生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションのトイレつまりは周囲にも迷惑!自己解決4つのステップとマンションだから必要なこと

投稿日:2017-12-12 更新日:2020-03-13

マンションのトイレつまりは即実解決を!自分で解決するための4つのステップ

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

マンションのトイレがつまったら、まずは原因の特定をしましょう。トイレが流れない原因として大きく2つが考えられますが、この原因を特定しないことにはDIYで対処可能なのかが判断できません。

この記事では、トイレがつまる原因をはじめ、個人でできる対処法を詳しくご紹介します。また、DIYで対処できない場合に備え、「マンションに住んでいる方が業者を呼ぶ際に注意しておきたいこと」も一通りまとめました。

「身近にある手軽なもので対処したい」とお考えの方、「業者を呼ぼうと思っている」という方、双方のケースで役立つ情報をまとめている記事です。マンションのトイレつまりに頭を悩ませている方は、この記事をトラブル解消にお役立てください。

マンションのトイレがつまる原因とは

マンションのトイレがつまるのには、大きく2つの原因が考えられます。まずは「なぜつまってしまったのか」を確認し、これからおこなう対処を決めていきましょう。

トイレのタンクに十分な水がたまっていない

一般家庭で使用されるトイレは、基本的にタンク内に水がためられ、その水を流すことによって汚物が排水管へと運ばれていく仕組みになっています。水をため込む役割を持つタンクにペットボトルなどのものを入れていると、汚物を流すのに必要な量の水が流れなくなります。そのため、汚物がしっかり流れずトイレがつまってしまうことがあるのです。

この場合、タンクに水がたまらない原因を突き止めることが先決です。タンク内になにか入れている場合はそれが原因となっているかもしれないので、一旦取り除いて様子を見てみましょう。もし直らない場合は給水機能自体の故障も考えられるので、業者による詳しい点検を受けることをおすすめします。

異物がトイレの排水管につまる

トイレの水や汚物の通り道となる排水管に、異物がつまることでトイレが流れなくなってしまうこともあります。異物がつまる場合で多いのが、ティッシュペーパーなどの紙を流してつまることや、ポケットに入っているハンカチや携帯電話、財布などを誤って落としてつまることです。

このように、ハンカチや携帯電話、財布など「水に溶けないものがつまっている」といった場合、個人での対処は難しくなります。無理に対処しようとするとさらに奥に入り込むといった事態にもなりかねないので、早めに業者を呼んでください。

もし排水管につまっているものがトイレットペーパーや汚物など、水に溶けるものであれば個人での対処は可能です。そういった場合は、後述する方法をひとつひとつ試して改善していきましょう。

      マンションのトイレがつまる原因とは

マンションのトイレつまりが招くトラブルとは

マンションのトイレつまりを放置しておくと、さまざまなトラブルを招く原因となります。トイレの水が流せなくなることで「使用不可」や「臭い」などはもちろん、場合によってはもっと大きなトラブルに発展することも考えられるのです。どのようなリスクが隠れているかは、下記を参考にしてみてください。

・トイレを使用できなくなる
・便がつまることによる悪臭
・ほかの部屋への汚水の逆流
・トラブルによる裁判への発展

マンションの排水管は、上の階や下の階の部屋の排水管とつながっていることがほとんどです。そのため、ひとつのトイレがつまってしまうことで、ほかの部屋のトイレに汚水が逆流してしまい、それが原因で裁判に発展することすらも考えられるのです。

自室以外にも影響を及ぼすおそれがあるマンションでのトイレトラブルは、早急に対処しなければならない問題といえるでしょう。

マンションのトイレつまりを自己解決する方法

トイレットペーパーや便など、水に溶けるものが原因でトイレがつまっている場合、個人でも対処することができます。対処方法はいくつか存在し、ひとつひとつを試していくことでトイレのつまりを解消することにつながるでしょう。個人でできるつまり解消法をステップごとに分けてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

トイレつまりの改善【ステップ1】バケツを使おう

マンションでトイレつまりが発生した際、まず試してほしい方法がバケツで水を勢いよく流す方法です。この方法を試す際は、まず周りにビニールシートなどを敷いて、ある程度汚水が飛び散ってもいいようにしましょう。

そして、水位が高くなっているトイレの水をバケツに汲みだします。バケツに入れた水を排水口に向けてピンポイントで、勢いよく流し続けてつまりを取ります。

引っかかりやすいものがつまっている場合は、この方法だとつまりがひどくなってしまう場合があります。また、バケツの水を一気に流してしまうと溢れることがあるので注意しましょう。

トイレつまりの改善【ステップ2】お湯を使おう

マンションのトイレつまりの原因が紙類の場合に使える方法です。お湯を流すことによって、紙をふやかしたり溶かすことでつまりを取ります。それ以外のものがつまりの原因と思われる場合は、この方法はおこなわないようにしてください。

この方法で注意しなければいけないのが、お湯の温度です。便器は陶器でできているので、お湯の温度が高いと破損してしまう原因になることがあります。お湯の温度は40℃から60℃になるように調整してください。

お湯を便器に流したら、1時間ほど放置します。水位が下がっていることが確認できれば、つまりが直った証拠になります。しかし、時間が経ってもつまりが解消されないようであれば、紙以外のものがつまっている可能性が高いです。

トイレつまりの改善【ステップ3】紙を溶かす液の作り方

上記のお湯を使用する方法で、お湯に一緒に入れておくと紙類が溶けやすくなるものがあります。それは、「重曹」と「お酢」です。重曹とお酢が合わさると炭酸ガスが発生するため、汚れを浮かし紙類を溶かす(実際に溶けるわけではなく繊維がほぐれやすくなる)効果があります。

お湯を使用した方法のなかでもご説明しましたが、マンションのトイレつまりの原因が紙類以外の場合には効果がありません。その場合は別の方法を試すようにしてください。

トイレつまりの改善【ステップ4】ラバーカップを使おう

トイレによく置いてあるラバーカップは、トイレのつまりを取る道具として有名なものです。しかしラバーカップを使用した方法はなかなか大変なものです。

トイレのつまり解消に役立つラバーカップですが、異物を取り除くのは簡単ではありません。取れるまで根気よく押したり、引いたりと数十回くらいは繰り返すつもりで臨みましょう。

ラバーカップを持っていない方も多いと思います。マンションのトイレつまりはよくあるトラブルなので、大家さんや管理人さんがラバーカップを持っていることが多いです。持っていなければ一度借りられないか聞いてみてもいいでしょう。

トイレつまりの改善【ステップ5】真空式パイプクリーナーを使おう

先にご紹介したラバーカップの吸引力をさらに高めたものが、真空式パイプクリーナーです。このアイテムにはハンドルが付いており、それを引くことでトイレ内の水・異物を吸い込むことができます。ラバーカップでは取れなかったものが真空式パイプクリーナーでは取れるといったこともあるので、一度試してみるのもよいでしょう。

ただし、値段が約1,000~3,000円と、数百円で購入できるラバーカップと比べて少々高いです。また、真空式パイプクリーナーでも解消できないケースはあるので、その点には注意して利用を検討してみてください。

もし真空式パイプクリーナーを使ってもトイレのつまりが改善されない場合は、DIYでの対処は難しいと判断してもよいでしょう。無理に自分で何とかしようとはせず、つまり解消のプロを呼ぶのが手間もかからず確実です。

      トイレつまりの改善【ステップ1】バケツを使おう

それでもトイレつまりが直らない場合――ワイヤーを使うのは危険?

トイレつまりを解消する方法として、ワイヤーを使用する方法もあります。ここでいうワイヤーとは、業者も使用している「ワイヤーブラシ」のことです。この方法だと固いものがつまった場合でも取ることができますが、使用するには技術が必要になってきます。

ワイヤーは無理やり押し込んでしまうと、抜けなくなって出せなくなってしまうことがあります。また、うまく使用しないと便器に傷をつけてしまいます。そのため、とくにマンションのトイレつまりにはあまり使用しない方がよさそうです。

トイレつまりは業者を呼ぶとどれぐらいで解決する?費用を抑えるには

マンションのトイレつまりはすぐに解消したいものですので、業者に依頼するとどれくらいで来てもらえるのかは気になるところだと思います。

業者によっては、依頼した30分後には来てもらえるようなところもあるそうです。直してもらうのにかかる時間は30分くらいが目安になります。ただし、便器を外すなど規模が大きくなると何時間もかかることがあります。

費用は通常5,000~8,000円くらいが相場になり、大規模なものだと2万円を超えることもあります。トイレがつまってから業者を焦って探すと、料金が高い業者に当たってしまうことがあるので、つまる前に近隣の業者の相場を把握していい業者を探しておきましょう。

      トイレつまりの改善【ステップ3】紙を溶かす液の作り方

マンションのトイレつまりを業者に解消してもらう前に必要な行動

個人で対処しきれないトイレのつまりは、業者による作業で改善していくこととなります。しかし、マンションのトイレの場合、ただ単に業者を呼べばよいというわけではありません。「勝手に作業を進めて後々管理会社とトラブルになる」といった問題を避けるためにも、依頼前に確認しておくべき項目を知っておきましょう。

管理会社に連絡

マンションのトイレがつまった場合、まずは管理会社に連絡を入れるようにしてください。これは、「費用は誰が負担するのか」「管理会社が定める修理業者はいるのか」「保険は適用されるのか」などが管理会社によって異なるからです。

これらの確認をおこたると、後々費用の負担先などでトラブルになりかねません。基本的には管理会社が定めている内容に従うことになるので、上記3点については依頼前によく確認しておくようにしましょう。

賃貸契約書から誰が費用を支払うか確認

マンションのトイレ修理にかかる費用の負担先は、「借主」か「貸主」かのどちらかです。そして、どちらが費用を負担するのかを決める基準としては、「過失の有無」が大きく関係します。

基本的に、「トイレットペーパーの流し過ぎ」や「携帯電話を落とした」など、借主の不注意で生じたトイレつまりに関しては、借主が費用を負担することとなります。

対して、「配管内部に異常があり、結果としてトイレットペーパーがつまった」「便器の劣化が原因で水が流れない」など、マンションの設備に問題がある場合など、借主では防ぎようがないケースが貸主側の負担となることが多いです。

上記のような基準については、契約時にもらえる「賃貸契約書」から確認することができます。管理会社に問い合わせて直接聞くこともできますが、あらかじめ契約書の内容を確認し、ある程度の知識をつけておくということも重要といえるでしょう。

保険が使えるかどうかチェック

マンションに限らず、賃貸物件に入居する際は、ほとんどの場合で火災保険に加入すると思います。その保険の内容によっては、トイレの修繕費用が補償される場合もあるので、依頼前に一度確認しておくのがおすすめです。

保険の内容は、加入した際に発行される「保険証券」という書類で確認できます。もし保険証券が見つからない場合は、保険会社に直接問い合わせることでも確認可能です。業者依頼する前に保険の適用範囲であるかを確認しておくことで、節約につながるということも知っておくとよいかもしれません。

ほかの住民から苦情がきていないか確認

前述の通り、排水管がつながっているマンションでトイレがつまると、ほかの部屋にも影響がでているおそれがあります。この確認は、できるだけ管理会社に問い合わせた際におこなうようにしてください。

というのも、自ら直接確認しにいくことで、ほかの住民とのトラブルに発展しかねないからです。トイレがつまった場合、まずは管理会社に苦情はないかの確認をし、その後の適切な判断について指示をもらうようにしましょう。

       トイレつまりの改善【ステップ4】ラバーカップを使おう

マンションのトイレつまりの原因を解消する業者の選び方

管理会社が定めている業者がない場合は、ご自身で依頼先を決めていかなければなりません。しかし、初めての経験となると、なにを基準に選ぶべきなのかも分からないことでしょう。

そこでここでは、トイレのつまり解消を依頼する業者の選び方をご紹介します。業者を選定するうえで注目しておきたいポイントは、全部で7つです。下記を参考に、理想の業者を見つけ出してみてください。

見積もり内容をキチンと開示してくれるかどうか

業者に作業を依頼すると、ほとんどの場合で点検から始まり、その後に見積もりを出してくれます。この見積もりの内容について、キチンと説明してくれるかどうかに注目してみてください。

見積もり内容の開示というのは、利用者の疑問をなくしておくうえで、非常に重要な要素です。また、作業内容やその内訳を隠すことなく提示してくれるというのは、費用面への信頼にもつながります。

業者を呼んで見積もりを出してもらったら、疑問点は必ず質問し、その質問に対して真摯に受け応えてくれるかどうかを確認するようにしましょう。

実績があるかどうか

トラブルの解消を依頼するうえでは、業者のスキルがあるかどうかも重要になります。このスキルの有無を判断する材料となるのが、業者の「実績」です。

実績のある業者というのは、いうまでもなく「多くの現場を経験してきた業者」といえます。作業量だけでスキルを判断しきれるわけではありませんが、経験のある業者のほうが安心して作業を任せられるといえるでしょう。

また、それだけ多くの人に依頼されている証拠にもなるので、業者の信頼性の面においても判断材料になるといえます。

業者の実績は、ホームページなどで簡単に確認できます。もし探しても実績が出てこない場合は、実績を公開している業者に絞って選んでいくのもひとつの方法です。ほとんどの業者のホームページで実績が確認できるはずなので、依頼の際はぜひ確認してみてください。

スタッフに資格があるかどうか

先ほどの「スキル」にも関わる要素ですが、業者スタッフが資格を持っているかどうかも、どこに依頼するかの大きな判断材料となります。トイレのつまり修理は資格がなくともできる作業ではありますが、より幅広い範囲の水回り工事をおこなうためには国が定める資格が必要になります。

依頼先の業者スタッフが「下水道排水設備工事責任技術者」や「水道技術管理者」といった資格を持っていれば、その業者はトイレのつまり以外にも専門的な知識を持っている業者であるといえます。したがって、トラブルを解消するうえでは充分な知識・スキルを持ち合わせていると判断できるでしょう。

資格の有無に関してもホームページで確認できることがほとんどなので、あらかじめ確認しておくとよいかもしれません。

ユーザーからの評価が高いかどうか

実際にその業者を利用したユーザーの声というのは、依頼先を選定するうえで非常に参考になります。ホームページ上には書かれていない、「使わないと分からない情報」が載っていることもあるので、ぜひ確認してみてください。

ただし、口コミなどの評価は、すべて「個人の感想である」ということは忘れないようにしましょう。業者の対応がよい・悪い、料金が高い・安いなど、ものの捉え方は人によって異なります。

そんななか口コミを鵜呑みにして依頼先を決めてしまうと、「思ったよりもよくなかった……」という事態にもなりかねません。そのため、口コミはあくまでもひとつの参考として役立てることをおすすめします。

アフターフォローの内容

トイレのつまりを解消してくれる業者のなかには、「保証期間」や「次回施工費用の割引」など、作業後のサービスを実施しているところもあります。こういったアフターフォローの有無を確認し、サービスが充実したところを選びましょう。

トイレの修理業者が実施しているアフターサービスというのは、義務付けられているものではありません。各業者が作業の質の証明や利用者のことを想って各々設けているものなので、アフターフォローが充実している業者は信頼できるともいえるのです。

ご自身がサービスを受けられるメリットももちろんあるので、業者選定の際はぜひアフターフォローにも注目してみてください。

対応の早さ

トイレがつまったままだと、使用できないことをはじめ、多くのトラブルが発生します。そのため、できれば対応の早い業者に依頼することが望ましいです。

しかし、作業のスピードは実際に依頼しないと分からない部分なので、依頼前に知るのは難しいといえるでしょう。そのため、ここでいう対応の早さとは、作業スピードのことではありません。

問い合わせてから受け答えしてくれるまでの時間、出張依頼をしてから自宅まで駆けつけてくれるまでの時間など、実際に作業をはじめるまでをスムーズにおこなってくれるかどうかに注目してみてください。

対応エリア

トイレの修理業者を調べた時に出てくる業者には、大きく2種類あります。それが、「地域密着型の業者」と「施工スタッフの派遣サービスをおこなっている業者」です。それぞれの概要は、下記の通りです。

・地域密着型
対応エリアが決まっており、そのエリア内に住んでいる人にのみサービスをおこなう業者

・施工スタッフの派遣サービスをおこなっている業者
全国各地のトイレ修理業者と加盟を結んでおり、問い合わせのあった利用者の近くに存在する加盟店を派遣する業者

地域密着型の業者に依頼する場合、お住まいの地域が対応エリア内でなければなりません。もし条件のよい業者を見つけたとしても、ご自宅が対応エリア外の場合は依頼することができないのです。

対応エリアに関しては、業者のホームページから確認することができます。もし分からない場合は、直接問い合わせて聞いてみるのもよいでしょう。「結局依頼できなかった……」ということがないよう、まずは対応エリアについて確認しておくことをおすすめします。

          トイレつまりは業者を呼ぶとどれぐらいで解決する?費用を抑えるには

まとめ

マンションのトイレがつまる原因としては、「タンク内の水不足」と「異物のつまり」が考えられます。もし水に溶けないものが原因でつまりを引き起こしているのであれば、状況が悪化する前に業者を呼ぶようにしましょう。

依頼先を選定する際は、この記事でご紹介した7つのポイントにぜひ注目してみてください。ひとつひとつを確認しておくことで、ご自身の理想に近い業者を見つけることができるはずです。

なお、弊社でもトイレ修理ができる業者をご紹介しています。お電話・メールでご相談いただいた内容をもとに適切な業者を派遣いたしますので、依頼先に迷っている方はお気軽にご相談ください。24時間365日【無料】でお問い合わせをお待ちしています。

(この記事は2020年3月13日に加筆・修正しています)

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
8投票,  平均評価値:3.3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-13 14:10:32
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/25048/
家の修理
マンションのトイレがつまったら、まずは原因の特定をしましょう。トイレが流れない原因として大きく2つが考えられますが、この原因を特定しないことにはDIYで対処可能なのかが判断できません。この記事では、トイレがつまる原因をはじめ、個人でできる対処法を詳しくご紹介します。また、DIYで対処できない場合に備え、「マンションに住んでいる方が業者を呼ぶ際に注意しておきたいこと」も一通りまとめました。「身近にある手軽...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!