生活110番辞典 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

洗面所からの水漏れ・・・緊急時に知っておきたい応急処置方法

水漏れや排水のつまりなどの水回りのトラブルは、予期せぬタイミングで起きることもあります。そんな時の応急処置方法を知っておくことで、被害の規模を小さく収めることができますし、その後の対応も取りやすくなります。

今回は、比較的起きやすいとされている洗面所での水漏れを例に挙げて、その応急書について紹介したいと思います。

水漏れの応急処置に役立つ道具

27bc0f46b8c75cf01a822d09320b0b81_s

急に水漏れが起きたときには、応急処置用の道具を買いに走る事はできませんので、下記のような道具を利用します。どれも一般家庭にはあるもだと思いますが、有事に備えて道具が揃っているか確認してみましょう。

  • バケツ・洗面器
  • ビニールシート
  • タオル
  • ビニールテープ
  • 輪ゴム

これだけの道具が揃っていれば、応急処置は行えます。緊急時に備えてこれらの道具がどこに収納してあるのか確認しておくと、いざという時、素早く行動に移せます。

洗面所から水漏れした時の応急処置方法

a3b22dda9c84018dd26b010aba4f813c_s

水漏れを発見した時、応急処置を行うことで、被害の進行を食い止めることができます。原因を特定することや、修理依頼を出すことも大切ですが、水を止めない限りは、被害が広がる一方となりますので、被害を食い止めることも非常に大切なのです。

それでは、どのうように応急処置を進めていくのかその方法について説明していきます。

水が漏れないようにする

まずは、蛇口と止水栓をしっかりと締めましょう。配管部分などの損傷がある場合は、タオルなどを巻きつけ輪ゴムで止めておくと水が漏れてこなくなります。ビニールテープや防水テープをお持ちの方はテープを直接巻きつけることで水漏れを止めることができます。

※水と沢山吸うとタオルから水が滴る事もありますので、様子を見ながら取り換えて上げましょう。

バケツを設置する

バケツや洗面器は、漏水した水を受け止める時に使います。ボタボタと水が落ちれる時には受け皿として、バケツを利用しましょう。バケツが入らないような広さの場合は、洗面器で代用すると良いでしょう。

ビニールシートを敷く

ビニールシートは、床材を水から守るために敷いておきます。特に、マンションの場合、染み込んだ水が下階にまで影響を与えることもあります。また、バケツでは受けきれない方向へ水が飛んでいる事も考えられますので、必ず敷いておきましょう。

周囲の掃除をする

水漏れの応急処置が一通り完了したら、周りを掃除しておきましょう。床の上が水浸しになっている状態を放置していると、水がどんどん染み込んで行きます。

マンションやアパートに住まわれている方は、下階の人とトラブルの原因となりますので、忘れず水を拭き取ってください。

※洗面所に床下収納がついている場合、そこにも水が浸水していないか確認しておきましょう。

応急処置だけでは不十分です

23-5

応急処置はあくまでも、被害を一時的に抑える効果しかありませんので、時間が経てば被害が再発する恐れがありますので、きちんと修理しておかなければなりません。

応急処置が完了していることで、気分も落ち着いていると思いますので、水道修理業者に連絡をして、現状を伝えましょう。水漏れの原因がわからない時でも相談しれば原因から調べてくれますので、無理をして原因などを調べる必要はありません。

まとめ

91-2

水漏れやつまりと言ったトラブルは、身近に潜んでいますので、突然襲われることもあります。予測していないタイミングでトラブルになると、慌ててしまいがちですが応急処置方法を知っておけば、冷静に対処することができるでしょう。

ただし、応急処置だけでは完璧とは言えませんので、その後の対応を忘れてはいけません。水漏れと言っても規模や原因は多岐にわたりますので、個人での修理が難しい場合には、水漏れ修理業者への依頼も検討しておきましょう。

お近くの水漏れ修理業者をお探しの時には、「生活110番」の「水漏れ・トイレのつまり修理」をご利用になれば簡単に探すことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

0120-949-986