生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレットペーパーが流れない!考えられる原因とその解決法3選

更新日:2021-04-30

トイレットペーパーが流れない!考えられる原因とその解決法3選

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

事故・受験失敗・リストラ・病気……人生は数ある苦難の連続ですが、その苦難の中のひとつに、「トイレットペーパーが流れない」があるでしょう。

用を足して、レバーを引いても「ゴボッ、ゴボボッ……」とモノが流れていかないときほど焦ることもなかなかありません。外出先でしたら何食わぬ顔で逃げることもできますが、ご自宅の場合は早く何とかしないと、次にもよおしたときに八方塞がりになってしまいます。

そこで今回は、そんなトイレットペーパーが流れないときにスッキリ解決する方法をお伝えします。

トイレットペーパーが流れない!どこに詰まりやすいのか

トイレットペーパーが流れないときは、トイレのどこかで詰まりを起こしている可能性があります。では、その「どこか」とは具体的にどこのことを指しているのでしょうか。
トイレの詰まりやすい場所は2つあります。

・せき(堰)
便器の奥、排水路の中に「せき」という部分があります。このせきは狭くて急カーブになっていますので、詰まりの第一の関門となっています。

・ 排水口の手前
排水口の手前、便器排水路の出口付近にくぼみがあります。このくぼみには常時水が溜まっていて、詰まりの第二関門となっています。

たいていの詰まりは、この2か所のうちのどちらかで発生するといわれています。

トイレットペーパーが流れないときは異物を流していないか注意

そもそも、トイレは水に溶けやすいもの以外は流してはいけないことになっています。トイレットペーパーが流れないときの詰まりの根本的な問題として、「異物を流していないか」という点があります。

よくトイレに流してしまう異物は、
・生理用品
・子供が持ち込んで落としてしまったおもちゃ
・ボールペン
・携帯電話

などが挙げられます。

トイレに落としてしまって、気が付かずに流してしまうケースもあれば、拾うのが嫌で強引に流してしまうケースもあるようです。どちらにせよ、異物を流すのは詰まりの原因ですので、そもそもトイレには余計な物を持ち込まないようにしたほうがよいでしょう。

      トイレットペーパーが流れないときは異物を流していないか注意

お湯で溶ける!トイレを傷めないお湯の温度と直し方

トイレットペーパーが流れないときのほか、紙類などを流して詰まってしまった際には、お湯を便器に流すという対処法があります。お湯によって、ふやかして柔らかくするという手法です。

この方法を試す場合、重要なのはお湯の温度です。必ず40~60度くらいのぬるま湯を使用しましょう。沸騰した熱湯だと、陶器製の便器の一部が急激に膨張して割れてしまうおそれがあります。

また、詰まりの原因が携帯電話や精密機器、財布やプラスティック製品などの場合、熱湯を流すと変形や破損の原因になる場合もあります。紙類以外の場合はお湯を流しても解決しない場合がほとんどですので、別の方法を試しましょう。

      お湯で溶ける!トイレを傷めないお湯の温度と直し方

どうしてもダメなら【重曹+酢】で溶かす!

お掃除の定番「重層+酢」は、トイレ詰まりでも心強い味方になってくれます。トイレットペーパーが流れないときは試してみましょう。

お酢1/2カップと重曹1/4カップを混ぜて、詰まった便器にお湯を張り、これを流し込みます。ポイントはお湯の温度を50度くらいにして、じっくりと時間をかけて待つことです。これで紙などが溶けて、詰まりが解消されることがあります。

ラバーカップは最後にチャレンジ。意外に知らない正しい使い方

あの手この手を試してもダメだった場合、最終手段としてラバーカップがあります。俗にいう「すっぽん」で、トイレが詰まったときに誰もがまず思い浮かべる道具でしょう。
ですが、ラバーカップの正しい使用法は意外とみなさん知らないものです。ここで確認しましょう。

1.まずは、便器の中の水をできるだけ抜きます。トイレ後ろ側にある止水栓を閉めて、便器への給水をしっかりと止めたら、灯油ポンプなどを使って便器の中の水をできるだけ取り除きましょう。

2.ラバーカップ使用の際に水が飛び散る可能性があるので、新聞紙やビニールシートを敷き詰めて、トイレが水浸しにならないようにしましょう。

3.ラバーカップを便器の排水口にしっかりと密着させます。ゆっくりと押し込んで、勢いよく引っ張るという作業を繰り返して、溜まっていた水が流れていくようにします。

ワイヤーで詰まりを直すのは上級者向け?直らないときは相談を

トイレットペーパーが流れないときにラバーカップを使ってもダメだった場合、ワイヤーを使うという方法があります。

ワイヤーとは、専門業者が使用する「ワイヤーブラシ」と呼ばれる配管用の掃除器具のことです。最近では100円ショップなどでも簡単に購入できますが、使用するには相当な技術が必要です。また、使用した後は汚物の付いたワイヤーを洗わなければならないため、相応の覚悟も必要でしょう。
乱暴に扱えば便器の奥を傷付けることもありますので、素直に専門業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。トイレットペーパーが流れないときにも、さまざまな対処法があることがおわかりいただけたでしょうか。

トイレが詰まった場合、何よりもまずは慌てないことが大切です。冷静にひとつひとつ対処をしていき、どうしても駄目だった場合はまず近くのコンビニなどで用を足して、業者に連絡しましょう。
業者をお探しの際は、当サイトをご利用いただきますと非常に便利です。

水漏れ修理・トイレつまり工事の依頼をできる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 3,300円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
6投票,  平均評価値:3.7

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!