生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

水道管の凍結破裂防止対策とは?防止法や対処法を紹介します

投稿日:2017-12-15 更新日:2018-09-28

水道管の凍結破裂防止対策とは?防止法や対処法を紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

水道管の凍結による破裂は、気温がぐんと下がった真夜中から朝方にかけて突然起こります。
朝起きたときに水が出なかったら焦ります。冷静に対処しないとますます被害を拡大する原因になりかねません。

水道管が破裂しないように事前に防止するにはどうしたらいいのか、もし破裂してしまったらというときの対処方法を紹介しますので、しっかり覚えておきましょう。

水道管が凍結して破裂してしまう条件とは

水道管が凍結して破裂してしまうことは気温と場所が関係しています。

気温の低下で水道管が破裂する

まず気温ですが、著しい気温の低下がみられ、氷点下になりにくい地域は注意が必要です。水の入ったペットボトルを冷蔵庫に入れて凍らすとパンパンに膨らみますが、これは体積が増えることが原因で、水道管の水が凍ることで同じ現象がおき、最後には水道管が割れて接続部分が破損してしまいます。

水道管の水は、-4℃になると凍りやすくなります。

破裂しやすい場所

場所ですが、日当たりの悪い場所や風当りが強いところ、ベランダに洗濯用の水道管や給水管があるところ、水道管やメーターがむき出しの状態をも凍結しやすいのでご注意してください。

このような要因で凍結していきます。

次に破裂するとどのような症状出るのか話していきます。
      水道管が凍結して破裂してしまう条件とは

水道管が凍結破裂するとどのような症状が出る?

1章でお話したように水道管が凍結して破裂してしまったら、蛇口をひねっても水が出てくることはありません。

水道管が膨張して破裂している場合は、水道管に亀裂が入ったり、水が漏れていたりすることが確認できますが、水道管が内部に設置されており目に見えないところが破損している場合だと目視では発見できません。

その場合は水道メーターを使って調べます。
明らかに前回よりも水道代が高く、水道使用量が多くなった場合は凍結による水道管の破裂が考えられます。

水道管の凍結を防ぐには

水道管の凍結を防ぐ方法はいくつかあります。すぐにできる対策としては、少しだけ水が出るように水道から蛇口を軽くひねることによって水道の蛇口からチョロチョロ出てくるので、そのまま出しておいてください。

水流が発生している間は水道管内の水が凍りにくくなります。

しかし、水を出し続けることにより、水道料金が高くなってしまうことや気温が低すぎる場合は凍結してしまう点に注意してください。

ほかには、水抜きをという方法があるので手順を説明します。

① 水道の蛇口をあけて水を流します。

② ①の状態のままで水道の元栓を閉栓します。

③ ②をしたら水道の蛇口うぃ全開にあけて水道管に溜まっている水を抜きます。

④ ③をしたら水道の蛇口を軽く締めて少しだけ水が出た状態にします。

水抜きをすることにより、水道管に溜まっている水を抜き取ることができ凍結を防ぐことができます。

また寒い地域では、水が凍結してしまうのを防ぐために不凍栓というものが備付けてあります。
不凍栓とは、水道管の中に溜まっている水を同じ管の中にある別の穴を通して水を抜き取ってくれる水抜き用の装置です。

外にある水道管には、水道管凍結防止帯と呼ばれるグッズを使いましょう。このグッズは電気の力で水道管を暖める効果があります。

使い方は簡単で、保温性が高いチューブをまいた上にビニールテープを巻き付けて、その上へ水道管凍結防止耐をさらにまきつけるだけです。
これによって水道管の温度が上昇すると自動的に作動して水道管を凍結しないようにします。

また、タオルや手袋、ビニール袋やダンボールも凍結対策に使うことができます。
蛇口の部分へタオルや軍手、ビニール袋をかぶせておきます。その上に段ボールを被らせましょう。

室内にある排水管は、トイレの便器やお風呂の排水、台所の排水から住宅用不凍液を入れて凍結を防ぎましょう。
      水道管の凍結を防ぐには

もし凍結させてしまったら…自分でできる対処法

万が一凍結させてしまった場合は、自然に溶けるのを待つ方法が簡単です。

しかし今すぐ使いたいので溶けるまで待てないというときは、凍った部分にタオルをかぶせてからその上にぬるま湯をゆっくりかけていきます。

このとき、熱湯をかけてしまうと水道管や蛇口が破裂し修理代が高くなってしまう可能性があるので気をつけましょう。

破裂させてしまった!そんなときの緊急対処法

凍結防止をしたけれど、水道管が凍結により破裂してしまったときは、自分でできる対処方法として止水栓を閉めて水が出ないようにします。

止水栓場所は、水道メーターと共に設置されているので見つけたらすぐにバルブを回して水を止めましょう。止水栓の場所を探し出すことができなかった場合は、破裂した場所をタオルかビニールテープを巻きつけて応急処置をしてください。
     破裂させてしまった!そんなときの緊急対処法

破裂したときにかかる費用はどれぐらいかかる?修理費用について

水道管が凍結により破裂した場合は、自分では修復不可能なので専門の業者に依頼しましょう。

水道管の破裂の状況にもよりますが、約10000~30000円の費用がかかるようです。
このときなるべく複数の業者に見積りを出してもらうと安さの比較ができ、修理が早くしてもらえることもわかるので何社か確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

寒くなってくる時期の水道管は凍結による破裂が起こると水が使えなくなり、水が漏れて建物に侵入し日常生活に被害を及ぼします。水道代が高くなり、使用量が過剰に多くなるときは水道管が破裂している可能性があります。

寒くなってきたら、水道管の凍結がいつ起こるかわからないので破裂して手遅れになる前に事前に凍結防止対策をしておいたほうがいいでしょう。

水が出なくなったときは、焦らず冷静に対処し早めに業者に相談しましょう。

水漏れ修理・トイレつまり工事を業者に依頼する際は

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
5投票,  平均評価値:4.4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 12:03:22
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/26062/
家の修理
水道管の凍結による破裂は、気温がぐんと下がった真夜中から朝方にかけて突然起こります。朝起きたときに水が出なかったら焦ります。冷静に対処しないとますます被害を拡大する原因になりかねません。水道管が破裂しないように事前に防止するにはどうしたらいいのか、もし破裂してしまったらというときの対処方法を紹介しますので、しっかり覚えておきましょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!