生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

水道が凍るのを防ぐ!凍結予防・凍結時にできる正しい対策とは

投稿日:2017-12-14 更新日:2018-09-28

水道が凍るのを防ぐ!凍結予防・凍結時にできる正しい対策とは

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

厳しい寒風が吹き付ける冬は、身の回りのものにも注意をしなければなりません。注意をするものの一つが水道です。水道は気温によっては凍ってしまうことがあるのです。水道が凍るなんて想像していない方も、もしかしたら知らない間に凍ってしまっているかもしれません。
そこで今回は、水道が凍る原因と対策方法をご紹介していきます。

水道が凍る外気温って?凍結の環境条件とは

水道が凍ってしまう温度の目安は、マイナス4℃を下回った時と一般的に言われています。凍結するのは気温が急激に低下する夜の時間帯がほとんどで、いったん凍ってしまうとすぐに溶けることはありません。そのため、午後の暖かい時間に溶けるのを待つという方法を取られている方もいらっしゃいます。

また、雪が降ると言われている日にも注意が必要です。雪は上空の温度がマイナス6℃以下で、地上が3℃以下の気温で降ってきます。そのため、水道は凍りやすいです。
他にも、水道管が風の影響を受けやすい場所にあったり、日当りが悪い場所にあったりすると、マイナス4℃でなくても凍ってしまうことがあります。

水道が凍ると生活に影響がでるだけなく、水道管が破裂するおそれもあります。そうならないためにも、自分の家の水道管の場所を把握し、気温の低下が危ぶまれる日には事前に凍結防止しておくことが大切となります。
水道が凍る外気温って?凍結の環境条件とは

水道が凍るとこんな危険が…凍結で出る症状

水道が凍ると、第一に生活に影響がでてきます。水がでなければ、お米が炊けないだけでなく、お湯すら沸かすことができないのです。さらには洗顔したり、歯磨きしたり、お風呂やトイレ、洗濯すらままなりません。このように水を使用する全てのことができなくなってしまい、生活に支障がでてしまいます。

水道が凍る問題はこんなに簡単に予防できる!

水道が凍ると生活が不便になります。しかし、簡単に予防する方法があります。

『水抜き』をする

水道管が凍ってしまう原因は、中を通る水が凍ることが原因です。そのため、水道管に水がなければ凍ることもないというわけです。

まずは部屋の中か外についている水道の栓を閉めます。この状態で蛇口を開き、水道管に残っている水を抜くことによって凍結を防ぐことができるのです。
雪が予測されている日や旅行や帰省などで長期不在の時などに行っておくのをおすすめします。

水を流しっぱなしにする

水道代を気にしてためらってしまいがちですが、水を少量ずつ流しつづけることによって凍ることを防ぐことができます。流動した状態では凍りにくいという性質をもっている水は、蛇口からほんの少し流し続けることで凍結しにくくなります。

ただし、注意しなければいけなのがトイレです。トイレなどは水を流し続けることができないので、そのような場所ではこの方法を使うことができません。

タオルや保温材を巻く

すこし手間はかかりますが、水道管などに直接タオルや保温材を巻き、温度が下がるのを防ぐ方法もあります。しっかりと巻くことで断熱し、凍るのを防いでくれるのです。

簡単にできる方法から、しっかりと対策する方法までさまざまな対策をとることができます。自分の生活にあった対策をとることをおすすめします。
水道が凍る問題はこんなに簡単に予防できる!

もし水道が凍って、水道管が破裂してしまったら…

しっかりと対策をしていても、水道が凍ることがあります。こういった時に焦ってやってしまいがちなどは、熱湯を水道管にかけて溶かすという方法です。「水が凍っているので熱湯をかければ、すぐに溶ける」と考え、熱湯をかけてしまう方も少なくありません。しかしこの方法は間違いなのです。

水道管は金属でできているため、外側の水道管に熱湯をかけると急激に温度が変化し、ひび割れが起こる『ヒートショック現象』が起こってしまうおそれがあるのです。

せっかく氷が溶けても、肝心の水道管が破裂してしまってはさらに修理が必要となります。もし暖めるのであれば、熱湯ではなく、ぬるま湯などをかけるのをおすすめします。

また、知らない間に凍ってしまい、すでに破裂してしまっていることも少なくありません。破裂しているのなら、すぐに専門業者に連絡しましょう。
自分の敷地内で起こっているのなら、自分で応急処置をしても大丈夫です。敷地内や管轄内でないのであれば、無理に対処してしまうと損害賠償を請求されることもあります。どこで破裂が起こっているのかしっかりと調べる必要があります。
もし水道が凍って、水道管が破裂してしまったら…

まとめ

水道が凍ると、私たちの生活は不便になります。凍るだけでなく、知らない間には水道管が破裂していることも少なくありません。水道管の破裂は気づかないことも多く、日ごろからしっかりと水道料金などを注意してみておく必要があります。もし急激に水道料金が上がっていたのなら、破裂による漏水を疑ってみてはいかがでしょうか。

漏水は早めに対処しないと二次災害が起こる危険もあります。そうならないためにも、水道管破裂が気になる方は一度業者に相談してみることをおすすめします。水道管破裂を防ぎ、より豊かに生活することができるかもしれません。

水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 12:08:40
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/25763/
家の修理
厳しい寒風が吹き付ける冬は、身の回りのものにも注意をしなければなりません。注意をするものの一つが水道です。水道は気温によっては凍ってしまうことがあるのです。水道が凍るなんて想像していない方も、もしかしたら知らない間に凍ってしまっているかもしれません。そこで今回は、水道が凍る原因と対策方法をご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!