生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

排水設備に必要不可欠な排水マス!よくあるトラブルと掃除方法とは?

投稿日:2018-02-26 更新日:2019-08-02

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

私たちの暮らしを支える重要なインフラの一つが「水道」です。その水道の排水設備には「排水マス」というものが完備されています。「排水マス」という言葉自体、聞いたことがないという方も多いと思いますが、排水マスは住宅から出る汚水を敷地の外へと流すために、重要な役割を担っている設備なのです。

実はこの排水マスは、定期的に掃除をする必要があります。もし掃除を怠って排水マスが汚れてしまうと、さまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。しかし「排水マスが、どこに設置されているのか知らない」とか「排水マスの掃除は1度もしたことがない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は排水マスに焦点をあて、排水マスの仕組みや掃除の仕方について、分かりやすくご紹介していきます。これを機にぜひ参考にしてみてください。

排水マスの見つけ方――見た目について

私たちの暮らしと密接な関係がある排水マスは、どのようなものなのでしょうか?見た目や見つけ方について確認しておきましょう。

排水マスとは

私たちが暮らす住宅からは、たくさんの排水や汚水が出ます。それらは排水管を通って、道路の下に埋設されている「排水本管」へと流れていく仕組みです。しかしこれらの排水や汚水にはさまざまなゴミや異物が混入していることがあるため、排水管が詰まってしまうことが考えられます。

そうしたトラブルが発生した場合でも、要所に排水マスを設置しておけば上蓋を外して点検や掃除をおこなうことがでるようになっています。なお排水マスは主に「排水管同士が合流する場所・曲がり角・傾斜が変わるような場所」に設置されています。

そのため、たとえ排水マスという言葉を知らない方でも、外を歩いているときに1度くらいは排水マスを見かけたことがあると思います。

排水マスの見た目

StormDrain FSD-3017-20BKIT 丸型 排水マス 格子および蓋付き

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

排水マスを漢字で書くと「排水枡」です。その名の通り「枡」のように四角い形をしたものや、丸い形のものが存在し、塩化ビニールやコンクリートを原料として作られているものが多いようです。

排水マスが汚いと……排水マスの仕組みとトラブル

排水マスが汚いと、どのようなトラブルが起こりやすくなるのでしょうか?まずは台所の排水マスを例に、その仕組みからみていきましょう。

排水マスの仕組みとトラブル

台所のシンクから水を流すと、排水管を通って排水マスの中に流れ出ます。台所から出る排水には「食材のかけら・食料品のカス・油・洗剤」などの異物が混ざり合っているため、油は水の上に浮き、食材のかけらなどのゴミや異物は排水マスの下部に沈殿していきます。そして主に水だけが反対側の排水管へと流れていきます。

このように排水マスには、排水に混ざるゴミや異物を受けて止めて、排水管が詰まらないようにするという重要な役割を担っているため、汚れがひどくなると排水管が詰まるなどのトラブルが発生する恐れがあります。

排水マスの掃除の仕方――かんたんでスムーズに終わらせるには

つづいて排水マスの掃除はどのようにしておこなえばよいのでしょうか?台所の排水マスを例に、かんたんな掃除方法をみていきましょう。

【排水マスのかんたんな掃除方法】
(1)台所の裏手に設置されている排水マスを探し、マイナスドライバーなどを用いてフタをこじあける
(2)スコップを用いて、排水マスの底からゴミや異物をすくい上げるようにして取り除く
(3)排水マスから取り出したゴミや異物は、ビニール袋の中にいれる
(4)建物側にある排水管に向かって、水道ホースを差し込む
(5)水道ホースと排水管との間にできた隙間はタオルや古い布で埋める
(6)水道ホースの蛇口を開けて水を排水管にいきわたらせる
(7)水道ホースから出た水がいきわたり、手元に水圧を感じた時点で蛇口を閉める
(8)蛇口を閉めて水を止めたら、隙間に挟んでおいたタオルとホースを一気に引き抜いて完了

排水マスの掃除の仕方――かんたんでスムーズに終わらせるには

排水マスにもメンテナンスっているの?

最後に排水マスのメンテナンスについて確認しておきたいと思います。排水マスには台所以外にも「雨水マス・洗濯の排水マス・洗面の排水マス」などいろいろなものがあります。水を排水する大元の場所がどこであるかによって、排水に含まれる異物やゴミ、汚れの程度は異なります。

特に油汚れや食料品のカスなどの異物が紛れ込みやすい台所の排水マスは汚れが溜まりやすいため、定期的にメンテナンスをおこなう必要があると思います。また台所の排水マスでなくても、毎日の排水によって確実に汚れが蓄積していきます。

そのため排水マスの場所にかかわらず、年に1回はメンテナンス(掃除)をおこなうことをおすすめします。排水マスのフタをこじ開けて、スコップでゴミや異物を取り除くだけでも十分効果がありますので、やっておきましょう。

排水マスにもメンテナンスっているの?

まとめ

ここまで排水マスに焦点をあて排水マスの仕組みや、掃除の仕方についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?排水マスはスムーズな排水に欠かすことのできない重要な設備です。掃除の方法も簡単ですので「今まで排水マスの掃除をやったことがない」という方も、これを機にぜひトライしてみてください。

一方で、排水マスの掃除は「プロの業者に頼みたい」と思われた方も多いと思います。そんなときは無理せず、信頼できる業者に相談してみてはいかがでしょうか?

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-02 13:22:37
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/40805/
家の修理
私たちの暮らしを支える重要なインフラの一つが「水道」です。その水道の排水設備には「排水マス」というものが完備されています。「排水マス」という言葉自体、聞いたことがないという方も多いと思いますが、排水マスは住宅から出る汚水を敷地の外へと流すために、重要な役割を担っている設備なのです。実はこの排水マスは、定期的に掃除をする必要があります。もし掃除を怠って排水マスが汚れてしまうと、さまざまなトラブルを引...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!