生活110番辞典家の修理

家の修理

【溢れ出る水、慌てる私】水道が水漏れした時、落ち着いて業者に依頼するためのフローチャート

平穏な日常に突然訪れるハプニング。そう、水漏れです。

ああどうしよう。慌てるほどにどんどん溢れ出る水。

一人暮らしももう長いし、多少のアクシデントは慣れっこ。と言っても水道の故障なんて今まで経験したこともないし、いったいどうしたらいいの?大丈夫。一人でも、できることはあります!

落ち着いて業者に依頼するために、一人でもできる水漏れの応急処置を知っておきましょう。

まずは元栓を締めましょう

兎にも角にも、まずは元栓(止水栓とも言います)を探し出して、締めましょう!

蛇口の元栓は分かりやすく、シンクの下にある棚などを開けばすぐそこにバルブがあります。それを捻れば、取り敢えず水は止まるはずです。中にはドライバーで締めるものもあるため、手元に用意しておきましょう。

水道管についている元栓は少々厄介かもしれません。一戸建ての家ならば、敷地内の道路側にメーターボックス内の給水バルブを時計回しに回すと、給水を止めることができます。この場合、家中全ての水を止めることになりますので、注意が必要です。

応急処置A:蛇口から水が!

suidouA

蛇口から水が漏れている場合の応急処置です。

まずは、水が漏れている場所をよく確認しましょう。だいたいの水漏れはパーツの接合部から起こりますが、まれにそれ以外から水漏れが発生する可能性もあるので注意して見てみましょう。

蛇口のどこから水漏れしているかがわかったら、業者に電話する時に伝えられると修理がスムーズです。

蛇口の故障は主に二つ。一つ目は、ポタポタ水が垂れている場合。水を留めているハンドルの締める力が弱まって、中のパッキンが劣化しているなど、蛇口を構成している部品の故障です。二つ目は、蛇口から水が噴き出してしまう場合。蛇口本体の破損や故障であることが多いです。

前者の場合でしたら、蛇口内部のバルブを掃除するだけで直ることもあります。しかし、スパナを使って蛇口を分解し、取り出す必要があるため、分からない・難しい場合の無茶は禁物です。

劣化したパッキンも自身で取り替えることが可能ですが、ある程度の技術を要します。これも、どのパッキンが対応するかなど分かりにくいことが多いため、業者にお願いした方がいいかもしれません。

応急処置B:配管から水が!

配管から水が漏れている場合の応急処置です。

目に見えてパイプから水が漏れている場合は接続部や継ぎ目の緩みが原因のことが多く、付近のナットを締めることで水漏れが収まる場合があります。

それが難しい場合には配管用の補修テープで応急処置ができます。しかし、素人の巻いたテープでは一時しのぎにしかならないため、とりあえずの手当をした後には、業者に配管のどんな場所から水が漏れているかを伝え、修理をお願いしましょう。

水道管は床下や部屋の壁に張り巡らされているので、場合によっては大規模な工事になることもあります。また、集合住宅の場合は個人宅が原因の水漏れでない可能性もあるので、気づいたら早急に管理会社に連絡をしましょう。

掃除をする際の注意

efba4ab5d76c12b5631e7f6c6a0880ec_s

元栓を締め、止め処なく溢れていた水も止まり、激しく脈打っていた心臓も落ち着いてきました。

さあ、業者さんが来る前に水浸しの部屋を片付けなくてはなりませんよね。掃除の際に気をつけなければならないことが4つあります。

電源プラグを抜く

必ず、水がかかってしまった電源プラグは抜き、近くにある電源プラグは遠ざけてから作業をしましょう。感電してしまったり、水がかかったことによる火災の原因にもなります。

電子機器は故障してしまう場合もありますので、早急に水気を拭いて安全な場所に移動させましょう。

排水口の掃除もしましょう

排水口は詰まって漏水を起こしやすいので、水漏れをした際にもしっかり掃除をしておきましょう。排水溝の掃除をせず、水が溜まりに溜まって天井が抜けた、なんていうこともあるみたいです。

日頃から定期的にゴミを取り除いておくのが一番ですね。

階下の人に連絡を

気付きにくいことかもしれませんが、大切なことです。

水漏れが酷く、万が一下の階への水漏れが予想される場合は、すぐに下の人に知らせに行きましょう。被害を最小限に留めると同時に、誠意をもって対応することで無用なトラブルを回避することができるはずです。

困った時はすぐにプロに相談!

水漏れしてしまった場合は、何にしてもまずは「元栓を締めること」。落ち着いて業者を呼びましょう。また、電化製品の水漏れや、どこを触れば分からない場合はすぐに連絡してください。24時間対応してくれるところもありますから安心ですね。

いざという時のために、損害保険に入っておくことも大切です。建物だけでなく家財も補償内容に入っているものもあり、もし損害賠償金を払わないといけなくなった場合にサポートをしてくれます。

もし、水漏れしてしまったら。落ち着いて応急処置をしたあとに、業者に速やかに電話しましょう。生活110番の「水漏れ修理」からお近くの業者を探すことができるので、今すぐにチェックしてみましょう。

最新記事