とか「水回りのシーリングを補強したい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

防水工事のおすすめサービス

シーリング工事ってどんな工事?

まずシーリング工事とは具体的にどのような工事のことをいうのでしょうか?
シーリングそのものについての理解をまずは深めていきましょう。

シーリングとは主に、浴室の壁と浴槽の隙間を埋めたり、外壁材の隙間を埋めるといったことを目的としたゴム状のパッキンのことをいいます。このシーリングには複数の異なる呼び名があり、人によっては「シール」とか「コーキング」という言い方をします。

現在では「シーリング」と「コーキング」は同じものとして認識していただいてよいと思います。例えるなら「赤ちゃん」と「乳児」のようなもので、どちらも大きな違いはないといわれています。

シーリング工事って?
シーリング工事は主に防水を目的として行われる工事のことです。例えば、サッシと窓ガラスの隙間や、外壁と外壁の間に生じた隙間など、住宅のあらゆる隙間をシーリングで埋めることにより、水が浸入するのを防ぐという役割を担っている工事だといえます。

      シーリング工事ってどんな工事?

シーリング工事に使用するシーリング材の種類

それではシーリング工事に使用されるシーリング材にはどのような種類があるのでしょうか?じつはシーリングには様々な種類があります。しかし住宅で使用されるシーリングの種類は4種類だといわれています。ここでは住宅で使用される4種類のシーリングをご紹介します。

(1)アクリル系
主な施工場所:モルタルのひび割れ補修・ALC外壁の目地材・壁紙や内装の目地など

他のシーリング材に比べると安価ですが、耐久性が低いというデメリットがあります。そのため現在では新築住宅や中古住宅のリフォームにアクリル系シーリングが用いられることはほとんどないといわれています。

(2)ウレタン系
主な施工場所:排気口・通気口の周辺・コンクリートのひび割れ・木材・金属目地・ALC・スレートなど

優れた密着性を発揮し、硬化してからは弾力性を保った状態になります。一方で紫外線に弱いというデメリットがあるため、ウレタン系のシーリング材を使用するときは上からの塗装が必要となります。

(3)シリコン系
主な施工場所:窓ガラスなどの周辺・浴室・台所・瓦屋根の補修など

他のシーリング材に比べると耐候性・耐久性・耐熱性・撥水性に優れているため、水回りに用いるコーキング剤として人気があります。一方で撥水性に優れているがゆえに、塗装前の外壁には使用することができないというデメリットもあります。

(4)変成シリコン
主な施工場所:外壁・水回りなど

比較的万能なシーリング材ですが、ウレタン系よりも気密性が劣ります。さらにシリコン系と比べると耐久性が劣ります。

      シーリング工事に使用するシーリング材の種類

シーリング工事が必要な状態とは

つづいてシーリング工事が必要な状態は4つあります。

(1)新築から数年経過し、外壁のつなぎ目に施したシーリングが「劣化」している
(2)既設のシーリングが「剥離」したり「隙間」ができたりしている
(3)既設のシーリングが「欠落」している
(4)既設のシーリングが劣化し「ベタ付き」が見られ汚れが付着して黒く「汚染」されている

上記に当てはまる場合には、業者のチェックを受けることをおすすめします。
シーリング工事が適切に行われていない家は、支障が出てきてしまうからです。

シーリング工事が必要なのに放置していると……

それでは、シーリング工事が必要な状態であるのに放置すると、4つの危険があります。

(1)住宅に施したシーリングが劣化し、その部分から雨水が内部へ侵入してしまう
(2)雨水を含んだ建材にカビが発生する・腐食がすすんでいく
(3)家全体の強度が弱くなり、最悪の場合倒壊の危険性が出てくる
(4)カビの発生により健康被害を招いてしまう

大切な家を守るためには、メンテナンスが欠かせないのです。

防水工事のおすすめサービス

まとめ

住宅のシーリング工事は、いくつかのポイントを押さえておけば難しくはないと思います。

「シーリングが少し劣化してきたな」と感じたタイミングで、シーリングを自分でおこなうようにすれば、費用が安く済むだけでなく、住宅の防水対策を強化することにもなるはずです。

一方でシーリング工事は、失敗するとかえって高くついてしまうということも考えられます。さらに作業にかかる時間や手間を考えると「やはりプロの業者に頼みたい」と思われた方も多いでしょう。そんな時は無理せず、信頼できる業者に見積りをとることからはじめてみてはいかがでしょうか?

防水工事を依頼できる業者や料金

  
依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防水工事」をご覧ください。

防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

家の修理 防水工事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!