生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

水栓の種類が『単水栓』ならチャレンジ!水漏れをすぐに止める方法

投稿日:2018-02-21 更新日:2018-09-28

水栓の種類が『単水栓』ならチャレンジ!水漏れをすぐに止める方法

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

あなたのご自宅の水栓は水漏れしていませんか。また、軽い水漏れだからと放置してはいませんか。ポタポタといつまでも水が垂れていては、ストレスになるだけでなく水道代も増額されてしまいます。早く直すに越したことはありません。

しかし、いざ水栓の修理をしようと思っても「どう修理すればいいのかわからない」「悪化させてしまうかも……」と不安に思う方は多いかもしれません。

そこで当コラムでは、簡単な水栓の修理方法をご紹介していこうと思います。水栓の種類によっては初めての方でも正しく修理することができるのです。水漏れにお困りの方々の力になれば幸いです。

水栓とは――自分で修理できるタイプか確認を

『水栓』とは、簡単に言えば『蛇口』のことです。蛇口の正式名称として水栓(水栓金具)という名称が使われます。

しかし、一口に水栓といっても数々の種類があります。水かお湯しか出ない『単水栓』に、水もお湯も出せる『混合栓』。壁に付けるタイプもあれば、台に付けるタイプもあります。もしも水栓の修理をするのなら、水栓の種類によって難易度が変わるということも覚えておくといいでしょう。

どこまでなら自分で修理していいの?

それでは、どの水栓なら自分で修理してもいいのでしょうか。作業者の知識や経験にもよりますが、一般的には以下のようになっています。
 

【自分で修理してもいい水栓】

単水栓
水かお湯だけを吐水する、シンプルな機能の水栓です。他の水栓と比べて構造もシンプルなので、修理の難易度も低いです。

2ハンドル混合栓
水とお湯、それぞれ1つずつハンドルが付いた水栓です。それぞれのハンドルを開ける程度によって、水量と温度の調節ができます。ハンドルが2つという点以外は単水栓と構造がほぼ同じなので、こちらも修理の難易度は低いです。
 

【自分では修理が難しい水栓】

シングルレバー混合栓
2ハンドル混合栓と違い、1本のレバーハンドルのみで水量と温度を調節する水栓です。使いやすいですが、内部にはハンドルと連動するバルブが内蔵されており、構造が複雑なので修理は難しいです。

サーモスタット混合栓
内部のカートリッジの働きにより常に一定の温度を保つ混合栓で、浴室の壁に設置されていることが多いです。こちらも内部構造が複雑なので、修理するより丸ごと交換するほうが簡単な場合も多いようです。

ここまで、代表的な4つの水栓の種類をご紹介してきました。それでは、水栓の内部構造はどのようになっているのでしょうか。次からはそれを見ていきましょう。
          水栓とは――自分で修理できるタイプか確認を<

水栓の内部構造と部品の名称を知ろう

水栓の構造を知っておけば、いざ水栓の修理をするときにも役に立つでしょう。ここでは、最も基本的な単水栓の構造と部品の名称をご紹介していきます。単水栓の構造を知れば、2ハンドル混合栓など別の種類の水栓にも応用することができるかもしれません。

水栓の構造は、上から順に以下の部品が使われています。

・ハンドル:水栓の一番上にある部品で、手で握る部分です。中心にはビスを通す穴があります

・カバーナット(キャップナット):ハンドルの下にあるナットで、蛇口の組み立てに必須の部品です。

・三角パッキン:ハンドル部分からの水漏れを防ぎます。

・スピンドル:蛇口の芯になる部分で、ハンドルをゆるめれば上がって水が流れ、締めれば水が止まります。

・ケレップ(コマ):スピンドルと組み合わせ、装着したパッキンで水を制御します。

以上で、水栓の基本的な構造がわかりました。しかし、これだけでは水栓の修理はできません。水栓だけでなく止水栓についても覚えておくべきことがあります。

修理の前に必ずすること――止水栓を閉めよう

『止水栓』は水量を調整する際に使用するもので、基本的に水道修理の際には止水栓を閉める必要があります。開けっ放しで水道修理をおこなえば、給水管から水があふれ出すおそれがあるからです。まずは止水栓の閉め方を見ていきましょう。

止水栓・元栓の閉め方

(1)マイナスドライバーを用意します。
(2)止水栓のネジを反時計回りに回します。

これだけで止水栓は止まります。ハンドル式の場合はマイナスドライバーを用意する必要もありません。

ただし、どうしても止水栓が見つからなかったり、そもそも止水栓がなかったりという場合もあります。その場合は『元栓』を閉めましょう。元栓は水道メーター近くに設置されていることが多く、閉めれば家全体の水が止まります。

部品を落とさない工夫を

止水栓を閉める以外にも忘れてはならないのが、部品の紛失です。水栓の種類によっては細かい部品もあるので、誤って排水口に流してしまうおそれがあります。作業前には必ず栓をしましょう。
      修理の前に必ずすること――止水栓を閉めよう

単水栓の修理の仕方

水栓の構造を知り、準備を終えましたら、いよいよ水栓を修理していきましょう。ここでは、簡単な単水栓の修理の仕方をご紹介していきます。初めての方は、まずは単水栓の修理から挑戦してみてください。

ハンドルの下から水漏れする場合

(1)カバーナットを締め直します。これで水漏れが直らなかった場合パッキンの劣化が考えられるので、先述の方法で止水栓を閉めます。

(2)プライヤーでビスとハンドルを引き抜き、レンチでカバーナットを外します。

(3)三角パッキンを新品に交換し、逆の手順で部品を締め直していきます。

(4)最後に止水栓を開き、水を流して確認します。

吐水口から水漏れする場合

(1)ケレップの劣化が考えられるので、止水栓を閉め、カバーナットからハンドルを外します。

(2)内部のスピンドルからケレップを外し、新品に交換します。

(3)逆の手順で締め直していきます。

吐水口の付け根から水漏れする場合

(1)吐水口を固定する袋ナットを締め直します。直らなかった場合は内部のUパッキンの劣化が考えられます。

(2)レンチで袋ナットを外し、内部のUパッキンを新品に交換します。取り付ける際は「U」の開いた部分を本体側に向けます。

(3)逆の手順で締め直していきます。

以上が主な水漏れと修理の方法です。水栓の種類によっては単水栓とほぼ同じ手順で直すことができるので、まずは上記の3つの方法を確実にしましょう。
      単水栓の修理の仕方

自分で修理できないタイプの場合は

単水栓の修理についてご紹介しましたが、水栓の種類の中でもシングルレバー混合栓とサーモスタット混合栓は修理が難しいです。この場合は水道修理業者に依頼するべきで、その理由は2つあります。

施工ミスを防ぐ
水栓の修理・交換には失敗もつきものです。施工のやり方を間違えることもあれば、必要な部品を買い間違えることもあります。業者に依頼することで失敗を防ぎ、時間とお金の浪費を防ぐことができます。

水栓の状態を見極める
水栓の寿命は10年前後といわれています。古くなった水栓は修理しても別の個所が壊れたり、修理用の部品が品切れになったりします。これらは避けられないことなので、修理よりも交換を選んだほうがお得になるケースもあるようです。

まとめ

代表的な水栓の種類、そして構造と修理方法についてご紹介してきました。修理に必要な道具や部品はホームセンターなどでもそろえることができるので、やり方を覚えれば難しいことはないでしょう。

ただし、それは単水栓や2ハンドル混合栓の場合です。水栓の種類によっては素人では手出しできないこともあるので、その場合は遠慮せずに水道修理業者に依頼することをおすすめします。もちろん交換も請け負ってくれます。

当サイトでは頼りになる水道修理業者を探すことができますので、いざというときはぜひご利用ください。

蛇口修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 10:35:36
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/40246/
家の修理
あなたのご自宅の水栓は水漏れしていませんか。また、軽い水漏れだからと放置してはいませんか。ポタポタといつまでも水が垂れていては、ストレスになるだけでなく水道代も増額されてしまいます。早く直すに越したことはありません。しかし、いざ水栓の修理をしようと思っても「どう修理すればいいのかわからない」「悪化させてしまうかも……」と不安に思う方は多いかもしれません。そこで当コラムでは、簡単な水栓の修理方法をご紹...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!