生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

汚水がトイレから溢れる!トイレつまりでソレはNG!正しい解決方法

投稿日:2017-12-13 更新日:2020-03-16

汚水がトイレから溢れる!トイレ詰まりでソレはダメ!正しい解決方法

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

トイレが溢れる。想像しただけでも嫌なできごとです。
夢占いでは、トイレが溢れる夢は精神的に厳しい状況を表しているともいわれるそうです。実際、トイレから突如として水が溢れだすということは少ないものの、トイレでのトラブルに焦って間違った対処をしてしまうと……トイレの水が溢れるという事件が起こってしまいます。
汚水が便器から溢れるという事態に直面する事態は避けたいものですが、なってしまえば仕方がありません。

今回はトイレの水が溢れた!となってしまったときの原因・対処法・「自分で直せない場合はどうするの?」といった点をご紹介します。

汚水がトイレから溢れないようにまずは落ち着いて

トイレが溢れるその瞬間、人は誰しもがパニックに陥ってしまうでしょう。ですが、そんなときこそ冷静に対処できるようにならなければなりません。

大抵トイレの水は突然溢れだすということはなく、前兆としてトイレ詰まりが起こっています。「あれ?流れが悪いな……」と狭い空間の中でイラ立ち、だんだん焦り始めるのです。

そしてトイレパニックに陥っていまうでしょう。そしてやってしまいがちなのが、何度もレバーを動かしてしまうことです。それで解決するケースはまれで、大抵の場合は、便器の中の水位を上げてしまうだけで逆効果です。

便器内の水位が上がってきて「おっ?おおっ?」となったときは、レバーには触らず止水栓を閉めることができれば、トイレの水は溢れずに済むのですが……
止水栓は、タンクへの給水管についていますのでタンク周りを探してみましょう。

      汚水がトイレから溢れないようにまずは落ち着いて

トイレのつまり・水が溢れる原因について

トイレがつまることで水が溢れてしまった場合、何が原因でトイレがつまっているのかを知る必要があります。原因がわからないことには適切な対処ができません。まずは、トイレの水が「なぜ」溢れているのかを探していきましょう。

異物が排水路をせき止めていること

トイレの排水路に異物がつまることで、水をせき止めてしまい、溢れる原因となっていることがあります。トイレの排水路は、S字になったせきの部分と排水管の間にあり、水と一緒に排泄物を流す役割のある場所です。

この排水路に大量のトイレットペーパーやスマホなどの小物といった異物がつまることで、水や排泄物が排水管へと流れていかなくなりトイレつまりが起きます。

異物が排水管をせき止めていること

トイレがつまる原因としてもっとも多いのが「排水管が異物にせき止められている状態」です。もし異物によって完全に排水管がつまってしまえば、トイレから水が溢れることになってしまうでしょう。トイレがつまって水が溢れてきたときは、以下のようなものを流していないか確認してみてください。

【排水管でつまりが起きやすい異物】

・大量のトイレットペーパー
・ティッシュペーパー
・ペット用のトイレ砂
・赤ちゃんのおむつ
・固形物(スマホ、ハンカチなど)

上記以外にも注意するべき異物はありますが、トイレの排水管でつまりが起きる原因としては、これらが多くなっているようです。

トイレには「大抵のものを流しても問題ない」と考えている方もいるようですが、基本的にはトイレットペーパーのように水に溶けるもの以外は、流さないようにしましょう。

経年劣化により水が上手く流れないことも水が溢れる原因

トイレの排水管やタンクといった場所が経年劣化することも、水が溢れる原因のひとつになっています。トイレの寿命はおよそ10年とされており、欠かさずメンテナンスをしていたとしても、何かしらの不具合が出てくるものです。不具合をごまかしながら使っていたとしても、突然トイレがつまり、水が溢れるといった事態になってしまうこともあります。

長期間使うことでできる尿石に要注意

寿命と少し近い原因になりますが、長期間に渡って使っているトイレの場合、尿石などが原因で水が溢れてしまうこともあります。尿石などの汚れが排水管に蓄積されていき、水の流れる通り道が狭くなることで、結果的にトイレのつまりが起きてしまうようです。

こういった汚れが原因でトイレがつまっている場合は、「重曹+お酢」や「パイプクリーナー」で解消できるかもしれません。業者を呼ぶ前に一度試してみるとよいでしょう。

      トイレから水が溢れる原因って?

トイレつまり・水が溢れることで起きる問題

毎日使用するトイレで水が溢れるほどつまってしまった場合、さまざまな困った問題が起きます。日々の掃除やメンテナンスの大切さを知るためにも、トイレつまり・水が溢れることで起きる問題を確認しておきましょう。

トイレが使用できなくなること

トイレの水が溢れるようなつまった状態では、もちろん使用することはできません。自宅に何個もトイレがあればよいですが、ひとつしかない場合は深刻な問題といえます。このような事態にならないよう、定期的な掃除やメンテナンスをしていきましょう。

悪臭

トイレがつまったままの状態にしておくと、流れなかった排泄物の臭いが漂ってきて、トイレ内が悪臭に包まれることもあります。

使用できない間はトイレに入ることもないと思います、つまりの解消までに時間がかかってしまえば、悪臭が部屋にまで漂ってくることもあるでしょう。日々生活していく中で悪臭がするというのは精神的にも深刻な問題ではないでしょうか。

掃除の手間が増えること

トイレがつまり水が溢れてしまえば、当然トイレ内の床も汚れることになります。そうなると、排泄物の混ざった水を掃除しなければならず、手間が増えるだけでなく、不快な気持ちにもなることでしょう。

また、排泄物の混ざった水が床に溢れるというのは、衛生面的にもよくありません。そのため、子どものいるご家庭では、とくに注意したほうがよいでしょう。

騒音

本来であればトイレの水は、排水路を通って排水管へと流れいく仕組みになっています。異物によってつまってしたとしても、流れようとする力が働いており、異物と排水管のすき間から少しずつ水が流れているのです。

このとき、通常の水の流れと異なるため、騒音となって変な音を出すことがあります。一時的に鳴る場合もあれば、ずっと騒音が続くことあるようです。夜寝るときにまで騒音が続いてしまえば、大きなストレスを抱えることにもなりかねません。

自己解決できる?トイレつまりと水が溢れたときの解決方法

水が溢れるほどのトイレつまりであっても、原因によってはDIYによって解消することも可能です。トイレットペーパーなど水に溶ける異物が原因であれば、ここでご紹介する解決方法を参考に解決できるかもしれません。業者依頼の前に試してみてください。

トイレ詰まりを溶かす!お湯とパイプクリーナーの使い方

トイレが溢れる原因が詰まりだった場合、まずはお湯とパイプクリーナーで対処しましょう。

お湯を流すことによって、詰まりの原因が溶けて流れていく可能性があります。
このときに注意しなければいけないのは、熱湯を流さないこと。
熱湯によって、便器が傷ついたり変質したりしてしまう恐れがあります。
40~60度程度のお湯を流すようにしましょう。

お湯でもダメな場合、パイプクリーナーの出番です。
ここでも注意すべきはキッチンやお風呂などに使うパイプクリーナーではなく、きちんとトイレ用のものを使うことです。

キッチンやお風呂用のパイプクリーナーは髪の毛や皮脂汚れなどを溶かす成分がありますが、トイレにつまるようなものはそれでは解けません。
いたずらに排水管を傷つけてしまうだけの可能性もありますので気をつけてください。

ラバーカップの使い方にも注意!!正しい使い方

トイレ詰まりの定番としてラバーカップを使うという手もあります。
「すっぽん」といった方がピンとくる人が多いかもしれません。

このラバーカップですが、実は正しく使わないと逆にトイレが溢れる原因になったり、便器内の水を撒き散らしたりしてしまう危険性があります。

まず、ラバーカップに種類があるのをご存知でしたか和式用と洋式用があり、一般的に思い浮かべるスッポンと呼ばれるものは実は和式用のラバーカップものです。

洋式用のラバーカップは先が出っ張っていて、より吸引力が高くなるようになっています。

使い方は、便器の排水口と水平になるようにラバーカップの先端部分をくっつけます。
次に、ゆっくりと押し込んで、カップ部分がへこんでいくようにします。
これ以上押し込めないというところまできたら、勢いよく引っ張ります。
ラバーカップは詰まりの原因を引っ張り出す道具なので、押し込むときはゆっくりで、引っ張るときに力強くやるのがポイントです。

ワイヤーを使って解決するのは危険!本当に困ったら

あらゆる方法を使ってダメだったときに最終手段としてワイヤーを使うという手があります。ワイヤーとはトイレ掃除用のワイヤーブラシのことで、ホームセンターなどで購入することができます。

これを排水管まで通して、詰まりの原因をひっかき出すというのがワイヤーを使った掃除方法です。ですが、この方法は素人には難しく、業者の人であっても熟練の技術と経験が必要になります。心臓のバイパス手術のようなイメージです。

最近では業者でもあまりおこなわない方法になってきています。トイレが溢れるからといって自分でワイヤーを取り出し掃除してみるのは控えた方がよいかもしれません。

もし「パイプクリーナー」「ラバーカップ」「ワイヤーブラシ」を試しても、トイレのつまりが解消されない場合は、すぐにでも業者を呼んだほうがよいでしょう。これらの方法でも解消できないとうことは、深刻な問題が起きている可能性があります。

そのため、無理に自分で解消しようとするのではなく、業者を呼んで、まずは点検してもらうのがよいでしょう。「トイレのつまりくらい」と侮っていると、最悪の場合、トイレを丸ごと交換する必要が出てくるかもしれません。

そのような最悪な事態を避けるためにも、本当に困ったときは迷わず業者に頼むのが一番だといえます。無理に自分でしようとしないことが何より大切です。

 ワイヤーを使って解決するのは危険!本当に困ったら

トイレつまり・水が溢れるのを業者に依頼するメリット

トイレつまりで水が溢れたとき業者に依頼することは、確実に修理してくれること以外にも、さまざまなメリットがあります。どのようなメリットがあるのかを知っておくことで、よりよく業者を利用することができるでしょう。

高い技術で短時間でおこなってくれること

トイレつまり解消のプロである業者であれば、技術が高いのはもちろん、短時間で作業を完了してくれます。トイレつまりの原因や作業員の技術力によっては、時間がかかるケースもあります。しかし、不慣れな状態で自分でやるよりも、はるかに確実に早く解決してくれるはずです。

衛生面を意識して作業してくれる

トイレでの作業となると衛生面が気になる方も多いのではないでしょうか。とくに水が溢れている場合、排泄物の混ざった状態で床が水浸しになっていることもあります。このような状態のトイレで作業をするというのは大変です。

しかし、業者に依頼することでつまり解消だけでなく、衛生面も意識して作業してくれます。溢れた水の状態によっては、とても大きなメリットといえるのではないでしょうか。

トイレトラブルについてのアドバイスをもらえること

業者に依頼した際、トイレトラブルについてのアドバイスをもらえることも、ひとつのメリットです。トイレのつまりは、いつまた起きるかわかりません。そこで、つまり解消のプロに日ごろ気をつけるべきことなど、予防に関するアドバイスをもらうこともできます。的確なアドバイスをもらうことで、トイレがつまる可能性を低くすることができるのです。

トイレに関するトラブルを業者に依頼する際のポイント

それでは最後に、トイレつまりの解消を依頼する業者選びのポイントを4つご紹介していきます。ここでご紹介する4つのポイントを踏まえて業者選びすることで、確実な修理と満足のゆくサービスを受けることができるでしょう。

高いスキルがあるかどうか

どこに依頼しようか迷ったときは、まずは業者のスキルに注目してみましょう。業者に依頼する目的は、トイレがつまっている原因の解消です。そのため、依頼予定の業者には高いスキルがあるかどうかを確認しておくと、より確実な修理を望むことができます。

業者のスキルは、「実績」や「資格の有無」から判断することができます。すべての情報は、基本的に業者の公式HPに記載されているはずです。記載のない業者がスキルがないということではありませんが、確認できるところだけに絞って選ぶのもよいでしょう。

料金設定や作業内容などを開示してくれるかどうか

業者に依頼した際は、作業前に見積り出してくれる場合がほとんどです。その見積もりの内容に、不透明な部分はないかどうかも重要なチェック項目になります。

見積り書には、作業内容や内訳、合計の料金が記載されています。どういった作業にどのくらいの費用がかかるのかをしっかりと把握しておかないと、不必要な出費にもつながってしまうので注意しなければなりません。

見積り書を確認してわからないところは必ず質問し、その質問に対して真摯に受け応えてくれるかどうかというところも確認するようにしてみてください。

望まない契約を強いらないかどうか

望んでいないオプションや追加作業を強いられないかも業者選びのポイントです。望んでいないものを追加されることで、予想以上の費用がかかってしまうおそれもあります。見積もりの時点では、まだ正式な契約ではないので不必要なオプションや作業が含まれていないかしっかり確認し、もしあれば納得いく説明をしてもらいましょう。

また、複数の業者の見積もりと比較するのもおすすめです。複数の業者から見積もりをとることで、作業内容や内訳を比較することができ、費用相場も知ることができます。本当に必要な作業なのかを見極めるためにも、1社のみでの業者選びは避けた方がよいかもしれません。

リピート率の高さ

業者選びに迷ったときには、その業者のリピート率にも注目してみましょう。リピート率の高さは、業者の信頼度ともいえます。リピート率の高い業者は、依頼が集まる分作業経験が豊富で、サービスやアフターフォローなどにも期待できるかもしれません。インターネットにある口コミなどの評判を参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
トイレが溢れるというのは誰しもがパニックになってしまう事件です。
だからこそ、事態に直面したときは冷静に対処できるようにしておきましょう。

便器内の水位が上がってきたら、慌てずにまずは深呼吸しましょう。レバーを連続で引きたくなる衝動は絶対に抑えなくてはいけません。水位が自然に下がっていくのを待ち、トイレ詰まりを解消する方法を考えます。

さまざまな解決法がありましたが、初めから業者に頼んでしまうのも確実な手段ではあります。
業者に依頼することで、スピーディーかつ衛生的にトラブルを解消してくれるでしょう。また、今後のアドバイスをもらえるというのも大きなメリットです。

なお、弊社ではご連絡いただいたお客様に、業者をご紹介するサービスをおこなっています。お電話・メールによるお問い合わせは、24時間365日【無料】で受け付け中です。ご相談内容をお聞きした後、最適な業者を迅速に派遣いたしますので、「自分一人で業者を選べない……」という方は、ぜひ弊社にご相談ください。

(この記事は2020年03月16日 に加筆・修正しています)

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-16 13:48:15
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/25117/
家の修理
トイレが溢れる。想像しただけでも嫌なできごとです。夢占いでは、トイレが溢れる夢は精神的に厳しい状況を表しているともいわれるそうです。実際、トイレから突如として水が溢れだすということは少ないものの、トイレでのトラブルに焦って間違った対処をしてしまうと……トイレの水が溢れるという事件が起こってしまいます。汚水が便器から溢れるという事態に直面する事態は避けたいものですが、なってしまえば仕方がありません。今...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!