生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご自宅の排水マスはキレイですか?種類から掃除方法まで一挙ご紹介!

投稿日:2018-03-18 更新日:2018-09-28

ご自宅の排水マスはキレイですか?種類から掃除方法まで一挙ご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「排水マスの状態は問題ありませんか?」そう尋ねられて、すぐに答えられる方は少ないと思います。
中には「排水マスって何?」「一度も見たことがない……」という方もいらっしゃると思います。

あまり日の目を見ない排水マスですが、私たちが安心して水を使用するために欠かせない設備のひとつです。
知らず知らずのうちに汚れをためていれば、やがて排水管のつまりを引き起こすことがあるかもしれません。

当コラムでは、意外と重要な排水マスについて順を追ってご紹介していきたいと思います。
お掃除の方法についてもご紹介させていただきます。

排水マスはなぜあるの?――マンホールとの違い

そもそも、排水マスはなぜ設置されているのでしょうか?

その答えは「排水管のつまりを防ぐため」です。
基本的に、排水管は壁の中や地中に埋まっています。
排水管には家庭で発生した汚水や泥などの異物などが流れるため、長く使っているとつまりを引き起こすおそれがあります。
しかし、先述のとおり排水管は壁の中や地中にあるため、こまめに掃除することはほぼ不可能です。

そこで排水マス出番となります。
排水マスは排水管の合流箇所・湾曲箇所・勾配が変わる箇所など、つまりが起きやすい場所に設置されていることが多いです。
排水マスのふたを開ければ簡単に点検・お掃除ができるため、排水管を管理しやすくなります。

便利な排水マスですが、一見してマンホールと似ていると思われるかもしれません。
両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

マンホールとの違い

排水マスとマンホールとの違いを一言で表すと「深さが違う」といえます。
排水マスは深くてもせいぜい1メートル程度ですが、マンホールはときに10メートル以上と、人が入れるほど深いです。
深さが異なる両者ですが、どちらも「排水管(下水管)を管理しやすくする」という目的は共通しています。

そんな排水マスですが、実はいくつもの種類があるということをご存知でしょうか?
次からは、意外と知らない排水マスの種類についてご紹介していきます。
      排水マスはなぜあるの?――マンホールとの違い

排水マスの種類――ゴミが溜まりやすい排水マスとは

ここからは代表的な6種類の排水マスについてご紹介していこうと思います。
排水マスの種類によってはつまりやすいものがあるので、そのような排水マスは気にかけておくといいかもしれません。

①汚水マス(インバートマス)
その名のとおり汚水を流すための排水マスで、トイレやエアコンの排水が流れます
つまらないようにマスの底には排水管と同じ形の排水溝が設けられており、その形状を「インバート」と呼びます。

②雨水マス
雨水を集めるための排水マスで、「浸透式」と「非浸透式」の2種類があります。
浸透式はたまった雨水を地面に浸透させ、非浸透式は下水道に雨水が流れる構造になっています。

③泥溜マス
雨水や雑排水に含まれる泥・砂を沈殿させるための排水マスです。

④会所マス
汚水マスや雨水マスと違い、複数の排水管からさまざまな排水が流れる排水マスです。
泥や混合物が流れてきた場合、それらを沈殿させて上澄みだけを流します。

⑤公共マス
敷地内からの排水がすべて合流する排水マスで、その役割から「最終マス」とも呼ばれています。

⑥ドロップマス
排水管の高低差が大きい場所に設置される排水マスです。
垂直に設置されるため勾配が安定します。

排水マスの種類についてご紹介してきましたが、そもそも排水マスは具体的にどのような仕組みになっているのでしょうか。
排水マスの仕組みを知れば、必要なお掃除の方法も理解しやすくなると思います。
     

排水マスの仕組みについて――必要なお掃除の頻度

排水マスの種類によって構造は異なりますが、おおまかな仕組みは共通しています。

まず、敷地内から流された排水は排水マスに流れ込みます。
下水道につながっている排水マスの出口は下向きについており、水位が上がってくると水が流れる仕組みになっています。
このとき、排水マスの中で軽い油の成分は水面に浮き、その他のゴミなどは底にたまっていきます。
そのため下水道につながる排水管には、油とゴミが軽減された排水のみを流すことができます。
このようにある程度の汚れを取り除くため、排水管のつまりを予防することができます。

ただし、排水マスには依然として汚れがたまったままの状態です。
汚れたままの排水マスは、掃除しなければ悪臭を放つだけでなくつまりも発生しやすくなります。
最低でも年に1回はお掃除するとよいでしょう。

次からは、そんな汚れきった排水マスのお掃除方法をご紹介していきたいと思います。

排水マスのお掃除方法

排水マスのお掃除方法について、いくつかのポイントをご紹介していきます。
ポイントを押さえればご家庭でもお掃除することができるので、その方法を覚えておいて損はありません。

お掃除すべき排水マス

ご家庭に排水マスはいくつもあると思いますが、中でも優先してお掃除すべきなのは「キッチンの排水マス」です。
なぜなら、キッチンから流れてくる油汚れは固まりやすいからです。
もちろんキッチン以外からの排水にも油汚れや固形物は含まれますので、たまにはチェックしておくといいでしょう。

お掃除の注意点

汚れがたまった排水マスは悪臭を放ちます。
強い悪臭は体に染みつき、お掃除の際に汚れが飛び散れば服が汚れてしまうでしょう。

そのため、排水マスのお掃除は入浴前におこなうと再度入浴しなくて済みます。
服に汚れがついてしまった場合は、他の洗濯物と分けて洗うようにしましょう。。

お掃除の方法

①ふたを開ける
まずは排水マスのふたを開けます。
開けにくい場合はマイナスドライバーでこじ開けましょう。

②汚れを取る
ふたを開けると、たまった汚れが見えるはずです。
スコップやお玉などを利用し、底にたまっている汚れまでしっかり取り除きます。
固まった汚れはカチカチになっている場合もあるので、排水マスの底と勘違いしないようにご注意ください。

以上が簡単な排水マスのお掃除方法です。
高圧洗浄機などを使用しなくても、どこのご家庭にもある道具で簡単にお掃除することができます。
しかし、排水マスをこまめに点検・お掃除をしても交換しなければならない場合もあるようです。

      排水マスのお掃除方法

排水マスにも交換時期が!――業者に依頼したほうがいい場合

排水マスにも寿命があり、コンクリートマスの場合は20~30年が限度といわれています。
古くなった排水マスは穴が開いたり、排水管との間に隙間が生じたりするようです。
そうすると汚水が漏れ出し、最悪の場合排水マスの周りの土が崩れ、排水マスが陥没してしまうおそれがあります。

そのような事態を防ぐためにも、排水マスの交換については業者に依頼したほうがいいでしょう。
近年では安価かつ柔軟性の高いプラスチック製の排水マスも普及しているので、早めに交換しておくのもいいかもしれません。

まとめ

あまり気にかけることのない排水マスの機能から種類、さらにお掃除方法についてもご紹介させていただきました。

排水マスはどこのご家庭にも設置されているはずです。
点検やお掃除の方法は決して難しくないので、これを機にご家庭の排水マスを確認してみてはいかがでしょうか?
もしも汚れがたまっていましたら、お掃除にも挑戦してみてください。

しかし、どうしても汚れが取れなかったり、排水マスの劣化が激しかったりする場合もあるでしょう。
水道業者であれば、排水マスの洗浄や交換まで安心してまかせることができます。

まずはお見積りだけでもお試しになってはいかがでしょうか?
その際は、ぜひ当サイトよりお問い合わせください。

水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 10:15:26
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/52194/
家の修理
「排水マスの状態は問題ありませんか?」そう尋ねられて、すぐに答えられる方は少ないと思います。中には「排水マスって何?」「一度も見たことがない……」という方もいらっしゃると思います。あまり日の目を見ない排水マスですが、私たちが安心して水を使用するために欠かせない設備のひとつです。知らず知らずのうちに汚れをためていれば、やがて排水管のつまりを引き起こすことがあるかもしれません。当コラムでは、意外と重要な...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!